UP'Sコーヒーブログ

UP'Sコーヒーブログ

販売中のコーヒー/新着コーヒーなどの事や
西陣千本店を運営して思いついた事など書いて行きます。

信州の栗の木で作ったドリップスタンドと有田焼のドリッパーがショーウィンドーに並びました。

 

ドリップスタンドは以前からのお客様&ネットサーバーでお世話になっているメディアウォーズさんが

 

信州「野田平(のたのひら)キャンプ場」の管理運営もされていて野田平の木でドリッパーを作りキャンプ場で販売されている商品を

 

当店でも飾らせて頂いています。

 

勿論販売も致します。

 

なかなかカッコいいです。

 

価格は3500円です。

 

サーバー(デカンタ)を置くところが栗の木で出来ていてドリッパーを受けるところは金具です。

 

コーヒーカップでも受けられるのでキャンプは勿論ですが部屋に置いてもかなりカッコいいと思います。

 

サイズは2~4人前のカリタ(102)又はメリタ(1×2)に合います。

 

 

有田焼のドリッパー(ふるさと納税でも使われています

 

ドリッパーですがペーパーが要らないのです。

 

有田焼で作ったドリッパーがフィルターになっていて直にコーヒー粉を入れてドリップします。

 

入れた感じは「ネルドリップ」と同じ感じでワイルドなコーヒーに仕上がります。

 

ワイルドなコーヒーとはコーヒーのオイルも液体に移りコーヒーの全部を味わえます。

 

ペーパーだとコーヒーの脂分をペーパーが吸いクリーンな抽出液となりますが

 

この有田焼ドリップは脂分もカップに移してくれます。

 

コーヒー抽出速度も速くネルと変わらない又はネルより早いかもしれません。

 

なかなか面白いドリッパーです。

 

日本茶や紅茶も淹れられます。

 

何よりもペーパー使わないのでエコですね。

 

それともう一つ最大の売りは「お酒」「ワイン」「水」などをドリッパーに通せば味がまろやかになるとか。

 

アルコールを飲まない私にはわかりませんが。

 

ちなみにビールでは効果が出ないようです。

 

最後になりましたがコーヒーの種類もどんどん増えています。

 

目標だった100種類は超えた様な気がします(数えてませんが)

 

お盆済んで少し涼しくなったらスポット商品も続々登場致します。

 

焙煎されるのを今か今かと待っている生豆が沢山。

 

そしてコーヒーシーズン盛りの11月半ば以降では「コスタリカ・ゲイシャ」と「リベリカ種」が入荷予定。

 

リベリカは販売しているお店も少なくコーヒーファンなら必見ですよ。

 

ではでは、この暑さとコロナでクタクタではありますが頑張ってお店を開けていますのでご来店お待ちしています。

 

遠くの方は送りも出来ますのでお気軽にお尋ね下さい。

 

ホームページも是非ご覧下さい