現在のニューヨークの気温は38度です!
日中にはもっと上がる様子。

昨日、エレベーターに乗ってきた端正な容貌の中年男性が
「僕はハワイ出身だからこの暑さも平気だよ。」と
誰にも聞かれないのに言っていました。(笑)
おかげ様で私も暑さには強くて、
強制されなくても節電してます。

仕事場は扇風機のみ、
家で私の仕事場のあるリビングルームは熱帯地帯、
夫の仕事場がある寝室はアラスカ、っていう感じで。(笑)
食事の時は家族のためにエアコンをつけます。

* * * * * * * * * * 

さて、今週に家族がいなかったうちに、
古くなった洋服を整理して寄付しました。
私はいらなくなった物はどんどん処分し、
物を増やさない主義です。

私がいつも寄付を持っていくのは
ハウジングワークスという団体.

$ココマスダの個人的ニューヨーク便り-housing works


ハウジングワークスは、
HIV保持のホームレス・低所得者の生活を向上させることを
ミッションとした非営利団体。
ショップでの売上を、彼らに対する住居や医療、
食料の補助、 職業斡旋などに使用しています。
ファッション業界との繋がりも深く、
普通のチャリティー団体と違って、とってもおしゃれ。
掘り出し物が多いんです。

年何回か、ブランド物のオークションや
ファッションショーをやったりもします。

マンハッタンにいらしたら是非寄ってみて下さい。
チェルシーにある本店が一番充実していると思ってたんですが、
私はまだ行ったことがないウエストヴィレッジの店が、
一番おしゃれらしいです。

寄付するのも簡単、
トライベッカにも店ができたので、
より便利になりました!

米国では、非営利団体に寄付した金額に対して
税控除が受けられますが、
寄付した物の価値も同じ。
多分日本ではない法律だと思うんですが。

古い物も価値ですか? 
市場価格を想定して、自分で適当に決められるんです。
私は遠慮がちに低額に書きますが、
夫が決めたら倍ぐらいですよ(笑)。

ハウジングワークスの店では
以前は金額を担当の人がチェックしたんですけど、
今はそのまま判子を押してくれます。

今日寄付した額は815ドル(約6万4千円)です。
ドルチェ&バガーナのジャケットや
アルマーニのトップなんかもありましたから。
もっと高く書いてもよかったんですけど、
私は馬鹿正直ですし、つい遠慮してしまいます。

不要なものは寄付して他の方に使っていただき
循環させるのはとてもエコ。
その上で自分も得してしまう制度、
とっても賢いと思います。