ストレッチポール&就学して時々聞く話題・・・ | cocottoの輪(ハンデの有無に関わらない子育て支援)

cocottoの輪(ハンデの有無に関わらない子育て支援)

ハンディがあってもなくても皆HAPPYに!看護師@肢体っ子ママと、重心っ子ママによるすべての子育て中ママパパ応援の輪です。


テーマ:

ハンデがあってもなくても皆HAPPYに過ごそう♪ママパパ支援​

cocottoの輪音符

です

ハンディっ子ママたちによる子育て支援の輪です。お父さん、お母さん、こどもたちが日々楽しく過ごせるようにとはじめました。詳しくは上のリンクからホームページをみてください

 

今日は、11月のイベントでもご一緒する千葉おもちゃ図書館のスマイルデーにお邪魔する予定でしたが・・・

息子の体調が悪く、残念ながらいけませんでしたショボーンざんねんっ!

11月に一緒にやる看護学生さんたちも来るということで、いろいろお話もしたかったのですが‥いたしかたなし。

 

息子もがっつり昼寝していたので・・

私も

ストレッチポールに乗りながらテレビを観たりですニコ

ストレッチポールは・・ながらでいい運動ができるのでおすすめです。

子どもたちのリハビリにも使えるしね爆笑爆笑

ストレッチポールの公式のページもあり、これにもいろいろな利用方法があります爆  笑

 

ストレッチポール、使い方で、「ベーシックセブン」というものが有名ですね。

調べてみたら、これの講習会もいろんなところでやっていて、機会があれば私、受講してみようかな・・と思っていますウインクその時はまたレポします。

11月以降もしかしたら行けるかな・・なんて思っていますビックリマーク

新ベーシックセブンというのもあるようですね・・奥が深い。

 

ストレッチポールの基本は縦乗りですが・・いろんな方向でいろいろに使えます・・

例えば、息子の背部のストレッチにポールを横向きに使って背部を乗せたりすることもありますニコ

結構便利ですね・・・ビックリマーク

 

ちなみに・・テレビなどを見ながらながらで腹筋やっていても、じんわり使った感があっていいですよ音譜音譜

ながらで運動できるってのも・・いいですね。

私・・トランポリンも結構好きで、これも運動した感があるので、好きなのですが、天気予報を見ている間とかの短時間ジャンプしたり。

 

子供用の一人用トランポリンも、大人も跳ぶことができるので重宝しますビックリマークなんといっても楽しいしニコ

バランスボールも、子供のリハビリにも使えるし、自分も使えていい♪

 

あ・・

ストレッチポール・・・ながらでやっていると・・

だんだん眠くなってきて枕化したり・・

ポールの上でうとうとして落ちそうになって目覚めたり(笑)です・・・。

 

ここのところ、個人的に肩周囲が張っていて(今までそんなことめったになかったけど、昔腱板損傷しているので、そういうのも関係あるのかな)ストレッチポールでじんわり伸ばしています・・・。早く治りますようにウシシウシシ

 

さて・・・

仕事では、小児ちゃんだけでなく、お年寄りのところに行くこともあります。

老々介護や独居の人も増えてきていますね・・・。

日常生活もだし、金銭管理・・などもだんだん難しくなってきます。

特に認知症の方などは‥判断が鈍ってきたり、そのためにオレオレ詐欺のようなものにもあいやすかったりもしますよね・・・。

 

一見しっかりしたように見えたり、プライドがあったり・・するので、本人から決定することや、管理することをすべて簡単に家族やほかの人がする・・という流れが作れないというのも難しい問題ですね

(運転などもそうですけど・・・・)あせるあせる認知症って・・・むずかし~~!!

元々の性格なのか、認知のせいなのか、両方が入り乱れているのでよくわからないことも多いですイヒ

 

先日ケアマネさんと話したところ、そういった場合は家族内でなんらか取り決めができるのが一番ですが(ただ、トラブルがないように第三者に立ちあってもらえると一番いいのかな・・・)、成年後見人という制度もあるそうです。

 

「成年後見人」の話・・息子の通っている支援学校での勉強会にもあった気がするし、時々そういう話はハンデっ子育児をしていると耳にすることがあります・・・。

勉強不足で詳しくはわからないのですが、成年後見人自体も、親族がなれる場合とそうでない場合・・などいろいろあるらしいです。各市町村にも相談窓口もあるらしい・・・。

資料をもらったので、みてみて、何かお役立ち知識があったらまたアップしますねラブラブ

 

未就学のころは、

18以降の居場所とか、就労とか、生活介護とか、成年後見人とか・・・

まったく耳にしたこともなかったけれど、

学校に入ると、そういった話題や、勉強会のお知らせ・・などがちょこちょことあります。

まだ低学年なので、それでもあまり現実的に感じませんが、少し大きい子のお母さんたちはよくそんなことも話題にしています。

 

卒業後の居場所もなかなかないようです・・・。

特に医療ケアがあったりすると、さらになかなかないらしい・・・。

小さい子のデイもですが、大きくなってもそうなのですね・・・あせる

 

成長の過程で、変形がすすんだり、機能の低下が進んで、

動けたものが動けなくなる・・だけでなく、

経口摂取が難しくなったり、呼吸不全が強くなったり・・

することによって、

医療ケアが必要になってくる子も多いのが現実なので・・

生活の場が確保される必要性がありそうですね音譜

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

cocottonowaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス