「ありがとう」で勇気づけ

アクティブ・ペアレンティング リーダー、チャイルドセラピスト、そして2人の子を持つ母として、親と子のより良い関係を育てる方法を、お母さん達にお伝えしています。


テーマ:
こんばんはキラキラ溝口よしこです。
{21EB31DA-8534-49E6-AB90-3E03D70A4DB7}
またまたお久しぶりの投稿となりました。

長い間、体調を崩していましたが、その原因がわかり、約2ヶ月後には健康体に戻る予定です。

それまでは、ゆっくりと活動していきます。

今日は、自宅でのAP講座5回目でした。

5回目は「勇気ある子どもに育てる 後編」です。

勇気づけの具体的な方法について学びました。

その中でも、なかなか難しいとされるのが

「子どものありのままを認めること」

です。

子どもが何をしたかということが重要ではなく、子どもそのものに価値があるということです。

ですから、悪い行為をしたからといって、

「あなたは悪い子ね!」

とは言えないのです。

悪いのは、その行為であって、その子どもの価値がないということではありません。

また、良い行為をした時に

「あなたはいい子ね!」

と言うことも同じことになります。

良いのは、その子どもの行為であって、それにより価値が上がるというものでもありません。

そのために、気をつけないといけないのは、

「人格と行為を区別すること」

です。

褒めるときも、

「いい子だね。」

「優しい子だね。」

などと、人格を褒めないこと。

人格を褒めてしまうと、子どもはその言葉欲しさに良い行為をするようになったり、我慢をしながら良い行為をしたりするようになります。

良い行為をしたのだから、その行為について褒めるのが一番です。

私も小さい子が頑張っているところを見ると、ついつい

「いい子だね〜。」

と言いたくなりますが、そこは

「頑張ったね〜。」

などと言うようにしています。

そうすることで、子どもは

「そうか、自分は頑張ったんだ。また頑張ろう〜。」

と、自分を認めることができ、勇気が湧いてくるのだと思います。

今日もありがとうキラキラ


ラブラブ子どもに勇気・責任感・協力精神を育むAP講座の詳細はこちら


ラブラブ自主学校をつくるため、市原~袖ケ浦方面に空き家をお持ちの方、空き家情報をお持ちの方はご連絡をお願いします。
arigatoyuuki@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。