さて8週経つ

テーマ:
手術からおよそ8週間経過した。
退院して6週間になる。

退院するなり仕事が忙しく,痛み止めを使いながら何とか仕事をこなし
帰るなりバタンキュだった。忙しいほうが痛みを感じる暇が無く
却って楽なのかもしれない。

退院後はじめての胸部外科の診察のとき,病理診断の結果を知らされた。
摘出した組織は大腸がんの肺転移と見て良いということ。
左肺から摘出した組織は,術前のCTでは10mm前後と見られたが
実際は16mmあった。が,摘出した組織の外縁部にがん細胞は見られないとのこと。

その後,内科の診察を受け今後の治療の方針を決めた。
「化学療法は行うが,注射薬は使いたくない」これが自分の希望。
なので内服。Xelodaを選択した。
ここで今,手加減したことで今後どうなるかは分からないが
半年間に3度入院し,2度手術し,そして今も副作用で動きが取れないとなれば
社会的立場が危うくなる。失職するようなことになれば大事件だ。

CapeOXは良く効いた。内科の先生は,今回もエルプラットを使いたかったようだ。
でも,白金製剤はせいぜい40コースまでしか使えない。
こっちとしては,選択肢として残しておきたい気持ちだってあるのさ。