付点音符やタイのリズムの練習のしかた~青葉台のバイオリン教室 Cocoron | 青葉台のバイオリン教室|心潤い音色を磨き 豊かな音の世界を楽しむ

青葉台のバイオリン教室|心潤い音色を磨き 豊かな音の世界を楽しむ

横浜市青葉区、田園都市線青葉台のバイオリン・ビオラ教室Cocoron。
憧れのバイオリンで独奏~アンサンブルまで楽しめる
個性やニーズに寄り添う自分を楽しむためのレッスン。
イマジネーション豊かな音の世界を奏でていく楽しさを!


テーマ:

音楽で潤い楽しみ

心と音色を磨く

横浜市青葉区青葉台の

バイオリン・ビオラ教室 Cocoronです

 

 

 

付点音符やタイのリズムが分からないとき、どうしますか?

 

まず、音符の長さを確認。4分音符を1拍としたら、分からない音符は何拍?

 

音符カードやドリルなど、いろいろお渡ししているので自分で調べてみてください。

 

よく分からなくなっているのが、付点音符やタイの長さ。

 

例えば、付点4分音符と8分音符の組み合わせだと、4分音符で手をたたいて歌うと2拍目あたりで??になります。

 

2拍目の頭と8分音符のタイミングがあれ??となるようです。

 

そういうときは、4分音符よりこまかく、8分音符で数えてみましょう。

 

付点音符の中に8分音符は3つ入るので、3拍。次の8分音符で1拍。

 

こういう計算ができれば、数学的に割きれて、分かりやすくなります。

 

それを、楽譜の音符の上に書いて、見ながら、手を8分音符でたたいて歌ってみてください。

 

慣れたら、4分音符でたたいて歌ってみる。

 

だいたいはこれで解決していますが・・。

 

 

あと、タイの練習のしかた。

 

タイを取って歌ってみましょう。できたら、よく数えながらタイをつけてみます。

 

タイの後の音は拍の頭のことが多いのですが、この拍を感じないでただ伸ばして長く歌っているので、分かりづらくなることが多いです。

 

タイをつけて歌う時、タイの後の音の頭を強めに感じてみてください。

 

拍の感じが出て、わかりやすくなると思います。

 

付点音符やタイで音が長くなっているとき、ただ長く弾くと、途中で分からなくなりやすいです。

 

その中にある拍を、きちんと感じるのがコツですね。

 

頭で分かっていても、感覚にはいっていないとできないので、まず拍を取りながら歌える→弾ける、まで練習してくださいね。

 

 

バイオリン・ビオラを始めたい方、お気軽に体験レッスンにいらしてください♪ 

子供~大人まで、心と音色を磨き、自分を楽しむレッスンです。

独奏からアンサンブルまで、自分の可能性を広げ、音楽をとおして心を深めていってくださいね。

 

 

教室のHPはこちら↓

 

バイオリン・ビオラ教室 Cocoron 総合サイト

https://www.violin-violalesson.com/

 

子供のためのレッスン HP

https://violinlesson-child.jimdofree.com/

 

40代~の心潤う大人のレッスン HP

https://violin-viola-otona.jimdofree.com/

 

 

にほんブログ

 

 

心潤い音色を磨き 独奏~アンサンブルまで楽しめるバイオリン・ビオラ教室 Cocoronさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ