再び八幡へ

テーマ:

今日、又八幡へ行きました。


旧居の近所のおばあちゃんが亡くなり、


その葬儀に参列のために行ったのです。


私が28日から帰省している中日に訃報が入りましたが、


喪服は小倉に置いているし、30日は是非とも帰らねばならず、


本日改めて出かけました。


葬儀場に着くと、ほとんど旧居の町内の人ばかりで、


顔見知りや懇意にしていた人ばかりで、


まるで同窓会かOB会に参加したような気分でした。


同じ町内で踊り時代の友人が来ており、


久しぶりに痛烈な会話の応酬。


「あらっ!生きとったんね。


音信がないので死んだかと思ってた」と私が言えば、


「そっちこそ、音信なしで、生きとったん?」


私「お生憎様、この通りピンピンしてるよ」(大笑)


友人Mさんが「俳句に行くと言ってたけど、行ってる?


どう?」と言うので、


「行ってるよ。とても穏やかな雰囲気よ」と言うと、


もう一人の友人Kさんが「それは貴女には似合わないわ」


と言うので「アンタもきついこと言うね。


ダウントンアビーの伯爵のおばあ様みたいだわ」と私が言うと、


Kさんは見ていないと言う。


「話にならんわ。テレビ見てごらん」 「はい、見ます」で又大笑い。


う~ん、やっぱり古巣はいいなあ!


あっちで挨拶、こっちで挨拶、おしゃべり・・・


まるで弔問外交です。



葬儀が終わって、友人Nさんの家へ弁当買って寄る。


Nさん3月ぐらいから体調が思わしくない。


Nさん宅で昼食して、1時半から3時までNさんと


枕並べてお昼寝。午後4時にNさん宅を出て、


デパートで買い物して帰宅したのは6時。


ピピが飛びついてきました。


この4日間疲れました(ノ_・。)

AD