信じて聴くだけ。穏やかママに!子育てに自信がもてる『勇気づけ子育て』アドラー心理学大阪

信じて聴くだけ。穏やかママに!子育てに自信がもてる『勇気づけ子育て』アドラー心理学大阪

「私なんかが親で大丈夫?」「いいママになれなくてごめんね…」
子育てを苦しめる罪悪感をなくし、心からの笑顔を取り戻す講座&カウンセリングをしています。3か月後、イライラを8割なくなり、あなたの笑顔で家族を幸せにしましょう♪

NEW !
テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

□子供との時間が短くて、寂しい思いをさせている
□子供の病気で会社を休むのが申し訳ない
□仕事のストレスから、子供を感情的に怒ってしまう
□祖父母に頼りすぎて、関係がよくない


子育てと仕事の両立につきまとう罪悪感。

小学校に入る前
思春期にさしかかる時期など
子供の成長が著しいタイミングで
葛藤がうまれやすいですね~。


葛藤がある時は
自分と向き合うタイミングともいえます。

仕事が忙しい、休めないのは
百も承知だけど
子育て期間はたったの18年。

しかも、直接親が手出し口出しできるのは
高学年までです。

どんな子育てをしたいのか
どんな大人に育ってほしいのか
どんな夫婦でありたいか…。


今、丁寧に自分を見つめなおして
自分の味方になってあげる。

自分の願いを
自分が応援してあげる。

これは、お墓に入るまでずっと
幸せに過ごすために必要な力です。

image

だからわたしは
忙しいママたちにも
自分に向き合うことをオススメしています。


基礎編ELM講座で
自分を責めるクセをやめる。
感情的な怒りを癒して
思いやりのある人間関係をはじめる。


実践編SMILE講座で
家族がチームのように
協力しあう土台をつくり
家族としての幸せをふやす。


上級編SHINE講座では
他人の目よりも、自分の本音に素直になり
より豊かで自由な未来に向かっていく。



3つのステップをふむと
家族、仕事、子育てでの
どんなトラブルも前向きにうけとめて
成長のステップにできます。

いつも自分が自分の味方でいられるの。

自分で自分の問題を解決できるようになると
人生は、怖くない。
結局いいことしか、起きなくなるからね~♪


子育ての罪悪感をへらして
もっと自由で、ごきげん笑顔の人生を。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メルマガで配信中です☆彡
もうすぐ読者900名
無料メール講座
愛と笑顔あふれる子育て



☆よく読まれてる記事
▼暴力的な長男くんが変わった日
https://ameblo.jp/cocotane-blog/entry-12355885082.html
▼思春期は、自立期
https://ameblo.jp/cocotane-blog/entry-12305080169.html




大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です


NEW !
テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

長男が、小学校に入学する直前の春休み。
5年たった今でも、忘れられない出来事があります。

image


長男「テレビ見ようかなー」

わたし「21時過ぎてるからイヤやで、お母さんは。
もうお風呂に入ろう」



次男(3歳)を連れてお風呂へ行き
先に入って待っていました。

しばらくして
長男がお風呂へ。洋服を脱ぎながら…

「なんでオレのお願いはいつも聞いてくれへんの?」

「オレは保育園の学童に行きたかったのに、
相談もせず<いきいき>
(小学校の預かり保育)にして」

「今日も嫌なのをガマンして
〈いきいき〉に行ったのに
テレビまでガマンせなあかんのか!」

「テレビ21時までのルールも
お母さんが勝手に決めて!」


「結局お母さんは
オレがお母さんの言う事聞いてたら
楽なだけやろ!!!」

半裸で泣き崩れたのです。



圧倒されました。
そして怖かった。
殴られそうだったの。


慣れない<いきいき活動>が
ほんまにストレスなんやな~、と
申し訳ない気もありつつ…。


21時以降テレビを見ないのは
わたしの中で絶対譲れないルール。

子どもの発育を思うと(大人もだけど)
22時までに深く眠りにつきたい。

刺激のあるテレビは1時間前には終わらせたい。


というのを、
できるだけ冷静に伝えようとするけど
責めるような強い口調になってしまう…。
素直に謝れない…。
自分を正当化してしまう…。


わたしは湯船から出て
ごんたのお洋服を脱がせに行き
むぎゅっとしました。

感情的になりすぎてる時って
とりあえずハグしかできない。

3人で湯船にぷかーんと浸かっていると
次男くんがアホなことをしてくれて大笑い。
和ませてくれました。

こういう時、
きょうだいの存在ってありがたいですね。



わたしはこのあと
どんな子育てをしたかったんだっけ?
と自分に問いかけました。

子どもにガマンさせる子育て?

子どもにルールを強いる子育て?

子供を追い詰める子育て?



いやいや、違う!!

子供が自立にむかうような関わりをしたい。
子供と笑いあう時間が幸せ。
心をゆるせるリビングを作りたい。

そのために、何ができるんだろう・・・。

・・・・・・・・・・・・

あれから5年。
息子たちが反発の表情をみせるたびに
この日の葛藤を思い出します。


子供が反発してくるということは
親が無意識に抑圧しているということ。

親がだしたエネルギーが
かえってきているだけだと
わたしは感じてます。

自分が悪いと責めるのではなく
自分をふり返るサイン、という意味ね。


わたしはどんな子育てしたかったんだっけ?

子供とどんな関係でいたかったんだっけ?

どんな家族でいたいんだっけ?

家族の幸せより、自分のエゴを優先してない?


どこかゆるめるところはないかなーと
自分をふり返っていく。
夫に意見を求めていく。


いま、長男は11歳。
泣き崩れたこともあり
わたしを否定するように反抗もする
何もしたくないと無気力になる…。

いろんなことがあり
どれも一時的に辛いけど

嫌ならイヤと泣けて、
思いきり意見をぶつけられて
ダラダラと甘えられる。

これって
おうちが安心基地になってるなと
ホッとする気持ちもあります。


わたし自身は、子供の頃
親の前で泣けなかったし
弱みを見せることができなかった。

ずっと、そういうものだと思っていたけど
本当は甘えたかったのだと思います。

なりふり構わず息子たちが甘えてくると
正直うらやましい(^^)

腹もたつけどね~
甘えるな!ボケ!とも思う。

親心は、フクザツなのだ~☆彡
↓↓↓↓↓↓
☆もうすぐ読者900名
等身大で、あなたの子育て応援してます!
無料メール講座
愛と笑顔あふれる子育て






大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です



テーマ:
‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵
子育ての罪悪感を笑顔にかえる
春木めぐみです。
‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵

子供が朝、準備をひとりでしない
子供がお友達とトラブルになる
きょうだいゲンカがひどい
自分から宿題しない

怒ってもほめても、
どうにも変わらない…
どうしたらいいのよ!!!


こんな時、誰に相談しますか?

ママ友?実親?
それともネットで調べる?


わたしね、一番そばにいる
ご主人が話を聴いてくれて
気持ちわかってくれて
応援してくれたら

そこまで切羽つまらない気がするんです。


妻「子供がひとりで準備しないから
イライラするの~もうヤダ~助けて~」

夫「そっか大変なんだなー。
一緒に考えよう」

みたいに、
素直に頼ることができて

夫が寄り添ってくれて
同じ方向をむいて
一緒に子育てできたら

めっちゃ毎日ルンルンだと思うんだけど…。



実際のところは

妻「きいてよ!子供がひとりで準備しないの!」

夫「へーー」

とか

夫「お前のやり方が悪いんじゃない?」

とか

夫「俺には分からないから、任せる」

とか

夫「もっと甘やかしていいんじゃない?」

とか…。


共感してもらえない
感謝もない
興味もってくれない
やり方否定される

何度もこんなことが続くと
素直に相談できなくなくなるんだよね。

「わたしひとりでやらなくちゃ!」と
強がっちゃって、
イライラガミガミ子供にあたっちゃう…。

負のループです。


男と女だから
分かり合えない部分はあっていい。

でも
ゴールは同じ、家族の幸せでありたい。
お互いを思いやる気持ちをもっていたい。


夫に相談したときに

「いつも任せっきりで気づかなかったよ。
いろいろありがとう。
君は、〇〇〇〇したいんだね。
どうやったらいいんだろう?
一緒に考えよう」

こんなふうに言ってもらえたらな~♪


ま、これは理想すぎるとしても。

子供が思春期になるまでに
夫婦で同じ方向をむいて話し合う土台が
あるといいよね。

感情的に意見をぶつけてバトルではなく
お互いの思いを伝えあって
歩み寄るための話し合い。


なぜ思春期までかというと
思春期になると
子供も意見を言葉と態度でぶつけてきます。

親より優位にたとうとします。

そこでバトルせずに、
うまーく土俵から降りれるかどうかが
親の度量の試されどころ。


いちばん身近な大人である夫婦が
日頃の何気ない会話から
「ぶつからない話し合い」を
子供たちに見せていくことが必要。

子供は、親を見て学んでいくから。


なーーんて。
口で言うのは簡単だけど
実践は難しい…。

でも、10年後も仲良し親子でいるために
見直すなら、今しかないよね。



愛情をもって子供を見守る
子供のやる気をひきだす…
夫に相談する
協力をお願いする
家族で問題解決する

チームのような家族を作るのが
SMILE~愛と勇気の家族関係セミナー
↓↓↓↓↓
平日クラスは11月13日~(あと2席)休日クラスは11月10日~(あと1席)

仲間と一緒にはげましながら
愛のある幸せ家族を作りましょう♪





大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です



テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。
自分をごきげんにしていますか?

仕事・家事・子育て…と
毎日まわすことに必死だと
自分のことって後回しになりますよね~。

で、
心の余裕がなくなって
小さなことでガミガミして
子供がさらに反発してくるという
負のスパイラル…。


ちゃんと家事・子育てするのは大事。

だけど、自分がごきげんでないと
結局うまくいかないよね~。

だからわたしは
炊事洗濯と同じレベルで
「自分ごきげんタイム」を
やることリストにいれてます。

日々は、朝おきて、ヨガしたり本を読む。
月1回は、自分がワクワクするおでかけ。


9月は、アクセサリー作り。楽しかった!

10月は、心を癒すソウルセラピー。気持ちよかった!

で、来月はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓



平岡さちさんのランチ会に行きまーす♪


前にココタネお話会にお越しくださったご縁で
インスタをのぞいては
かわいい写真に癒されてました♪

お花の和菓子も作りに行った。
楽しかったんだよね~。

女子力というかキラキラ感というか
ときめき?かなぁ。
とりあえず、わたしにはないかんじ(笑)



ランチ会のテーマにも、ズキュンときた。


「応援されながら夢を叶える」。


めっちゃいい~。


わたしの子育てのモットーは
「子供のチアリーダー」。

応援されると
人って想像以上の力がでるよね~。

ピンチの時も、いい時も、誰がなんと言っても
アホほど応援する母でありたいと思っています。


さちさんのランチ会
「応援されながら夢を叶える」は
どんなかんじなのかなぁ~。

ハンドメイド系の方が多いようなので
知らない世界に飛び込むかんじ。
おしゃれして出かけよう♪


さてさて
あなたは、どんなことで
自分をごきげんにしてますか?

家族は、不機嫌なあなたと
ごきげんなあなた、
どっちを望んでいるかなぁ~。

罪悪感なくごきげんママになる
メルマガ配信してまーす★
↓↓↓↓↓↓
トゲトゲした気持ちを癒す
無料メルマガはこちらから♪






大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です








テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

子供が学校を嫌がったり
「ママ仕事行かないで!」と子供に泣かれると
胸が痛むママが多いのではないでしょうか。

愛情足りてなかった?
子育てまちがってた?

と、自分を責める時があるかもしれません。


特に、働くママは
平日過ごす時間が少ないから
「寂しい想いをさせているのでは…」と
潜在的に不安があるもの。

休日にいっぱい遊んでも
子供の好きなおもちゃを買って喜ばせても
ぬぐえない罪悪感がありますよね。


小・中学生の不登校が、年々増加傾向にあるのも
ママの不安を膨らませる要因ですよね。

平成28年度の不登校生徒の割合は
小学生が0,47%(213人にひとり)
中学生が3.01%(33人にひとり)

※参考資料
平成28 年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」文部科学省初等中等教育局児童生徒課


学校へ行くことが普通であり
疑ったことがない大人ほど

「学校へ行かないとどうなるの?」
「学校へ行かせなければ」

と必死になってしまうのではないでしょうか。


なんで行けないの?
わたしの愛情不足?
何が悪かったの?

不登校の原因を探しすぎると
親である自分を責めて苦しくなる時もありますよね。


見えない未来、変えられない過去を考えても
何も変わりません。


今、自分に何ができるのか
選択肢を広げて、行動あるのみ。


不登校を乗り越えたママにきくと
学校を嫌がる子供と関わるうえで
大切なのは、この2つだそうです。

☆話を聴く(おへそビーム)
https://ameblo.jp/cocotane-blog/entry-12107146697.html

☆ヨイだし(あたり前を認める)
https://ameblo.jp/cocotane-blog/entry-12028096305.html

子供との関わり方を変えることで
4か月ほどで学校へ行けるようになった方もいるし
学校以外の可能性が開けた方もいます。

不登校の乗り越え方はさまざまですが
ママも子供も(夫も)
人として大きく成長していることは
確かだと感じています。



子供が学校へ行きたがらなくなり
漠然と不安なママたちのために
「不登校経験ママの話を聴く会」を開催します。


「学校へ行かせる」ことが目的ではありません。

大切なのは、不登校をうけいれて
親子で解決していくヒントを見つけること。

時間も手間もかけながら
不登校と真剣に向き合い
家族の幸せを探して踏み出している
先輩ママのお話は、ほんと元気をもらえます。

悩みに悩んで
自分で答えをだしている人たちだから
言葉に力があるの。

乗り越え方は家族によって違うことを
知っているので
自分のやり方を押しつけることもしません。


わたしの息子は、学校が好きなタイプですが
「学校に行きたくない」日もありますし
「友達にいじめられた」日もあります。
「先生があわない」時もありますし
「学校をサボる」日もあります。


子供のトラブルに
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
親としてどう向き合うかは
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
不登校に限らず同じなのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「不登校経験ママの話を聴く会」は
海外ママ、遠方ママも参加できるよう
ZOOM(インターネットの画面通話)の予定。

image
▲ZOOMの画面イメージ、お顔は隠すこともできます


わたしが、不登校経験ママ2~3名に
質問しながら経験談を語ってもらうつもり。

参加者のみなさまは
お顔をふせて、匿名で
話を聴いていただけます。

質問があったら、発言してもいいし
メッセージを送ってもOK。


メルマガでこの話をすると
「対談を聴きたい!」というメッセージを
たくさんいただきました。

中には、小学校の先生で
「親御さんのお気持ちを知りたい」という方も。

11月末に実現できるよう
準備をすすめていきますね。
↓↓↓↓↓↓
募集はこちらのメルマガで開始します
無料メール講座
愛と笑顔あふれる子育て





大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です



テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

鹿児島から
あったかーいメッセージが届きました(^ω^)




・・・・・・・・・・
「ママはあなたのチアリーダー」。色んな情報が溢れるなか、この言葉に出逢えた私は幸せです。 

子供にどう接していいか、いよいよわからなくなった限界の時に、めぐみさんのこの言葉に出会いました。 

イライラや不安を感じて子供に接するのが怖くなった時、いつもこの言葉を思い出し、接する事で私の心は安定して子供に接することが、出来るようになりました。

毎回送ってくださるメルマガの内容に、勇気付けられています。メルマガが届くのが私の楽しみ、心の支えになっています。いつもありがとうございます。

 8歳 ・13歳・14歳ママより
・・・・・・・・・

朝から元気もらえましたー!
ありがとうございます。


わたしもね、
昨日の夜、11歳の長男に
こう話しをしたところでした。

「お母さん、できんこといっぱいあるけど
みんな(子供たち)を応援してたい。
てか、それしかできん」

ご感想とシンクロしてて、
嬉しくなりました!




子育ては親の責任
きちんとしつける
言うこと聞ける子にする
勉強好きな子にする
友達と仲良くなる子に、、、

世の中いろんなメソッドあるよね。

どれも、ごもっとも!
正解だと思う!!!



大事なことは

わたしは、どんな子育てしたい?

いつも自分に問いかけて
自分で答えだすこと。

自分にあう子育て、探していこう。

アンテナはっていこう。

どんどん取り入れて、自分流にしよう。


わたしのご提案
「ママは子供のチアリーダー」は
著作権フリーでカスタマイズ自由で
シェア大歓迎です!
↓↓↓↓↓↓



テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

「ズルい」という娘に苛立ち
共感できませんでした…


メルマガ読者さまから
ご質問をいただきました。

ご了承を得て、ご紹介しますね。
(加筆しております)

9歳息子の友達Mくんママから、
日曜に子供を預かってほしいと頼まれて
Mくんが遊びにくることに。

息子は大喜び。
そして、11歳娘は「ズルい」っと怒りました。
 
こんな時は共感ね。っと思って
 「そうかあ、ズルいって思うんだね。」
 「Mちゃんも、友達と遊びたいんだよね」
と言いつつも
 
「でもさ、(事情を説明し)
忙しいMくんママを助けたいって
ママは思うんだよね。」

「なんで、ズルい?って思う?
公平じゃないって、怒るん?」

と言ってしまいました。。。
 
「ズルい」という娘に苛立ちを感じて
共感できませんでした。
 
 
娘の「ズルい」ってコトバにイラっとするのは
なんでだろうって考えています。

いろいろ考えていますが
イマイチすっきりしません。
9歳・11歳ママ


ありがとうございます。
きっと、お嬢様に共感したかったんですよね。

メールで、こんなふうにご返信しました。

・・・・・・・・・・・・・
>「ズルい」という娘に苛立ちを感じて
>共感できませんでした。

うんうん、100%共感できなくても大丈夫です。
自分から歩み寄ろうとしたことに花丸してあげましょう♪
きっと半年前には、しなかった行動ですよね。


>娘の「ズルい」ってコトバに
>イラっとするのはなんでだろう
>なーんて、考えていますが、イマイチすっきりしません。

今は、ご自身の心と対話しているんですよね。
いい感じですね〜♪


ただ、ずーっと考えていると
「なんで?」「すっきりしない」がグルグルめぐって
「すっきりしない」状態が続きます。


人は注目した行動がふえますし、
潜在意識に「すっきりしない」がすりこまれていくので…。


なので、

「…と思ってるね」と

自分に共感して、グルグルをとめてあげてください。



「すっきりしない…と思ってるね」
「なんでだろう?って思ってるね」

みたいなかんじです。
そこに、いい悪いのジャッジはせず
「今、そんな自分なんだなー」と眺めます。



小学校の時にアサガオの観察したように
今日は、ここまで伸びたんだな、こんな形なんだな…と眺めるだけ。

できるなら、
これからどうなるのかな〜?と
楽しみにしてもいいかもしれません。


成長中の自分に、こんな声掛けもいいかも。

「いつかわかるよ、きっと」
「だんだん共感できていくよ」
「スッキリしたら、こんないいことがありそう!」

今はスッキリしないこと、分からないことがあるけど
焦らずに自分の答え(成長)を待ってあげる。

そのうえで、今目の前のことを全力で楽しんでいると
ふとしたタイミングで
「あ、そっか」と閃く時がやってきます。


答えはご自身の心の奥に眠っています
(潜在意識のねっこのイメージ)

よく分からないな〜というときは
まだ分かりたくないのか、
タイミングでないのかもしれません。

ふと読んだ本にヒントがあったり
テレビCMにハッとしたり
夫のひとことで気づく…など
自分以外のところから答えがくる時もあります。

・・ここまで・・・・・・・・・・

どんなに忙しくても
子供に愛情が伝わる毎日のために。

メルマガでは
短時間で愛を伝えるコツや
イライラの切替え方のほか
日々の疑問にもお答えしています。
↓↓↓↓↓↓
☆もうすぐ読者900名
無料メール講座
愛と笑顔あふれる子育て



☆よく読まれてる記事
▼心にタネまき!子供の個性を伸ばす子育て自分育て
https://ameblo.jp/cocotane-blog/entry-12392119063.html



大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です



テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

勇気づけ子育てを実践中の
3人のママから
メッセージをいただきました。

大好きなアロマで
ワークショップを開くそう♪

子供さんと一緒に
ローションを作れるみたい。
楽しそうですね~。




りえさん、おめでとう~!
一歩ふみだすまでの勇気が・・・ね~。

だけどね、
誰かに喜んでもらうことは
人として最大の喜びです。


自分の心が弱ってるときは
チャレンジが怖いんだよね。
喜んでもらえなくて
傷つきたくないからね。

そんな時があってもいい。


だけど
自分の味方になって
自分の心を元気にしてあげると
怖いけどチャレンジできるようになります。

誰かの笑顔ために、行動したくなるの。


行動したら喜んでくれる人がいます。

その人がもっとハッピーになれるように
もっと行動したくなるの。

誰かの喜ぶ顔で、もっと自分も元気になれて
よりたくさんの人に
元気をおすそわけできるようになっていくんだよね。



りえさんは、
9月のランチ会にもお越しいただいていて
アロマの話をされた瞳が
キラキラされてたんですね。

「アロマが好き」
「なにかしてみたい」
「資格とったけど、どうしたら…」

という方は、元気もらえるはず~!

テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

働くママの罪悪感をどうにかしたい…。


いつからか、こんな想いに駆られて
働くママにヒアリングをはじめました。

経営者、大企業のリーダー、中小企業の事務…

いろんな働くママの話をきいていると
こんなお声が多くみられました。


「育休中が、一番しんどかった、孤独だった」


特にひとりめは、
育児自体が不安

社会との断絶感も不安
復帰後の働き方も不安
家事分担も不安
子供がさみしい想いしないか不安
夫婦のバランスも不安…

不安だらけじゃん!!!





なので、年明けに
育休復帰セミナーをしようと思っています。
もちろん、保育スタッフつき。

復帰後は、ハンパなく忙しい。

育休中に価値観のあう友人をもつことは
両立をのりこえる力になります。


そして
育休中の不安の9割は妄想。

でも、ひとりで抱えてしまうと
膨らんで手に負えなくなるの。
共働きは、ほんとに時間がないから。

話しながら気持ちを整理して
不安を解消するために
何ができるのかを
ご提案いたしますね。

どんな不安があるのかなぁ~。
コメントかメッセージいただけると
とっても参考になります!


時間のないママにおすすめ
確実に愛情を伝えるコツをお届け
↓↓↓↓↓↓
☆もうすぐ読者900名
無料メール講座
愛と笑顔あふれる子育て



両立の成功は
会社・夫に振り回されず
自分の味方になることから
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メール講座10の”自分の味方”メールレッスン



☆よく読まれてる記事
▼子どもの心が元気になるおまじない
https://ameblo.jp/cocotane-blog/entry-12392119060.html




大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です



テーマ:
こんにちは。
春木めぐみです。

「怒らせてごめんなさい…」

わたしは時折、
こんな想いがでてきます。


自分のひと言で
主人が機嫌悪くなった時。

長男くんが
シュンと落ち込んだ表情になる時。

次男くんが
逆ギレした時。

「怒らせてごめんなさい…」と
悲しくなるのです。


image

先日、尊敬する三輪先生の勇気づけの勉強会で
思春期親子のロールプレイングがありました。

親役をしたわたしは、いつもの調子で
「怒らせてごめんなさい…」

三輪先生は、優しくこう言われました。

「誰だって怒ることくらいあるのよ~
なんで”ごめんなさい”なの?」



なんでだろう…???


怒らせたわたしが悪いと思っているから。

人を怒らせてはいけないと思っているから。

怒るのは人のせいと思っているから。


悪いことをしたのだから、あやまって当然。

あやまって許してもらわなければ。

怒らせない自分でいなければ。

いい人でいなければ、怒られてしまう。



心のねっこに
こんな気持ちがありそうです。

いわゆる”罪悪感”。

「怒らせてごめんなさい…」があふれると
息がつまったかんじがします。



今日の大阪は曇りのち雨。

だけど
「お天気が曇りになって、ごめんなさい」
とは思いません。

お天気は
わたしにどうしようもできないから。


じゃぁ、相手の気持ちは
わたしにどうにかできるのかな?


優しい言葉かけや、思いやりは意識して変えられる。

だけど、優しい言葉をかけて
「ありがとう」と言われることもあれば
「大きなお世話」と言われることもある。

わたしの言動をどう受け取るかは
相手次第なんだよね。
相手の気持ちはお天気と同じなのです。


「誰だって怒ることくらいあるのよ~
なんで”ごめんなさい”なの?」


三輪先生の言葉、ほんとそうだな~と
しみじみ…。

怒りは、誰か他人のせいではなく
自分の中でおきるもの。

生きていれば
怒ったり喜んだり、悲しんだりして当然。


「怒らせてごめんなさい…」

と、自分を擁護するのをやめて

「わたしの言動で、怒ったんだね」
「怒りの奥に、どんな気持ちがあるのかな」
「これから何ができるかな」

と、相手の気持ちによりそっていきたい。
未来に一歩、ふみだしていきたいなー。


あなたは、どんな時に
罪悪感をもちますか???

あなたが信じてる「●●しちゃダメ」は
本当に悪いことかなぁ。

自分のあたり前を
疑ってみると楽になる時ありますよね。


☆もうすぐ読者900名
無料メール講座
愛と笑顔あふれる子育て



☆よく読まれてる記事
▼「よく怒る夫に”そんな時もあるよ”と優しくいわれた」https://ameblo.jp/cocotane-blog/entry-12389828823.html



大阪市・堺市・河内長野市・羽曳野市・神戸市・三宮市・西宮・奈良・和歌山・東大阪・豊中市・広島・島根・金沢・京都・高槻・茨木などからお越しいただいています

0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・年少・年中・年長のイヤイヤ期、反抗期。小学1年生から思春期・反抗期・中学生など、幅広い年齢の子のお母様が学んでいます

不登校児、障がい児をもつお母様、自分を責めやすいお母様、パニック障害など自律神経のバランスに悩むお母様にもおすすめできます

小学校・保育園・幼稚園・医療機関・子育てサークルへの出張講座のご依頼も大歓迎です


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス