あさちゃんのブログ
  • 16Jul
    • ありがとうの画像

      ありがとう

      実家で一人暮らしをしている80歳過ぎたじいちゃん(父親)。そんな一人暮らしの生活の寂しさをうめてくれて癒しもくれていた愛犬のクロ。私が18年前結婚したと同時に、一人暮らしになってしまったじいちゃんはすぐに犬を飼い始めました。ずいぶんと心の支えになってくれていた愛犬達。3代目のクロは、じいちゃんが自分で散歩に連れて行ってあげれなくなり、近所に住む子供達が入れ替わり散歩をしてくれていました。ここ最近は、「もしも俺が先に死んだらクロ頼むな。」と何度も言うようになりました。そんなクロが先週、老衰の為天国へ逝ってしまいました。じいちゃんの心の支えになってくれていたクロ、長い間ありがとう。(写真は去年退院をしてきたばかりのじいちゃんを出迎えてくれた愛おしいクロ)

  • 04May
    • おかあさん いつもありがとうの画像

      おかあさん いつもありがとう

      今週の日曜日 5月10日は、母の日ですね。インターネット販売を始めてからもう13年。毎年、母の日、父の日には必ずご連絡をくださり、長いお付き合いをさせていただいているお客様の存在はとても励みになっています。こちらのお客様とももう長いお付き合い。本当にありがとうございます!母の日、父の日のご依頼は、お子さんの写真入りラベルを作らせてもらうことが多いので、お会いしたこともないお客様のお顔を、送られてくるデータのお子さんの写真から想像したり、勝手に年賀状を送ってもらったかのように成長を楽しませてもらっています。おじいちゃん、おばあちゃんのご住所宛に直接当店から送らせていただくことが多いので、今年は特に、春休み、ゴールデンウィークにも、お子さんを連れて会いに行けなくて、おじいちゃんおばあちゃん寂しいだろうなあと、複雑な気持ちになったりしています。我が家のじいじばあばのところにも、実家の爺ちゃんのところにも、県外に住む甥、姪が必ず春休みにもゴールデンウィークにも会いにきてくれていましたが、今年は自粛。コロナが収束して、普通の生活が早くできることをただただ祈ります。当店は5月6日だけお休みをいただきますが、母の日10日までの到着のご依頼(5日の夕方までにホームページからご入力いただければ)まだ間に合いますので、なかなか会いに行けないおばあちゃんへ母の日にお子さんの写真入りのお酒、ジュースを宅配でプレゼントしてみてはいかがでしょうか?コロナで大変な状況が続く中、くよくよ、うじうじ、イライラと1日を過ごすよりも、ワクワク、ドキドキ、ニコニコ過ごす方が免疫力は上がるはず!なんて、そう、自分自身にも言い聞かせて楽しみを見つけています。全国の皆さん!たくさん我慢が続く毎日ですが、一緒にがんばろー!!

  • 18Mar
    • 酒楽の画像

      酒楽

      店內に設置されている天井につきそうな大きなサーマルタンクには日本酒の生原酒が入っています。嫁入り道具かのように、私が興津家に嫁いだ時と同時にお店に設置し販売スタートしたので、もう18年になります。まだ結婚する前でしたが、長野県の酒蔵「信州銘醸」さんに2人でお邪魔させてもらい、タンクのお酒を選ばせてもらい「酒楽」という名前をつけました。火入れをしていない純米吟醸生原酒が、常にマイナスの一定温度で貯蔵されているので、新酒がタンクに詰められてから時間が経っても美味しい、逆に貯蔵時間が経った方がまろやかで好みだというお客さんも沢山いらっしゃいます。初めてお越しくださった方が「お店の前を通るたびにこのタンクが何なのか気になっていた。」とおっしゃる事も多い中、長年通ってくださっているのに「え?この中に日本酒が入ってたの!?いつから?」と驚かれるお客様の沢山いらっしゃいます。こんな大きなタンクがお店の中にあって、量り売りと書いてあるし、もう長い間販売してるから皆さんに知られていると夫婦で勝手に思い込んでいました。せっかくいいお酒が置いてあるのに、アピールが足りないとお客様からダメ出しされる事が多々あります笑。このタンクのお酒のように、有名銘柄でなくても美味しいお酒がたくさんあることを皆さんに知ってもらいたいと店内で夕方から立ち飲みを始めました。タンクの存在に気がつかなかったお客様や、有名な銘柄でないと購入されなかったお客様にも、このお酒を飲んでいただける機会が増え、味も評価され、なんだか自分達の子供を誉めていただいているかのような感覚でとても嬉しくなります。先日、タンクのお酒の残量が少なくなってきていたので、頻繁にタンクのお酒「酒楽」を購入してくれるお客様に瓶詰めをしながら「もうそろそろ空になりそうです。近々また新酒が入荷しますよ。」と話をすると、「新酒もいいけど今のこの味がかなり気に入ってるから残念だなあ。今まで飲んだ日本酒の中で1位と言っていいほど美味しいと思ってたから、買い占めておきたいくらいだ。」とまでおっしゃっていただきました。昨日、長野県からタンクごと冷蔵輸送され、店内のタンクにお酒が詰められました。「17日入荷予定」と告知をしていたので、早速、楽しみにお待ちくださっていたお客様が数名お越しくださいました。その中に「残っているお酒ぜんぶ買い占めたい」とまでおっしゃってくださったお客様もお越しくださいました。ぶわーっと香り高く、新酒の出来立てのぴちぴち感がひと口でわかります。このブログでも何度か紹介している気もしますが、あえてもう一度ご存じない方が読んでくれるかもしれないので「酒蔵にいかないと飲めないタンクの生原酒」の事を紹介させていただきました。手書きのオリジナルラベルの日本酒の中から「純米吟醸」をお選びいただいた時はこのタンクから瓶詰めしてラベルを貼らせていただいています。瓶詰め後はお早めにお召し上がりいただく事をおすすめしているので、「メッセージが書かれたラベルのお酒嬉しくてもったいなくて1年開栓しないで飾っておいた。」というお話も聞きします。お気持ちわかりますが、もしプレゼントされた方は、美味しいうちにお早めにお召し上がりくださいね。中にはプレゼントされた方から、「中身のお酒だけ買えますか?」とお問い合わせいただく事も多々あります。お酒を造っているわけではないけれど、すごく嬉しいお問い合わせです。プレゼントした方も、もらった方も、中身のお酒も美味しければさらに嬉しいですもんね。と、いうことで、「酒楽」がタンクに満タン入荷しましたので、皆様どうぞよろしくお願いします。地酒蔵おきつ  https://okitsuya.com/index.phphttps://okitsuya.com/index.php?dispatch=tags.view&tag=純米吟醸

  • 20Feb
    • 草むしりの画像

      草むしり

      昨日の夕方、「病院連れてってくれー!!」と実家の父からSOSの電話がまたまたかかってきました。「お腹が痛くて我慢できない、たぶん盲腸だと思う…。」の言葉から会話が成り立たなくなり、お店の仕事、夕飯の準備等、全て途中のまま、配達中の旦那に連絡をした後、お店をばあばに頼み、すぐに駆けつけました。車で10分かかるかどうかの距離に一人暮らしをしている父。あの叫び方から倒れ込んでいると思いきや、玄関先で草むしりをしていました。「あれ?大丈夫なの?」声をかけた途端、「痛くて痛くてじっとしていられないからお前が来るまで動いて気を紛らわせていたんだ。はやく!はやく!びょういんつれてくれー!!」また叫び出した笑。と今、笑いにできる結果だったのでよかったのですが、一人暮らしだと不安な気持ちから体調もどんどん悪くなってくこともあるでしょう。父に対しては、私の器がどんどん大きくなり寛大な対応ができるようになりました。20年前、私が20代の時に母親を亡くした時、何も親孝行ができなかった事を今でも悔いているので、代わりに父には少しは親孝行しようと思っています。独身時代、なかなかマイペースな性格の父と二人きりの生活を数年した時、ぶつかる事も多く、もしお婿さんに来てもらっても、旦那さんになる人にきっとすごく窮屈な思いをさせるだろうと思うようになりました。結婚を決めた旦那さんとは、家が近所だったことも幸いして、結局義父母同居の長男の家に嫁ぐことになったわけです。そういえば、結婚前に旦那の父母が初めて父の所に挨拶に来てくれた時も、時間になっても家の中に入らず、やっぱり家の周りの草むしりをしてた事を、昨日思い出しました。あの時も、じっとしていられなかったんだ笑。父からsosの電話で病院に連れて行く→そのまま入院というパターンを以前から何度か経験してるので、昨日もそのまま入院しても大丈夫だろうと、思いついたものをバックに詰めて病院に行きました。検査の結果、盲腸ではなく、べん○だったので入院にはならず。結果笑えましたが、またまた、はらはらした昨日の出来事でした。父1人にして不便な思いをさせてるいるからと、義父母もいつも父の事を気にかけてくれます。本当にありがたいかぎりです。あ、「不便」だなんて、そんなおちの言葉をさらっと使った自分に座布団をあげたい笑。

  • 05Feb
    • 今年もよろしくお願いします

      久しぶりの更新です。このブログで、「新年あけましておめでとうございます」の挨拶もせず、年が明けてから1ヶ月以上が過ぎていました。びっくり!!今までどんなに忙しくても、1日の終わりにゆっくりブログを書く、または書き途中の記事を次の日にアップする、という習慣が、夕方から店内で立ち飲みを始めたこともあり、生活が変わりました。片付けが終わると、お風呂に入る前に力尽きて、椅子に座ったまま夫婦で寝てしまう日々も続いていました。立ち飲みに来てくださるお客様との時間を楽しんでいますので、あまり大変だという感じはしませんが、身体は正直です。義務感でわざわざネタを探して更新するよりは、あまり深く考えず書きたいことを書いているので、1日何回も更新する時もあれば、数ヶ月放置になってしまうこともありますが、「楽しみにしています。」なんてメールをくださるほんの数人の皆様、今後共どうぞよろしお願いします。ちなみに、店内の様子のInstagramはそれなりにアップしてます。

  • 21Dec
    • 乙女の切実な願いの画像

      乙女の切実な願い

      長女は高校生、次女は中学生になった為、毎年恒例だったクリスマスプレゼントのリクエストが書かれたサンタクロースへの手紙が、屋上に貼られることがなくなりました…。と、思いきや、昨夜寝室に行くと、貼られていました(笑)。「ニキビ予防の洗顔クリーム⁉️」乙女の切実なお願いでした。笑サンタクロースの身体を労う言葉と、感謝の気持ち、大好きです!とまで愛の言葉まで書かれている…。あれ?ちょっと待って…私達夫婦が誕生日の日にもらう手紙と同じだ。同じ人間が書いているので、書き方が似てしまうとしても、これが本当に純粋な気持ちで書いたのか、腹黒作戦なのか、サンタクロースさん見極めてください(笑)。

  • 22Nov
    • ともぞうの画像

      ともぞう

      長女が今年入学した高校で、先日マラソン大会がありました。この高校に入学したばかりの頃、保護者会で子供の様子を一言づつ話しました。「家の子は、ここの高校でサッカーがやりたくて、野球がやりたくて、バレーがやりたくて…この部活に入りたくて…この学校を受験しました。」と自己紹介をされる方が多かった印象があります。娘の入部した部活動も全国制覇を目指し、練習も規則も厳しい中、毎日よく頑張っているなあと我が子ながら感心しています。体育祭、マラソン大会など学校行事があると、全校生徒が集合する1時間以上前に行き、娘の部活の子達が支度をするのが恒例行事となっているようです。支度準備だけではなく、ちゃんと結果も求められます。全員上位になるのは当たり前という雰囲気の中、今まではそのプレッシャーに押しつぶされてしまう感じだった娘も、「〇〇ちゃん(部活も同じ1年生の子)は私よりかなり早いだろから、離されないようについてくようにするよ!」とポディティブ発言しかせず、朝出かけて行きました。先日のスポーツテストでは、総合得点2位(1位は同じ部活の子)でした。私には未知の世界。同じ高校を卒業しましたが、スポーツテストをやったかどうかの記憶もないくらい(笑)。旦那さんも同じ高校を卒業しているので、高校の時のスポーツテストの結果を覚えてるか聞いてみると、「覚えてるよ、満点だった。順位がでたかはまでは覚えてないけど、なんか賞状もらってきた気がする。学年で満点は俺ともう一人いたよ。」とさらっと答えました。私は頭のいい人よりも、スポーツができる人が好きなので、旦那さんを改めて尊敬しました笑。そして、そんな息子を産んだ旦那さんの母、ばあば。ばあばも学生時代は足の速さ、腕力などスポーツ部門でなにかと学年で1位をとってきていたそうです。有名な大学の名前とかは知らないし、興味もないようですが、いつもスポーツ番組は、どの競技も楽しそうに大声を出しながら応援しています。話がそれ続けましたが、娘のマラソン大会の話に戻ります。結果、マラソン大会も女子で2位(同じ部活のスポーツテスト1位をとったことは別の子)。賞状とトロフィーを持って帰ってきました。大はしゃぎの私に対して、旦那さんは、校内のマラソン大会でトロフィーもらえちゃうの!?と笑っていましたが、ばあばにそのトロフィーを見せると、速攻で仏壇に飾っていました笑。DNA引き継がれてるのでご先祖様への報告は大事(笑)。その日の夜、娘の机の上にトロフィーと賞状が仏壇から返却され(笑)、その上に一枚のメモ↓これを見た中学生の次女、「ちびまる子ちゃんのともぞうじいちゃんの俳句みたいだね。じいじばあばもそうしよう だって。可愛いね〜。」まるでちびまる子ちゃんのような口調。俳句ではありませんが笑、生きるパワーを孫からもらったようです。何か嬉しいことがあると、すぐに大げさに周りに自慢げに報告する私に対して、逆のタイプで謙虚で、遠慮がちな長女と旦那さん。どうしてそんなに冷静でいられるのか不思議でならない。私ももう少し落ち着いた大人になろう。そうしよう。ともぞう 心の俳句 笑

  • 02Nov
    • 手紙

      旦那さんの母(ばあば)昨日お誕生日を迎えました。長女と3日違いのお誕生日の為、毎回長女の誕生日の日に、合同バースデーパーリーをさせてもらっています。長女と次女が、ばあばにお誕生日のお祝いの手紙を渡したらしく、今日ばあばが嬉しそうに私に、「昨日孫二人からもらった手紙が、涙がでるすごくいい手紙で元気をもらえたよ。優しくていい子達に育ててくれてるお母さんにお礼が言いたくてね。本当にありがとうね。」と、声を震わせながらお礼を伝えてくれました。そんな優しい手紙を書いてくれる子に育てたのは、ばあばの息子、娘達の父親のDNAだと思いますよ〜、間違いなく。私はもっと計算高い嫁でございます笑。そんな事を思いながらも、褒められた事はしっかり全身で受け止めましたけどね。手紙といえば、旦那さんの高校時代の担任の先生が、娘のことで電話をくれた事は先日のブログにも書きましたが、その時に「お母さんは元気か?」とも聞かれたそうです。30年以上前、旦那さんが高校を卒業する時に、ばあばがお礼の手紙を先生に送ったそうです。先生はその手紙を今でも大事にしていて、「教師をしている時、何度か悩んだり迷ったり苦しい事があったけど、その手紙を何度か読み返して、支えてもらった。」と定年を迎えられた時に、その手紙と菓子折りを持ってばあばに会いにきてくれました。それが確か10年位前だった気がします。まさか、もう何年も前に定年を迎えたその先生と、娘が今年関わるとは思いもしませんでした。手紙ってこんなに人にパワーを与えてくれるんだと思った出来事でした。

  • 28Oct
    • 生まれてきてくれてありがとう

      https://www.instagram.com/s/aGlnaGxpZ2h0OjE3ODYyODE1MDAyNTUzMTM2?igshid=1pfa8vep4ithu&story_media_id=2164656454663973257長女が16歳の誕生日を迎えました。娘は私と主人と同じ高校に入学しましたが、特に体育の授業と部活を頑張っているスポーツ女子です。つい最近、主人に高校時代お世話になった担任の先生から突然電話がかかってきました。「今年の1年生の中に娘さんいるらしいな。興津という名前あまりないから多分そうだろうなあと思ってたら、部活の顧問の先生から話し聞いたぞ。なかなか運動能力高いらしいじゃないか。体育教官室でも有名だぞ。もう俺は定年を迎えたから学校には毎日二時間ほどしかいなくて顔見れてないけど、今度娘さんに顔見せてくれって伝えといてくれ。」それを伝えるためだったのかわざわざお電話をいただきました。旦那さんは、「先生まだ学校にいらっしゃったんですね。娘から持久走で記録を破ったらしき話は聞きましたけど、そんなに大したことないと思いますよ。部活の試合もこの前応援に行きましたけど、まだまだ全然だめですね。」そんな返事をしていました,娘から、もう何十年?破られていなかった持久走のタイムを破って歴代1位になった!と学校から帰ってくるなり嬉しい報告を受けました、でもそれから、同じ部活の子がさらに数秒早かったらしく、娘の記録もまた破られたそうです。娘は「すごいよね、何十年破られなかった記録が次々二人破ったんだから。◯◯は、まだこれからももっと早い記録だしそうだよ。頭もいいし顔も可愛いし性格もいいし。すごいなあ〜!」と悔しいというより、なぜかその子の事を褒めまくり。母は、娘の得意分野が評価された事で喜んでいたので、すごく悔しかったんですけどね。部活の仲間達は運動能力が高い子たちが集まったようですが、娘と似たような平和主義の子が多く、全国大会目指して頑張っているチームだというわりには、人を押しのけて自分が前に出るといったタイプの子は見受けられず、なかなかほんわかした子達ばかりです。誕生日の今日、クラスや同じ部活の子、友達から沢山のプレゼントをもらい嬉しそうに帰ってきました。充実した高校生活をこれからも送ってほしいなあと思います。お誕生日おめでとう。私達のところに生まれてきてくれてありがとう。

  • 26Oct
    • スポーツバーの画像

      スポーツバー

      「あ〜旦那さんこの時間は配達でいないんだ…残念。ウイスキー選んでもらいたかったんだけど…。」 商品説明がまともにできない使えない妻は、立ち飲みメニューの開栓してあるウイスキーの瓶を並べて、香りで選んでいただきました。お車だったので試飲をして頂くことができませんでしたが、香りだけでも、選択肢の基準になってもらえたようでした。お洒落なバーで飲むのもいいですが、おばちゃん女将のいる酒屋で、高額ウイスキーをボトルでお買い上げいただく前に、優しい金額でグラス試飲できるのも魅力だと思います✨今日も皆さま、夕方からの立ち飲みお待ちしております。野球の日本一も決まりほっとひと安心。ワールドカップラグビー2019本日は、イングランドvsニュージーランド17時からありますね。どちらの国もお客様でお知り合いができたので、今日はどちらも応援するとします。お時間のある方、ご近所の皆さま、お酒を片手に一緒にリカーショップおきつでスポーツバーを楽しみましょう♬

  • 23Oct
    • 長いおつきあいの画像

      長いおつきあい

      ご主人様である誠さん、33歳のお誕生日おめでとうございます!10年前、まだお二人がご結婚される前に、彼女さんからご依頼をいただき、オリジナルラベルのお酒を作らせていただきました。あれから10年。今でも毎年必ずご注文を頂きます。お子さんが生まれてからは、作らせていただくお写真にお子さんも登場するようになりました。インターネットからご注文を頂いていますのでお会いしたことは一度もありませんが、不思議と何度かお会いしているような気がしてなりません。ご家族いつまでも仲良く、楽しい日々が続きますように♬#静岡#静岡地酒#日本酒#家族#静岡市清水区#日本酒#プレゼント地酒蔵おきつ http://okitsuya.com/

  • 22Oct
    • ONE TEAMの画像

      ONE TEAM

      ワールドカップラグビーが開催されてからここ1ヶ月、立ち飲みに来てくださるお客様と店内で盛り上がり、とても楽しい時間を過ごすことができました。中学、高校時代ラグビー部だった方は同窓会のように毎回日本戦があると集合してくださり、ユニフォームを着て、試合を観ながら叫んだり歌ったり笑。ちょうどティア1(tier1)と言われている10カ国の中のイギリス、ニュージーランド、スコットランドの方も以前からクラフトビール やウイスキーを飲みに来てくれていましたが、試合日にも都合がついた方は、母国のユニフォームを着て、ビールジョッキを片手に楽しそうに応援されていました。お店で初めて顔を合わせた人達も、ハイタッチをしたり、肩を組んだり、店内がまさに「ONE TEAM」。主人は以前からスポーツはなんでも好きなので、時間があれば数年前からラグビーの試合も観ていましたが、正直私はラグビーの試合をしっかり観戦したのは今回が初めてでした。元ラグビー部の方の解説付きで試合が観れたので、ルールもわかりやすくてとても楽しめました。転んでも転んでもすぐに起き上がり、自分の体よりも数倍大きくてたくましい相手にも怯まず立ち向かう姿、最後まであきらめない姿に感動をもらいました。初の8強進出。歴史の扉を開けた姿には、多くの人が感動し、きっと何かしら自分の過去の経験や人生、生活を重ね合わせたと思います。台風被害に遭われて大変な生活をされている方にもこの明るいニュースは、元気をもらえたのではないかと思います。

  • 06Sep
    • 初恋の彼との再会の画像

      初恋の彼との再会

      今日は10年ぶりに初恋の彼との再会がありました。旦那さんが配達から戻ったばかりの頃、お店の電話がなり、「おきつさ〜ん?今から行くから〜。」と少し馴れ馴れしい口調で、その一言だけ言って電話が切れたと、電話に出た旦那さんが言いました。とにかくなんだか「気持ち悪い電話だった」と。その電話が切れてから、15分位経った頃、「こんにちは〜」と背の高い男性がご来店。「〇〇だよ!〇〇!」ひゃあーーー!!!私の初恋の彼ではなく、旦那さんの初恋の彼でした笑。旦那さんの心の中に常に存在している〇〇さんでした。しかも間違いなく両思い笑。奥にいた旦那さんに「〇〇さんだよ!」と言った時の驚いた顔、初恋の彼に見てほしかったなあ〜。本当に嬉しそうにお店に出て行き、彼の顔を見ると少し照れた表情で、「なんだよーさっきの電話そうだったのか〜、なんか気持ち悪いやつだなあって今話してたんだよ!」と、そんな事を言いながらとにかく嬉しそう笑。彼は上司の方と一緒にご来店いただき、「お酒をどこで買おうか悩んでいらっしゃったのでお連れした」と彼も少し照れたような、嬉しそうな様子で、旦那さんと同じ感じでした。旦那さんは、今でも彼の名前を何かのパスワードに入れるくらい大好きで、だからといって連絡先をお互い知っているのに、連絡を取り合うことがなく、元気でいればそれだけでいいとお互い思っていることも知っていました。久しぶりに再会した両思いの2人の写真が撮りたくて、スマホをこっそり構えてタイミングをみていると、彼から「久しぶりだから2人で写真撮ってもらえないかなあ。」と私に頼んできました。なんだ、私とも気があうじゃないの笑。写真嫌いな旦那さんも彼との写真は嬉しそうに撮らせてくれました。「ちょうど一年位前から、お店で立ち飲みも始めたんだよ。」と彼に旦那さんが話をすると「ブログみてるから知ってるよ。」と。そっか、このブログ読んでくれているんだ…。と言うことなので、旦那さんと両思いの彼にお願いメッセージを送ります。旦那さんは年齢のせいか、少し体調が悪くなりことも出てきましたが、元気でやっています。〇〇さんの近況を、別の高校時代の友人から少し聞いた時も、あいつが元気ならそれだけでいいよと言っていました。もしも少し時間ができた時は、旦那さんに連絡をください。元気ならそれだけでいいと言いながらも、会ってゆっくり話がしたい感じですよ笑。今日はわざわざありがとうございました。今日〇〇さんの顔が見れたことの喜びに、今、1人で乾杯してます笑。そして、皆様、以前にもブログに書きましたが、12年前の40歳の時に〇〇さんが旦那さんのことを書いてくれたブログをもう一度ここで披露させていただきます。この時の高校時代の様子とほぼ変わっていなくて笑ってしまいます。タイトル「野球とやきそばパン」やきそばパン を 見るとあの夏                  ( 高校の頃 清水商業でピッチャーを やってやんした。 )あの 一言を 思い出す。夏の大会予選大接戦 の 9回 。スタンドからの声援も かげろうの中の せみの声の様に聞こえてしまう。。その日 8回までは いつもの強気で いきましたが 最終回ど~も ボールが散って カウントが とれなかった。。。すると 大の親友 キャッチャー 義久が                    ” タイム お願いします。 ”マウンドに ゆっくり と 笑い顔で 寄ってきて                 ” 帰りに やきそばパン おごるぜ 。秋葉神社 で 鼻ほじり ながら 待ってっからよ~ ”                                         と 一言俺の肩を ミットで ぽんっと たたいて 戻っていった。精一杯 の 言葉 。究極に 立たされた時そんな 男で ありたい 。旦那さんの初恋でもあり、心の友〇〇さん、何かあったら旦那さんに焼きそばパンおごってもらって、話をしてみてくださいね。

  • 05Sep
    • パワーダウンからのパワー全開!の画像

      パワーダウンからのパワー全開!

      私の実家の父(じいちゃん)が80歳になったのは数ヶ月前。誕生日を迎えた時は今までの持病プラス骨折をしてしまい、1人でほぼ何もできない状態になってしまい入院をしていました。「このまま退院してもこんな不自由な身体だと家で一人の生活が心配だ」と泣きながら言われ、だからといって嫁いだ娘の家にお世話になるには心苦しいと断られ、退院後は姉、デイサービス、ご近所の方、色々な方にも手を貸してもらいながら、私は毎日家と実家を、日中も夜中も何度も往復しました。80歳になり、身体も気持ちもかなり弱くなってしまった気がします。そんな状態だったので私はお店を留守しがちになり、旦那さんがフォローをしてくれていましたが、私達も順番に体調が悪くなったり、じいちゃんに対しても、自分自身の身体にしても余裕がなくなりネガティブな事しか考えられない日が続きました。介護をされていてもっともっと私なんかよりも大変な方はたくさんいて、甘いのかもしれませんが…。それでも退院して数ヶ月した最近は、毎年友人達が連れて行ってくれるぶどう狩りに、今年も行きたいと言い出したり、気持ちも明るくなりました。今年は難しいだろうなあと思っていましたが、先日「行ってきたぞー!ぶどう取りにこーい!。」と嬉しそうな明るい声でじいちゃんから電話がかかってきました。お世話になった病院の看護師さん達、デイサービスでお世話をしてくれてる方、親戚、友人、色んな方にお礼の気持ちを配りたいんだとたくさんのぶどうが玄関に置いてありました。今年もじいちゃんのルーティンが成立することができました。誘ってくれたじいちゃんのお友達の皆さん、本当にありがとうございます。旦那さんの父(じいじ)は去年、母(ばあば)も来月80歳になります。今までのように元気一杯の3人ではなくなってしまいましたが、孫達が頑張っている話を聞くと元気がもらえると言ってくれます。私も体調が悪くなった時に確かに子供達の嬉しい出来事が励みになりました。目に見える病気だけではなく、精神的に苦しんでる家族を支えている方も沢山いらっしゃる事も、お店でお客さんからお聞きする事もあります。大丈夫、できることをひとつづつゆっくりやっていこう、ぼちぼち、の言葉にこんなに安心するんだと、自分が弱っている時実感しました。頑張れ!の言葉が時には人を苦しめてしまうというけれど、それも今回身にしみてわかりました。毎年このぶどうをじいちゃんから受け取る時に、自分達の家族の事だけではなく、命の尊さを感じる出来事があります。じいちゃんからぶどうを受け取る2週間感くらい前にも旦那さんの高校時代の野球部の先輩がわざわざぶどうや桃を持ってきてくれました。「娘達にやってくれ、お前とかお母ちゃんにあげるわけじゃないからな!」そんな毒を吐きながらも毎年山梨県に行った帰りに沢山の果物を持って寄ってくれます。私はこの先輩からもいつも元気をもらいます笑。さぁ!私の大好きな秋が近づいてきました。簡単に弱ったままではいないのが私の長所みたいなので、パワー全開でいきますよ!敬老の日が近づいています。オリジナル手書きラベルのご依頼、お店での立ち飲み、沢山の皆様からのご連絡お待ちしております。

  • 27Aug
    • 夏休みの思い出の画像

      夏休みの思い出

      娘二人の夏休みが終わり、昨日から二人共新学期がスタートしました。高校生、中学生になり、元々本当に私が生んだ子なのかと疑うくらいよく気がきくできた娘二人(笑)ですが、夕方からお店で立ち飲みを始めてから、さらにそう思うことが増えました。長女は夏休みもほぼ毎日、朝早くから部活を頑張っていました。鍵当番などで微妙に変わる朝の出発時間を、丁寧に毎日ホワイトボードに書いてくれてありました。変更があるとLINEがはいります。毎回親の身体をさりげなく気遣う言葉も添えて。やっとできたオフの日には、姉妹で東京へ。格安の1日JR乗り放題の乗車券青春18切符を使って1日楽しんできました。私も学生時代は、よくこの18切符を使って旅行をしていましたが、方向音痴の娘二人だけで電車の乗り継ぎをするのが初なので、心配でたまりませんでした。そんな心配性の私を気遣い、ポイントポイントで「ちゃんと着いたよ。」と連絡をしてくる長女。姉妹で夏休みに1番楽しみにしていたのは、名古屋の三代目jsoulbrothersのライブ。「神様は絶対いるはず。」と日頃の行いをよくして、午前中で部活が終わることを祈っていたようです笑。その日は、1分でも早く静岡を出発したいという娘の願いを1年生みんなが知っててくれて、片付けをダッシュでしてくれたそうで、今までで一番早い時間に帰ってきました。部活のみんな、神様ありがとう笑。娘二人を車から降ろし、ライブが終わるまで以前から行きたかった場所へ旦那さんと行ってきました。でも、あまりにも時間がたりなかった…。旦那さん連日寝不足の中、長い時間運転お疲れ様でした。今年のお盆の期間も、娘達も部活の休みがないだろうということと、立ち飲みを始めた事で、帰省をしている方や、旅行中の方など、昼間もどなたかが飲みに来てくれるかなあという事で休まず営業しました。店内にテレビを設置した事もあり、甲子園の感動的な試合を仕事をしながら見る事もできましたし、涼しい店内で、楽しくおしゃべりもできて、まさに天職だと思いました。ご来店くださった皆様、楽しい時間をありがとうございました。高校を卒業する時に、「あなたは普通の会社の事務員だと退屈しちゃうでしょう。事務員希望なら人の出入りがある企業を選んだら?」というよみ、当たってましたね笑。昨日の夜は珍しく、遅くまで娘二人が勉強を頑張っていたので(今日明日で行われる課題テストの勉強を慌ててやっていたようです)、娘達が頑張っていたので付き合うつもりでパソンコを広げたら、そのまま速攻で私は寝ていたようです。「お母さん!お母さん!お父さんが下にいるうちにお風呂はいってきたら?。」親子逆転の法則がよく成り立ってます笑。しかも「お父さんが下にいるうちに」というのは、私46歳にして、いまだにかなりの怖がりでして、誰もいない一階でお風呂に入るのが怖いんです。それもよく理解している娘達。この点は間違いなく我が子だと思うほど、娘二人もかなりの怖がりです。仕事をしている私にこんなメールをしてきた次女。まとまりのない内容を長文書きましたが、このブログをお読みになられた方へお願いです。我が子の素晴らしさをどこかで感じてくださったのなら笑、長女が2年後に高校を卒業する時に進学の道を選ばず就職を希望するようであれば、我慢強くなかなか良い仕事ができる人間だと親バカな私は確信しておりますので、ご一報お待ちしております笑。次女も優しくてよく気がきく子です。会社でバリバリ働くイメージはできませんが、お嫁さんにしたら癒されると思いますので、癒されたい方はぜひ候補として覚えておいてください笑。そして、三代目jsoulbrothersの皆様!静岡に来る機会があれば、リカーショップおきつにお寄りいただけますと運気がさらに上がると思いますので、ぜひぜひお越しくださいね。願えば叶う!言葉にすることも重要!神様はいるぞ!笑

  • 23Aug
    • みんな頑張ってるの画像

      みんな頑張ってる

      連日甲子園で熱い試合を繰り広げていた高校野球が昨日で終わってしまい、夏が終わってしまったという喪失感を感じています。先週お店にテレビを設置したせいで、仕事がはかどりませんでした…笑。体力には自信がある高1長女、それでもほぼ休みのない状態で、毎日かなりの運動量にヘロヘロになっています。弱音も吐かず頑張ってはいますが、毎日傷だらけで帰ってきます。競技的に怪我はつきものだと認識してはいるものの、あざ、引っかき傷、膝の擦り傷も半端ない。足の裏の皮が剥がれるのも何回めだろう。高校時代きつい野球の練習を耐えてきた旦那さんも、「しょうがないな、足の裏はめくれながら厚くなってくのを待つしかないかな。」と父親らしい言葉を吐きつつ、すぐに氷嚢と絆創膏を買ってきてくれてました笑。長女に期待をかけてくれて、このシューズをプレゼントしてくれた方の気持ちに報いるためにも頑張っています。長女が自らは絶対選ばない色「赤」のシューズをプレゼントされた時には、これ履いたらかなり目立つんじゃないか、先輩達を嫌な気持ちにさせないか、かなり気にしてましたが笑。今朝、練習試合の為に少し離れた会場に長女を送った帰り、突然の雨。野球のユニフォームを着た小学生か中学生の男子達が、自転車で雨に濡れながら走っていました。目の前を横断し始めたので、しばらく止まっていると、野球少年達が、一人一人みんな頭を下げ、数人は「ありがとうございます!」と大きな声でお礼を言いながら行きました。おばちゃん感動(涙)。数年後はあの子甲子園出場きっとするぞ!なんて思った気分のいい1日の始まりでした笑。

  • 17Jul
    • 一年生の画像

      一年生

      一昨日の三連休の出来事です。長女高1、次女中1、娘二人とも1年生でありながら、かなり力不足ではありますが、先輩達のチームに参加させてもらいそれぞれ奮闘していました。見ているだけの私が、バシバシプレッシャーを感じていることが伝わり、身がもたない…笑中体連三年生が負けたら引退となってしまう次女のバレーの試合は、仕事で応援に行けませんでしたが、自分の子供は関係していないのに、高校時代バレー部出身の友人達(私はバレー部ではありませんでしたが今でも仲良くしている友人は元バレー部ばかり)が応援に行ってくれて、実況中継をしてもらい、試合後は先輩方の父兄からビデオ、写真を見せてもらいました。高校の長女の様子は仕事が休みだった日に、父兄で応援用のメガホン作りの為に集合したので、その帰りに、練習試合をしていた体育館をのぞいてきました。先輩方のお母さんには、ご迷惑おかけしています、娘本人が自分の力不足を感じていると思いますから、努力してもっと活躍できるようこれからもっと練習すると思います、というような発言をしましたが、この気持ちがあるのも半分、そして、半分の正直な気持ちは、「いいぞー!すごいがんばってるじゃん!!このまま努力続けたらきっとすぐ上手くなるはず!二人とも天才だ!今晩はご馳走にするぞー!なんでも買っちゃうよー!」とゆるさ満載な親バカだから、なにかと惜しいところまでいくのに、もう少しのところで残念な結果で終わってしまうのかなあ…笑。娘達の好きなものばかりを準備をしていた夜、お客さんから飲みに誘ってもらっていたので、子供達も一緒に行かないかと誘ってみましたが疲れ切っていたからか、目の前の好きなものが準備されているのを見たからか(多分誘っても行かないであろうと置いていく私の罪悪感を軽くする腹黒作戦)、「私たちは出かけたくないし、お父さんとお母さんだけで、たまには出かけてきなよ。」と(予想通り笑)いうので、夫婦だけで久し振りに出かけてきました。先にお店に着いてしまったので、娘達のここ数日の部活の動画をみながら先に乾杯させてもらっていました。外食をしたことで、私達のお店にちょい飲みをに来てくれて、乾杯したり、息抜きしたりするお客さんの気持ちがわかりました。私達夫婦も立ち飲み1年生。娘達と同じ1年生。まだまだこれから、楽しみながら成長してきます!乞うご期待!

  • 11Jun
    • お誕生日おめでとうの画像

      お誕生日おめでとう

      山ちゃんが好きなわけではありませんが笑うまく描けずに何枚か描きました笑お客様からのご依頼ではありません。記者会見の時の言葉がいくつか印象に残ったのと、昨日は次女の誕生日だったからです。次女が中学生になり初めての定期テストが返却され…、親の私が言うのもなんなんですが💦、真面目な性格で、努力をそこそこしているのに報われないことが多く、そんな次女の事が、なんだかかわいそうになったり、もやもやしたり…。おかげさまで父の日のご依頼をたくさん頂いている中、少し気分転換と次女へのメッセージのつもりで、失敗したラベルの裏側に描いてみました。「真面目に頑張っていればステキなゴールがある」手書きのメッセージ、簡単なイラストはお受けしていますが、似顔絵などはこんな程度ですので😅、お受けする自信がありませんのでお断りしていますがご了承ください。蒼井ちゃんあんなに可愛いのにこんなになってしまいごめんなさい🙏眉毛とか目とかわからなくなってしまっていますし…。

  • 29May
    • オッケー!おっけー!の画像

      オッケー!おっけー!

      夕方からお店で立ち飲みを始めて一年が経とうとしていますが、先日からは欧米の方も連日お越しいただくようになりました。「生ビールを飲ませてくれるのは何時からですか?」らしき質問から始まり、「職場のみんなに話をしてもいいですか?お休みはいつですか?以前はどこの国の人が来たことがありますか?」らしき質問をされ、英語が苦手な私たち夫婦はあたふたしながら、身振り手振りオーバーリアクションで、思いついた単語を繋げてお答えしました。純粋、正直さが長所(だと妻の私は思っています)の旦那さんは、一生懸命話しの内容を理解しようと、こんな顔(写真添付しましたが全て公開できないのがもどかしい笑)になっていました。注)この顔は、話をしているのではなく、話を聞いている時の顔です。口ぽかーん笑そんな旦那さんの焦りまくりの様子を見ながら、私はスマホのアプリで日本語を英語に変換して、スマホの画面を見てもらう作業を続けました。私は基本、「オッケーオッケー!ウェルカム!プリーズ!」の単語を連呼していた気がします笑。そのうち、「お写真撮らせてもらってもいいですか?インスタグラムにお写真公開してもいいですか?」の質問はさらっと言えるようになりました笑タップマルシェのクラフトビール4種類の味は、1.2週間で変えています。味の説明を英語で伝えるのも難しい旦那さんは、早速メニュー表を英語バージョンも作りました。お店での立ち飲みタイムは17時からとさせていただいていますが、こちらの皆様のお仕事は24時間体制で交代制らしく、お仕事が終わるのが12時ということもあるそうなので、エニタイムオーケー!と笑顔でお伝えしておきました。いつもお越しくださるお客様が店内に入り、「おきつさんちがグローバル化している!」と驚いて行かれます。そんな感じで連日夫婦であたふたしている時に、昔数年間留学をしていたと話を伺っていた業者さんが顔を出してくれてたので、「ちょうどいい所に来てくれた!ちょっとあのお客様の話を通訳してもらえる?」とお願いしました。こちらがお聞きしたかった事も聞くことができたし、お客様が私達に聞きたくても我慢していたのかなあと思われる質問にもお答えすることができて、お互いスッキリした感じでした。本当に素晴らしいタイミングに来てくれて、通訳してもらえて助かりました。もう神様に見えましたね。ありがとうございました。それから数日後の昨日、実家の父(じいちゃん)を定期検診に連れて行きました。中の待合室で診察中のじいちゃんが出てくるのを待っていると、「さんきゅ〜う!さんきゅ〜!!オッケー!!」とお医者さんや看護師さんにお礼を言いながらじいちゃんがゆっくり出てきました。声は姿が見える前から、廊下中、いやもう病院中に響き渡っていました。病院には日本人しかいませんでしたけどね笑。まさにここ連日の私の対応と同じ…血は争えない…。

  • 21May
    • 世界ウルルン滞在記を思い出すの画像

      世界ウルルン滞在記を思い出す

      保育園に通う頃から知っている近所に住む中学生男子とお父さんがご来店。「息子がこの前職場体験をさせてもらったのでその職場の方が知り合いでもあるので、御礼にお酒を持って挨拶に行ってこようと思いまして。」とお父さんから息子さんの話を聞きながら、ラベルの文字を書かせていただきましたが、「せっかくだから、何か一言でも、名前だけでも何か書いたら?」と息子さんに筆を持ってもらいました。お父さんから「その職場の方に本当によくしてもらったらしく、体験が終わった終日に挨拶をしながらこいつ泣いちゃったんだって。あの番組の世界ウルルン滞在記みたいだよなあ。」なんてお話を聞いていると、筆を持ちながら、また涙を拭っている息子さん。なんて可愛い純粋な中学生なんだときゅんきゅんしちゃいました。きっと、お世話になった職場の方にちゃんと思いが通じて、喜んでもらえたんじゃないかなと思います。