実家を相続するにあたって相続税が発生することがわかってからは、
知り合いの税理士さんに相談(というよりすっかりお任せ)しています。
※高校の先輩なのです

 

先輩は、あれやこれやと節税対策をしてくださっています。
先日も「実際現地を見たい」と、実家にお越しくださいました。

「間口が広いくてきれいに四角い土地なのは良いことなんだけど、
 これだと土地の評価額は下がらないわね~あせる
と先輩。
何でも、間口が狭くて奥行のある‘ウナギの寝床’的な土地だったり、
形がいびつだったりすると、土地の評価額は下がるそうです。

「そう、間口は広いんですよねー。
 でも、正面の道路は幅が4メートル未満なので、建て替えるとしたら
 セットバックしなきゃならないんですって」
と私。

 

ちなみにセットバックとは…
 敷地前面の道路が4メートル未満の二項道路の場合、
 道路の中心線から2メートルの線まで道路の境界線を後退させること
 その部分は道路とみなされる

 

先輩は「あ、そうなのね」と言い、実家の周囲を写真に撮って帰られました。

 

そして数日後…
「セットバックの分は減額出来ますビックリマーク
 ちゃんと見に行って話を聞いて良かったニコニコ
とのご連絡が!!

 

 相続税は申告期限内に適切な財産評価を行い、
 特例を活用することで税額を少しでも安くすることが可能
と聞いたことがあるけど、本当なのですね。

 

やはり専門家にお任せして良かったドキドキ
と言うか、知り合いに専門家がいて良かったですニコニコ

 

読みに来て頂き、ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
お帰りの際にバナーをクリックして頂けると、大変嬉しいです。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村

当初「○円くらい」と言われていた額が、特例を活用したら、

4割くらい削減出来そう。

これって大きいです。