週刊読書人・恩師と対談「少女たちの身にいま、何がおこっているのか」 | 女子高生サポートセンターColabo代表仁藤夢乃の『コラボトーク』
2014-12-10 14:47:23

週刊読書人・恩師と対談「少女たちの身にいま、何がおこっているのか」

テーマ:メディア掲載
遅くなってしまいましたが、『週刊読書人』10月31日号で、恩師と対談させていただきました!ブログ書いていたのに、アップしそびれていた;_;
{402CCB1F-E73D-4DB1-B2FE-BB01DFBCE25D:01}
石原先生と対談できるなんて、感激!大学2年時の出会いから振り返り、「女子高生の裏社会」について先生の感想もいただき、意見を交わしました。 

JK産業に取り込まれていく女子高生の問題、拙著の副題にもある「関係性の貧困」だけでは語れない「男子のセクシャリティーの劣化」についても指摘してくださいました。
{FAFFE308-1EF2-4B86-B578-FEE6C933B04C:01}
{77B8EFE6-2CEF-41B1-ADA0-008735A17669:01}
読みごたえありますよ。観てね。
{7E33AA36-9907-44C5-9127-B749D5701341:01}

----------------------------------------------

※Colaboでは、孤立し困窮状態にある少女を支える活動を行っています。

サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。

①サポーター会員募集http://goo.gl/oFEPyb

②物品寄付:

●物品(未開封のもの):

・使い捨てカイロ

夜間巡回時に出会う少女や、冬服を買えず薄着で寒さをしのいでいる少女に

・生理用品

困窮した生活のため、生理用品が買えない少女に。

・ハンドクリーム、ボディローション、入浴剤、石鹸・シャンプー類

シャワーに週に数回しか入れない少女もいます。

日々の生活の中で、少しでもリラックスした時間を持てるよう贈っています。

●食品:

 ・ペットボトルの飲み物、ヴィダーインゼリー、カロリーメイト、レトルト等長期保存ができるもの

困窮した少女に贈ります。カレーのルーや、鍋の素等は、自炊をするきっかけにもなります。

・お米、野菜、果物等、農産物

少女たちへの食事提供・食卓を囲む支援、誕生日会等で食材として使用させていただきます。

●テレフォンカード

夜間巡回時、出会う少女に緊急連絡用に渡しています。

ある程度残金の残っているものをお願いいたします。


③難民高校生を送ろうプロジェクトへのご支援
http://goo.gl/WxzQJy

1口2000円で、「難民高校生」を1冊少女に贈ることが出来ます。 詳しくはこちら


賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。

他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、々な形でご支援いただけたら幸いです。


----------------------------------------------
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
----------------------------------------------
女子高校生サポートセンターColabo
----------------------------------------------
■活動が取り上げられました!
<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇
<ハートネットTV>JK・可能性を信じる

■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)

女子高生の裏社会

女子高生サポートセンターColabo代表・仁藤夢乃さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス