一元性を味わうなら、二元性の地球は最高の環境 | 幸せ専門家☆モモ先生のBlog

幸せ専門家☆モモ先生のBlog

人生も愛も、もっと自由自在に創造するための叡智を具体的にお伝え★
引き寄せの法則、宇宙、ソウルメイト、天使などスピの実情を、理系リアリストの観点で綴ります。
パステルアート講座やシータヒーリングのセミナー・セッションも行っています。覗いてみてね!

みなさまこんばんは٩( *˙0˙*)۶




我々、何しに地球に生まれてきたんだっけ?


ってなったとき、
何かやりに来たから何かしないと!と思うのが二元性。
何かやってようがやってまいが、ただ在るということそのものが一元性。
(※ざっくり言うと一元性というのは無条件、二元性とは0か100かの二択のジャッジがある状態のこと)


何か生まれてきた意味があるから生まれてきたのではなく、
存在していることから意味が生まれてくる(創造される)。






二元性の世界では、ただ純粋でいるだけで叱られることもある。


例えば純粋に泣いたら、引かれた。

全力で楽しんでいただけなのに、怒られた。

幸せなことをシェアしたら、嫌われた。


これは、例えば
その場所では騒がない方がいいねとかっていうだけで
まるで純粋に気持ちを表現すること自体が頭ごなしに否定された………ような感覚を得た
というだけなのに、そのままそう思い込んでしまった。


つまり、純粋に在ること自体とは全くの別物。
否定されたのはBeじゃなくてDoの話というやつです。
(この例でついでに言えば「注意・しつけ・叱る」ことと「怒る・攻撃する」ことも全くの別物)



でもそれって、セーブすべきところを履き違えたまんまなわけです。
冷静に考えるとある意味危なくね?



「常識」とか
「世間的には」とか
「空気を読んで」とか…
そういうの、今こういう界隈でめ〜っちゃ嫌われてますけど笑い泣き

じゃあ何で、皆が自由にすれば完璧な世界(笑)にそんなのがあるのか?



在り方を輝かせて、守るためにあるんです。
美徳を活かし、自由に生きるためにある。


要は使いようですね!!!
中には変えなきゃ壊さなきゃ完璧になれない(5層チック)ものもありますが
全部がぜんぶ、二元性の世界だからといって二元的にしか生きられなかったり、その方法でしか何も起きないわけじゃない。



自由に生きるっていうのは
一元的も二元的も、どっちの良さも状況に応じて使い分けること、その判断。
だね!



え、地味だって???
二元性の白黒どっちか!バーン!みたいな派手さは分かりやすいから霞むように思えるかもしれないけど笑
一元性・無条件は、びっくりするほどシンプルかつ最もパワフルなんだぜラブ

ももさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス