セラピールーム マリアージュのブログ ~癒し職人から愛をお届け~
心に素直に。心を中心に。

ベースエネルギーから心身を整えるセラピー。


セラピールーム マリアージュ http://www.cocoro-marige.jp



  • 09Jul
    • リニューアルのお知らせ

      ご無沙汰しておりますすっかり夏ですねさて、この度、マリアージュは色々と大幅にリニューアルいたしました。HPにお知らせを反映できないトラブルに見舞われているため、大雑把ではありますが、取り急ぎ、以下に変更事項をお知らせいたしますので、ご確認の程、よろしくお願いいたします。<所在地>以前の場所より少し北に移りました。お申込みいただいた方に地図をお送りいたします。洛北エリアには変わりありません。<新メニュー>・マリアージュオリジナルクリスタルヒーリング 約90分(お茶の時間含む)・心理カウンセリング 60分・箱庭療法 60分※料金は一律15000円です。※メロディークリスタルヒーリングは、一旦終了させていただきます。※マリアージュオリジナルクリスタルヒーリングでは、クリスタルの他に音や香、ハーブや貝殻などの自然素材を使用し、ハイアーマインドと共同創造しながらエネルギーのヒーリングを行います。<問い合わせについて>電話番号を変更する予定です。変更後は今のようにHP上への記載はいたしません。基本的には、セッションのお申込みをいただいた方で、必要な方に限り、個別でお知らせいたします。現在HPに記載している電話番号はつながりません。また、HPも全面リニューアルする予定です。ただし、もう少しかかりそうです。情報が適宜反映できず、申し訳ありません。新HPが何とかなるまで、お申込み、お問い合わせは、現在のHPの問い合わせフォームをご利用ください。<セッションの受付について>セッションは、火曜日以外は受け付けております。時間は10時30分開始、もしくは13時30分開始の二枠です。お申し込み時に、できれば第3候補ぐらいまで希望日時をお知らせください。当方で調整させていただきます。時間については、多少の前後は構いませんので、遠慮なくご相談ください。なお、初めてお申込みいただく方は、現在のHPに記載している「初めての方へ」に必ず目を通していただきますようお願いいたします。

  • 05Jan
    • 新年のご挨拶

      新年明けましておめでとうございます2018年もセラピールーム マリアージュをよろしくお願いいたします私の年末年始は、珍しく体調を崩して寝込んでおりました。相変わらず、年が変わった実感はあまりありませんが、それでも今年は2017年が終わり、2018年という新しい時間が始まることに、どことなく安堵感を抱いております。私にとって、2015年~2017年というのは、本当に激動の時間でした。自分の内側に起きる数々の激流に翻弄され、「普通に生活を営む」という当たり前のことが、如何に大変で有難いことかを身に染みて感じました。ただ、この大きな変化の流れは、振り返ってみると2011年頃から始まっていたようにも思います。この2018年は、2011年~2017年にかけて繰り広げた大変革の最終章のような気がします。クライアントさんを包む場であるマリアージュ。考えてみると、私自身もどれ程この場に包まれ、支えられてきたことでしょう。我がマリアージュのセラピスト石さんたちは、私のパートナーであり、セラピストでもありました。今、全ての繋がりに心から感謝しています。私たちは、常に自分だけの流れの中にいます。止まっているように感じたり、早さに翻弄されているように感じたり・・・。色んな方がいらっしゃるでしょうが、本当の所、自分の流れは常に完璧です。過不足、遅速ありません。どうぞ、自分独自の流れに乗って進んでください。他の方のやり方が当てはまるとは限りません。自分の流れは自分にしか意味を持たないのです。できるところから、できる範囲で心に添って生きましょう。まずは、今、この瞬間から始めましょう。決意が実現の鏑矢です。周りから浮いたっていいじゃないですか。「皆同じ」なんて、絶対に有り得ないのだから。2018年、自分のことは自分で決めるもちろん運命や運勢も

  • 13Dec
    • 自分、良し!

      私たちは、親子であれ、夫婦であれ、友達であれ、恋人同士であれ、全く違う存在です。自分が幸せであるために、他者の賛同や同調は必要ないのです。それらは幸せをさらに膨らますための「スパイス」です。分かってもらう体験は、とても自分を支えてくれますが、分かってもらうことに躍起になって、自分を見失う必要はありません。分かる人は分かるし、分からない人はどれだけ説得しても分からないものです。自分で自分を「良し」と思える。それが一番揺るぎなく、幸せでいられるのです。

  • 07Dec
    • 信頼の証

      私の知人の女性の話です。彼女は「自分が好きになった人と結婚する」という強い望みを持っています。だから、色んな方のブログを読んで引き寄せの法則を勉強し、自分磨きも頑張って、日々奮闘しています。けれども、頑張っても頑張っても、仕事は問題の山、想い人とは一進一退。毎日ジェットコースターのような気分のアップダウンを経験していました。ほとほと疲れ果て、私に辛い心情を綴り、セッションを受けたいというメールを送ってきました。それを見て、「これはいけないな!」と思い、すぐさまあれこれアドバイスを返信しかけた時、彼女のハイヤーマインド(ガイドとか神とも呼ばれます。要するに、非物質的な、魂の自分のことです)から「手を出さないで!」という強い意思を受け取りました。「私たちは大丈夫」と。(ハイヤーマインドは、物質次元の自分も、何もかも全てが一つであると認識しているので複数形で話をすることが多いです)「ああ、今ほんとのほんとに正念場を迎えてるんだな」と思いました。彼女が慰めを期待していただろうと思いながらも、セッションが可能な日を伝えるに留めました。返信は「全部無理」。当然です。ハイヤーマインドが「手をだすな」と言っている以上、日が合うわけがありません。何日か後に電話がかかってきましたが、丁度用事が入って、出ることもかけ直すこともできませんでした。私たちのハイヤーマインドは、とても大きな視点で生きていますし、私たちが何を望んでいるのかも全て、ほんの少しの間違いもなく分かっています。彼女のハイヤーマインドも、決して意地悪をしたり試練を与えているのではなく、彼女の望みが叶う最短最速ルートに彼女を導いているだけなのです。彼女は素直で真面目な人ですが、「自分が〝これ″と決めたもの以外を受け付けない」「自分の力で考えない・動かない」という癖があって、想い人以外の人からの差し入れや優しい言葉にはあまり感謝せず、ただひたすら想い人が全てを満たしてくれるのを期待していたり、皆がしているから自分もやる。一般的にはこうするものだからそうする。普通はこうだからこう。。。という具合に、自分の心を蔑にして、「外」の基準に全てを当てはめていたのでした。大体の場合、自分の一番強い願望と人生のテーマは連動しています。彼女は「自分の足で立ち、自分の足で歩いていく」という人生のテーマを持っています。彼女が人生のテーマをやり遂げるために、まず、底を何度も打つことが必要だったのでしょう。つい最近、彼女と電話で話をしました。今度は驚くほどスムーズに繋がりました。彼女の状況を聞き、色々伝えました。今まで彼女は何度も同じことを言われていたそうです。やっと今回、「分かった!」と思えたとのことでした。実際、彼女はもうヘロヘロ過ぎて、全てがお手上げ状態で、へたり込むしかできないような状態でした。でも、そのおかげで、人の話に耳を貸す余地ができていました。やれることは何でもやってみようと思っていて、新しいことを受け入れる隙間がありました。自分の状況を客観的に分析するための一時停止ができました。恐らく、ここまでの状態にならないと彼女は軌道修正がかけられなかったのでしょう。でも、ハイヤーマインドは彼女が必ず底の経験を糧に浮上してくることを、その経験こそが自分が地球で体験したいと望んだものであることをちゃんと分かっていたのです。今、彼女はゆっくりですが今までとは違う思考や行動を通じて、確実に望む現実を創り出しています。現在、八方塞がりや、神や運に見捨てられたと感じるような状況を経験している方がおられたら、それは塞がっているわけでも見捨てられたわけでもなくて、絶対に大丈夫!と信頼されているからこそ。。。なのかもしれませんよ。

  • 06Dec
    • 温もりの種

      寒くなったので、出かけるのが億劫になってきました。買い物に出たくなくて、今日のお昼は焼いただけのパンとレトルトのスープで済ませました。それを我が家のワンコと分け合って食べました。たったそれだけのことで、とっても幸せでした。「分け合えるっていいな」って、「焼いただけのパンでも十分おいしいな」って思いました。大袈裟なもので無くても、心に温もりを灯してくれる種はいくらでもあるもんです

  • 13Sep
    • 自然と共に変化の流れに乗って行こう

      大変ご無沙汰しておりますあっという間に日々は過ぎ去るもので、気づいたら今年も残すところあと数か月ですね早いな~今、多くの方が何かしらの「転機」を迎えていらっしるのではないかと思うのです。去年ぐらいから変化の流れが加速して、御多分に漏れず、私も大いにテンヤワンヤで・・・心穏やかに過ごせるって、それだけで本当に有難いことだなと、しみじみ感じ入る次第です。今まさに変化の渦中におられる方も、変化の激流を乗り切って最終局面に差し掛かっている方も、これから変化を迎えることになっている方も、ぜひ自然と共に進んでいくことを意識してみてください。私たち人間は、自分たちだけで生きている訳ではなく、地球に生かしてもらい、多くの他の命と共生しています。それがごくごく自然な人間の在り方です。自然から離れると、やはり人は徐々におかしくなってしまいます。多くの方が、かなりインパクトのある体験をしているのではないかと思いますが、「そんな余裕はない」と切り捨ててしまわずに、身近な所に自然を探して身を寄せてください。自然が齎してくれる安らぎは、変化の波を自分の望む方向に持って行くための日常に散りばめられた道標に気づかせてくれます。私も鳥の囀り、初秋の風を感じながら、今ブログを書いています。あれだけ書く気が起らなかったのに、自然をゆっくり感じていると、何か「また書いてみようか」と思えましたよ安らぎが心にあると、人って動くのかな~

  • 09Feb
    • 心に素直に、心を中心に生きる

      心に素直に、心を中心に生きる。今更ながら、ようやく自分の在り方として、生き方として、このことを実践し始めることができるようになりました。心や癒しに携わることを生業としている者は、多かれ少なかれ自分の心を大切にすること、自分の心を最優先にして生きることをどこかで見失っている者でもあるように思います。他の方の心に触れ、癒しの過程を共にさせていただくことで、ひたすら自分を癒す営みの中にいるのだろうと思います。私たちは皆、本来は心に敏感です。ただ、心に敏感であればあるほど、否定される痛み、蔑にされる苦しみ、大切にされないことへの怒りを強烈に感じるので、自分を守るために、少しづつ色んなものを麻痺させていきます。感情を。元々持っている素晴らしい性質を。世界の理不尽さに対する疑問を。他人や社会の価値観とは異なる自分の価値観を。そして、望むことを。挙げればキリがないぐらい、私たちは多くのものを麻痺させて生きています。自分のいる世界から見捨てられないために、何とか生きていくためにそうするのです。けれども、私たちの心というものは、どんなに蔑にしても、否定しても、抑えこんでも、決して諦めることがないのです。恐らく、私たちの自然な在り様が、幸せやポジティブや満足という表現で表されるようなエネルギー状態なので、本来の自然な姿に戻るように、ただひたすらそちらを目指して動いているのだと感じます。数々の悩み、苦しみ、問題などは、この心の指向性によって生み出されているようです。では、心とは何でしょうか。私は心とは、自分そのものだと思います。今この体でこの人生を生きている自分、過去世、ご先祖様やあらゆる宇宙の繋がり、魂。その全てが心として存在しているのだと思います。私たちは、自分の心ではなく、社会の基準や他人の意見に合わせて生きてきました。代々それが当たり前だったのです。他人の意見を自分の意見と思い込んでいることなんて日常茶飯事です。でも、あらゆる苦しみ、悲しみ、問題の根本は、他人の世界を自分の中心に据えて生きることから起きています。私たちは心ある存在です。自分の心に添っていないものには満足も納得もできないのです。ここ数年、私は「自分を完全に癒す」と決め、取り組んできました。けれど、それは自分の全てを根本から変える営みであり、他人の世界を間借りする生き方を辞めることでもありました。そして、「私にも心がある」という、何とも当たり前のことを思い知る旅でした。心の専門家と称する者が「私にも心がある」と訴え続ける自分の心を、正に心の底から受け入れることができたのは、2016年も終わりのことです。「情けないな」とも思いますが、それでも不思議と満ち足りています。「自分」の輪郭がはっきりしたような感覚にも喜びを感じます。まだ癒しの旅は続くのでしょうが、また一つ、長きに渡る大きなテーマから卒業できた思いがします。幸か不幸か、セラピスト自身の癒しは、提供するセラピーに直結します。今まで以上にクライアントさんたちの癒しのお役に立てたら嬉しいなと思います。心に素直に、心を中心に生きる。これが2017年、私の生き方であり、マリアージュが向かう方向であります。

  • 11Nov
    • 口紅

      先日、デパートの化粧品売り場に行った。秋が深まってきたな~とか思ってたら、売り場はすでにクリスマスだった。あちこちに並ぶクリスマス限定コスメ。ちょっと気圧されている私に、売り場のお姉さんが口紅を勧めてくれた。用事が終わったら家に帰るだけだったけど、「せっかくやし・・・」と思って、つけてもらった。口紅なんて、どのぐらいぶりだろう。10月にあった友達の披露宴でさえ、口紅はつけなかった。つけなかったというか、忘れただけやけど。久々の口紅。自然なピンクベージュで、とても可愛らしい色だった。何となく気分が上がる。お姉さんとちょっと会話して、お礼を言って帰路についた。徐々に大きくなる違和感。心も体も、何だか拒否反応を起こしている。なんと、ちょっとご無沙汰している間に、私は口紅を受け付けられなくなっていたようだ。何とも不自然な味。あぁ、体に悪そう。香りもずっと嗅いでいるとしんどい。でも、唇は鼻の下・・・。上った気分は急降下してしまった。家に帰るなり、即行で口紅を拭いた。最近の口紅はなかなか取れないから、香りと味が気にならなくなるまで拭き取るのに苦労した。子どもの頃、私は大人になったら口紅をつけるものだと思っていた。「大人=口紅をつける」と思っていたんだろう。子ども頃の私は、母親の口紅をつけたくて仕方がなかった。お化粧様々あれど、口紅は何だか特別なものだった。親に「お化粧してみたい」と言うと怒られた。親の目を盗んで、勝手に口紅をつけた。嬉しかった。ただ、口紅は拭き取ってもうっすら色が残るので、必ず親にバレて怒られた。小さい私にとって、口紅はなかなか手が届かない、「憧れ」だった。この憧れの口紅を毎日、当たり前につけられる存在。それが、「大人」だった。今、私は当然「大人」に分類される年になった。口紅だってつけ放題だ。でも、ダメ。口紅を受け付けなくなった。思い返すと、今までも特別なイベントがない限り口紅をつけることはなかった。たぶん前から合わなかったんだと、今更にして思う。それにしても、最近特に不自然なものが無理だ。小さな私の純粋な想いを思い出しながら、一抹の切なさを感じる。だけど、無理なもんは無理なんやから、仕方ないやろ。心の中で言ってみる。ん~・・・。結局、私は大人にはならんかったってことか?束の間自問自答して、どうでもよくなった。だって、「大人」なんて概念、そもそも在って無いようなもんですもの。結局は、開き直る

  • 10Nov
    • 自分でも石が欲しいのですが、石選びのポイントは何ですか?

      マリアージュのクライアントさんたちは、クリスタルヒーリング、心理カウンセリングのどちらを受けているかということに関係なく、石に興味がある方ばかりです。「我が家の石さん」をお持ちの方は、必ずセッションに付けて来てくださいます。石さんを見ると、その方の状態、望んでいること、必要なことなどが何となく想像できる場合があり、石さんはセッションに役立つ情報を伝えてくれる、有難い同伴者です。他方、「石に興味はあるけど、自分では持ってないんです」という方もいらっしゃって、そういう方から必ず頂く質問がこれです。Q.自分でも石が欲しいのですが、石選びのポイントは何ですか?A.石選びの一番のポイントは、見たり手に取った時に「あ、いいな」という気持ち+心地良い感覚が自分の中に湧いてくる石さんを選ぶことです。この時、自分の中に心地良い感覚が湧いているかどうかに特に注意してください。私たちは、何かを「いいな」と思う時、知識に基づく場合と本能に基づく場合があります。心で思うことは、実はこの二つが入り混じったものであったりします。石さんたちは、私たちの素晴らしいパートナーになってくれますが、マッチングがうまくいっていないと、せっかくの石さんからのギフトを私たちが十分に受け取れません。石選びは、パワーが強いかどうかよりも、自分に合うかどうかが大切です。パワーや希少性や価格帯、理想など、頭で考えて石選びをすると、最初は良くてもだんだんと身に着けなくなったり、「何か違う」という違和感を感じたりすることが結構あるものです。触れたその瞬間に感じる高揚感、安堵感。うまく表現できないけど、何か、良い。こういった感覚で選んだ石さんは、今の自分に本当に必要なものをサポートしてくれる、相性ピッタリのパートナーになってくれますよぜひ、リラックスして石選びを楽しんでください

  • 04Nov
    • 今通っている病院でWAIS-Ⅲという検査をした方がいいと言われたのですが、やってますか?

      今回は心理検査に関するQ&Aです。この質問はご本人様から、ご家族様からという違いはあれど、今までに何度か受けています。精神科領域は、治療過程で本当に色々な動きが発生しますので、もし今同じような状況でお困りの方に少しでも参考になれば幸いですちなみに、WAIS-Ⅲというのは、知能検査です。知能と言うと、頭の良し悪しを思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、それはちょっと違います。知能とは、物事を理解する能力、考える能力、覚えておく能力、思考や体を使って構成する能力など、私たちに備わっている能力全般をまとめて表現したものです。いわゆる「勉強ができる」という意味での賢さを表すものではありません。また、知能検査は、個人内の能力的な得意・不得意を知るためのものであり、優劣をつけるものでもありません。Q.今通っている病院でWAIS-Ⅲという検査をした方がいいと言われました。こちら(マリアージュ)でも検査をやっていますか?A.大変申し訳ありませんが、マリアージュでは、余程の事情がない限りは、心理検査を実施しておりません。マリアージュでは、人格検査であっても神経心理検査であっても、医療機関で受検されることをお勧めしております。その理由としては、心理検査の結果は、医療機関での治療に使用されるだけでなく、場合によっては、学校への情報提供や、福祉・行政サービスを受けるための情報提供として使用される場合があるということです。その際、やはり「この検査はどういう所で、どういう人によって行われたものなのか」ということが、検査結果の信頼性・妥当性を判断する上で、重要な要素となるのです。また、医療機関で検査を受けた場合は、検査料は厚生労働省が定めた範囲内で収まりますが、一般開業の心理相談機関では、検査に係る諸々のコストを含めた料金となりますので、絶対ではありませんが、多くの場合で、医療機関で支払う金額よりも高くなると思われます。ちなみに、公的な心理相談機関は無料でWAIS-Ⅲを含めた心理検査を行ってくれる所が多いですが、カウンセリングの流れの中で必要と判断された場合のみ検査を行いますので、「検査だけ取ってほしい」という依頼は申し込みの段階で断られてしまいます。心理検査は、「何のために取るのか」という目的の部分が一番重要です。そこを疎かにすると、「しんどい想いだけして、結局よく分からなかった」という事態になりかねません。もし今かかっている病院があるのなら、できるだけそこで検査を受けることをお勧めいたします。検査者と主治医が連携できる環境が整っていることも精神科治療にはとても大切なことです。検査の目的を当事者、ご家族、主治医の間でよく検討し、共通理解を持った上で、検査に臨まれることをお勧めいたします。