こんばんは。

 

溝口よしこです。

 

 

数日前から、県外の専門学校に行っている娘が帰省しています。

 

と、思ったら、その学校で知り合った友達がうちに泊まりに来ていて、毎日遊びまわっています。

 

 

娘は小4の時に3ヶ月不登校→特別支援学級の情緒学級→中学2年生の夏休み明けから卒業まで不登校→通信制高校→専門学校、と歩んできました。

 

不登校になると、社会性が育たないかもしれない、と悩まれるお母さんもいらっしゃるかもしれません。

 

これから学校に復帰しても、友達ができないのではないか、と心配もあるでしょう。

 

私も以前は心配もありましたが、娘を見ていると、全く関係なかったです。

 

不登校だから、社会性が育たないってことはないんだ、と思いました。

 

それは、小さいときに友達と楽しく遊んだ経験があるからかもしれませんね。

 

その楽しかった記憶は、身体に染み付いています。

 

だから、子どもが友達と触れ合いたいと思ったときは、きっと自然にできるのです。

 

 

娘は先日中間試験があったようですが、頑張ったようで成績もよかったそうです。

 

勉強に関しても、不登校のお子さん、親御さんは心配だと思います。

 

でも、

 

「やろう!!」

 

と自分が決心すれば、全く関係ありません。

 

いつからでも取り戻せます。

 

 

不登校を経験した息子は、今も外にはあまり出たがりませんが、こども食堂は手伝ってくれます。

 

息子も小さな決心をしたのだろう、と思います。

 

 

いずれにしても、子ども自身が決心することがとっても大切。

 

親の役割は子どもが安心して決心できるように共感という名のサポートをして、あとは応援団として見守るのみです。

 

 

 

↓お役に立てたらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

子どもに勇気・責任感・協力精神を育むAP講座の詳細は・・・

AP講座詳細⇒こちら

 

ママさん達をサポートしたい方・・・

AP講座リーダー養成講座について⇒こちら

 

各種お問い合わせ・ご予約

mail    arigatoyuuki@gmail.com

お待ちしていますね♪