コロンビアコーヒー日和

ブログの説明を入力します。


テーマ:

Hola ビックリマーク

 

FNCコロンビアコーヒー生産者連合会とコーヒー研究センターCenicafe(セニカフェ)は、コロンビアのいくつかの地域での、コーヒーの害虫や病気対策のための農薬散布用ドローンの使用を評価しています。

 

この技術の評価は、コーヒー生産のコスト削減とコーヒー生産者の収益性を高めるためのFNCの取り組みの一環です。

 

 

研究の中間結果では、散布された製品が木の異なる層まで届き、ブロッカーをコントロールする殺虫剤の効果が見られました。今回に使用した噴霧システムの液体タンクの容量は10Lで、飛行時間14分で6,400㎡の散布が可能です。

 

この技術の実施に伴い、噴霧に必要な労力を削減し、使われる水の量を減らし、また、農薬の合理的な利用の可能を目的としております。

 

コーヒーが植えられた山々の急斜面や障害物の多い地域での使用、また、害虫や病害の管理に役立つため、コーヒー栽培地域でのドローンの使用を明確にするまで、Cenicafeは研究を続けます。

 

Adios バンザイ左手

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コロンビアコーヒー生産者連合会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります