いのちのふれあい授業in岸和田市立城東小学校 | NPO法人ここからKitからのお知らせ

NPO法人ここからKitからのお知らせ

南海岸和田駅徒歩1分ころころはうす内


テーマ:

今年も城東小学校よりご依頼があり、1月24日(木)・31日(木)と2週続けていのちのふれあい授業に

行ってきました。

 

1月24日(木)は辻由起子さんにより「自分も相手も大切にするってどういうこと?」とういう内容でお話をしていただきました。この日はあいにく、ご一緒できなかったのですが、いつも通りのパワフルゆきさんだったと思います。(以前に他の小学校での様子です

 

そして昨日、1月31日(木)に5~6時間目の授業に行ってきました。

5時間目は、浅田昌代さん(まーぴょん)の「生教育」のお話です。

みんなそれぞれ違うんだよ~っと話ははじまり、命の誕生までのDVDを観ながらの説明。

 

あかちゃんにとって成長する上での大事なこと・ものなどを子どもたちと会話をしながら確かめ合っていきます。

今回は、いじめについてのお話もありご自分での経験談を交えて、子どもたちに投げかけてみる時間もありました。

真剣に先生に聞きながら書いている子どもさんもいたり、とても良い時間だったと思います。

そして一番大事な、プライベートゾーンについても子どもたちにはしっかり伝わったと思います。

 

そして6時間目は赤ちゃんとのふれあい交流の時間です。

まず初めに、長谷川義文さんの「おへそのあな」の絵本の読み聞かせ。

(おへその穴から見えるのは、お兄ちゃん、お姉ちゃん、お父さん。みんな、赤ちゃんが生まれてくるのを待っています! 命の誕生を楽しく描いた絵本です。)

そして、子どもたちおまちかねの赤ちゃんとのふれあい交流♡

昨日は、初めてパパさんと赤ちゃんと、そしておばあちゃんとお孫ちゃんの二組でした。

パパさんも子どもたちへしっかりお話をしてくだっさり、とっても和やかな雰囲気でした。

 

途中で、ミルクの時間になったので、パパさんがミルクを飲ませていたので、

子どもたちにも体験してもらってもいいですか?っとお聞きすると「是非!」っと言ってくださったので初めての体験をしてもらいました。

ちょっとドキドキしながらの初体験♡

みんなが寄ってきたので、飲んでいたのに突然ビックリしたのか緊張してミルクを飲まなくなった赤ちゃんでした💦(ごめんね~)

パパさんからの子育ての様子や、お父さんとしての関わり方など、担任の先生のお話も子どもたちに聞いてもらって良かったです。「お父さんはな・・・産まれるまでは何もできんのやで・・・重いものをもってあげたりそんなことしかできんのや」などあったかいお話でした。

もう一人の1歳半のけんちゃんも「可愛い♡」っと女の子に遊んでもらったり、緊張せず、普段の様子で走りまわっていました。

最後の挨拶もおててでハイタッチ!してご機嫌でした。

 

 

NPO法人ここからKitさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス