わかったこと

テーマ:
昨日はマミタスお別れの会に平日昼間、少しの期間の告知だったにも関わらず、沢山の関係者やファンの皆様に来ていただき感謝でいっぱいです。

昨日までは正直、マミタスの死を受け入れられず
信じらませんでした。今もでも現実なんだとは思いたくない、思えない気持ちもあります。

でも祭壇を見た時には胸が張り裂ける思いでした。

昨日はマミタスをくれた友人が来て話しを聞くことが出来ました。

マミタスは年取った野良猫のお母さんが産み、お母さんはわりと間もなく亡くなったそうです。

お母さんも野良だったのに太っていて、兄弟たちも成長したらみんな太って体型はマミタスにそっくりだったそうです。
その中でもマミタスと同じ柄の子も二年前十一歳で寝ている間に同じように亡くなったそうです、
やはり元気だったので、寝ていると思って起こしたら死んでいて

病院では寿命と言われたそうです。

マミタスは側にいたくて病院には死後連れていかませんでしたが、なんと言われたのか、

寿命だとしたら、
もっともっと一緒に過ごして可愛がってあげたかったです。

最愛の家族であるペットを亡くすと、
どんな形であれ、なにをしても、後悔や懺悔や言葉に出来ない思いがあります。

ただマミタスは間違いなく翔子に愛されまわりに愛され大切にされていたし、

マミタスも翔子の味方であり、精一杯の応援をしてくれていました。

いつかまた友人に詳しいマミタスファミリーの話を聞き、写真を見せてもらいたいです。

兄弟が先に天国にいたら、
そしてミルクバンがいたら
マミタスも淋しくないと思いました。

でも、まだ少しは大好きだった家にいて遊んでほしいです。

マミタス精一杯頑張って生きました。

マミタスありがとう。


AD

リブログ(2)

リブログ一覧を見る

コメント(13)