雲が多くて残暑も控えめ、この時期にしてはまずまずの運動日和だった今日の東京ウインク


相変わらずどうも夏の疲れがとれないし、働く気力もない…
それに今日はちょうど、高校2年生息子の体育祭がある…
で、微熱がありまして…
とかなんとか詐病を使って仕事は休み、応援に出かけてニヒヒ


わたしに似たのか、身体を動かすのは嫌いではないくせに運動は不得手な息子…
しかし、身体能力とはあまり関係がない
綱引きに出場
見ているほうもなかなかチカラが入って、見応えのある競技となりましたポーン


コチラはポール・マッカートニーさん、82年のメガヒットでタッグ・オブ・ウオー
タイトルトラックはポール一流の、じわじわと盛り上がるメロディアスなマジックに、メッセージ性を含んだ歌詞のバランスが絶妙な一曲デレデレ


数あるポールのアルバムの中でも、わたしのフェイバリットであるわけですが…
それはこの作品は初めて、リアルタイムで買ったポールだったからなのですちゅー


で、綱引きの結果といえば、息子のクラスは無事に勝利ウインク
若人たちの熱気あふれる競技は、このところ暑さボケ夏バテの身と心にカツを入れてくれた…笑い泣き
仕事をズル休みをして観戦に来た甲斐があったっ、というものでした…