自己紹介 | private salon cocoeur

private salon cocoeur

名古屋市西区にありますネイルサロンです
プライベートな空間でゆったりと寛ぎながら
ジェルネイルをお楽しみいただけます

はじめまして。

プライベートサロン ココルの

オーナーネイリスト浦隅と申します。

 

 

この度は当サロンのブログをご覧いただき、

誠にありがとうございます。

 

 

少し長くなるかもしれませんが、

このお店に対する想いを 

お話しさせていただければと思います。

 

 

私は元々自分の爪が嫌いでした。

爪が薄いためすぐに二枚爪になり折れてしまうので

伸ばすことができませんでした。

爪の形も悪く、おまけに反り爪…

そんな爪がコンプレックスでした。

 

 

周りは爪の綺麗な友達ばかりで

自分の爪を見るたびに友達と比べてしまい、

 

 

「こんな爪、恥ずかしい・・・」

 

 

と、

友達に気づかれたくなくて

人前ではあまり指を出さないようにしていました。

 

 

ある日、母親のピンク色マニキュアを借りて

こっそりと塗ってみたのです。

 

 

少しでも縦長のキレイな爪に見えるように

両サイドを空けて塗ってみました。

 

 

すると、

うすいピンク色に染まった爪が

いつもの自分の爪とは思えないくらい可愛らしく見え

とても嬉しい気持ちになり、いつまでも眺めていたのを

今でも覚えています。

 

 

あんなにコンプレックスを抱え、

自分の爪を見るたび落ち込んでいたのに

 

爪を見るたび幸せな気持ちでいっぱいになったのです。

 

 

 

そこから私はコンプレックスだった爪に関心を持つようになり、

『ネイル』に興味を持ちはじめました。

 

 

 

それからというもの、
 自分でマニキュアを塗ることで

あんなに嫌いだった爪も少しずつ好きになっていきました。

 

 

 

 

 

高校を卒業後、美容が大好きだった私は

美容専門学校へ進みたくさんのことを学ぶ中

 

あの初めてマニキュアをした時の感動が

忘れられずにいました。

 

 

私は自分のようにコンプレックスを持っている人に  

ネイルをすることでハッピーになれることを伝えたい。 

それを叶えるネイリストになりたい!と思ったのです。

 

 

 

当時は、まだジェルネイルではなくマニキュアの時代

名古屋にはネイルサロンがほとんどなく

先生に東京のネイルサロンへの就職を勧められました。

 

 

まだ幼かった私は、

東京で就職し大都会で一人生活することに怖気付いてしまい

ネイリストになることを諦めてしまいました。

 

 

 

 

結局、某大手化粧品会社に入社

美容部員として接客、販売を経験

その後退社し結婚

 

 

転勤族で各地転々としながら

専業主婦として男女二人の子育てに専念

 

 

そんな生活が続く中、

ずっと心の奥に閉じ込めていた

ネイリストになりたいという思いが

再び湧いてきたのです。

 

 

 

 

そして、38才の時にようやく決心し

諦めることのできなかった夢を叶えるため

ネイルを学び始めました。

 

 

そして検定を受け、ネイリスト資格を取得

 

 

 

 

しかし、はじめの頃はネイリストとして

まだ経験も浅く未熟だったせいもあり、

お客様の悩みに寄り添うことよりも

施術をこなすことで精一杯でした。

 

 

そんな日々を過ごすうちに

このままではいけない。

 

私はしっかりひとりひとりのお客様に向き合い

満足していただけるサービスを提供したい。 

 

 

そして、

自分の仕事に誇りを持ちたい。

 

その自分の気持ちに気づくことができました。

 

 

そこから

私はそれを実現するために

自分お客様に絶対の自信を持ってオススメできる形で

施術をするために常にアンテナを張り

セミナーや講習に出向き、たくさん勉強しました。

 

 

お客様に満足していただきたい

ネイルで笑顔になっていただきたい

全てはその思いだけでした。

 

 

 

 

以前こんなことを感じていました。   

 

それはジェルネイルの『持ち』と『お客様の爪への負担』でした。

 

 

ジェルネイルは通常は3-4週間程度で付け替えをしますが、 

付け替えのたびに、爪表面のつや消しを行うため、 

少なからず少しずつ薄くなってしまうのです。

 

 

爪が丈夫な方であれば、

そこまで極端に薄くなることもないのですが、  

 

爪が薄くなってくると、 

ジェルネイルの持ちが次第悪くなってしまいます。

 

 

そうすると、来店の周期が早くなり、

爪表面のつや消しの頻度も多くなり、

 

更にどんどん薄くなってしまい、 

結果的にジェルネイルのお休みをしなくてはならなくなります。

 

 

そうすると、 

そのお休み期間は薄い爪で生活を過ごすことになり、 

割れてしまったり、裂けてしまったりと 

とても不自由な状態になってしまいます。

 

 

ネイルをして幸せな気持ちなって頂きたいのに 

爪を薄くしてしまい、お休み期間を設けなくてはならないことに 

当時は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

 

見た目だけの一時的なジェルネイルではなく

長期的にストレスなくネイルを楽しんでいただけるように

 

 

『爪に優しく、 

それでいて生活に不自由のない、 

綺麗な状態が続くジェルネイル』

 

そんなジェルネイルを提供したい思いで

プライベートサロン ココルを開業しました。

 

 

また、

日々忙しい中時間を割いてネイルをしに来てくださるお客様に

ただの施術提供の場ではなく、

 

安らぎと癒しの時間を過ごして頂き

リフレッシュしていただける、そんな空間を提供したいと思いました。

 

そのため当店では、1日3名様限定で予約を受け付けております。

 

 

実際に今ご来店いただいているお客様には 

『タイミングがずれて4週間過ぎても浮くことなく綺麗についていて嬉しい』 

『丁寧な施術でとても感謝しております』 

『ここは私のヒーリングサロンです。』

 

など、嬉しいお言葉をいただいております。

 

 

お客様が爪を見てニコニコな笑顔になって

お帰りいただけることが、 

私の最高の喜びです。

 

 

 

全ての女性が持っている美の中でも

 

爪は唯一、

 

『自分の目で見れる美』

 

 

だからこそ、 

見るたびにとても幸せな気持ちにさせてくれます。

 

 

私はネイリストとして 

これからもたくさんのお客様にネイルを通して

自信をもって頂き、 

毎日を明るく楽しく笑顔で過ごしていただける

お手伝いができたらと思っております。

 

 

まだ、ジェルをされたことがない方や

今のジェルネイルで爪が薄くなってしまったり、

持ちが悪くてお悩みがある方など

色々な方がいらっしゃると思いますが、

 

お客様に寄り添い、満足していただけるように

最善を尽くしたいと思っておりますので、

いつでもお気軽にご相談ください。

 

 

 

貴方様とお会いできることを、

 心より楽しみにしております。

 

 

 

最後までお読み頂き、

本当にありがとうございました。

 

 

プライベートサロン ココル    代表   浦隅百合香