今日は、術後の補助化学療法 FOLFOXの12クール目、病院に行ってきました。

いよいよ最終クールに突入です。


今日は、早期採血サービス枠に入れず、抗がん剤の患者さん200名とのことでしたが、思ったより早く、13:00前には終わりました。


医者 内科の外来でのこと

診察室に入ったら、主治医のY先生じゃなく、かなり若い先生が座っていた。

そう言えば、「次回、僕は都合が悪いから、代わりの先生に頼んでおくから」と、前回Y先生にさらっと、言われたっけ。

忘れていた。

代理はN先生、見た感じまだ20代と思われる。

メガネをかけていて、おっとりとして穏やか、いかにも勉強ができそうな若者だ。

性格は良さそうだが、少し無表情で、覇気が足りないかな・・・

まぁ、僕の息子であってもおかしくない年頃、そういうものなのだろう。

パソコンの電子カルテ、キー入力の時、足が貧乏ゆすりのような動きをする。

タイピングのスピードは、Y先生よりは速いが、ブラインドタッチとしては指の動きが不自然でぎこちない。

最近の若者はスマホ世代で、キーボード入力は不慣れだと聞いたことがある。

自慢じゃあ無いが、SEを20年以上やってる僕の方が、よほど正確で速い。
勝った・・・( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

などと、優越感に浸っていたせいか、先生から何を説明されたかあまり覚えていない。

唯一、腫瘍マーカー CEAが上限値には達していないが3回連続上昇、前回3.7→今回4.2になったことを聞いてみたら、

『1.0~2.0ぐらいの範囲で変動するのは良くあることです。』

『上限値未満なら、誤差みたいなもの。気にしなくてよいです』

と、これまで何度も聞いた答えが返ってきたことは覚えている。

そうだ。その通りなのだ。

頭では理解できていても、どーしても気になって同じ質問をしてしまう。

気を付けよう。


次回の通院は、今月末。

採血あり、WOC外来に内科の外来。
そして退院して初めての外科の外来。
K先生、元気かな・・・
少し早いがポートのフラッシュもする。
濃厚な1日になりそうだ。


外来を出て、通院治療センターに移動。

2時間半の点滴のあと、お持ち帰りの5-FUのボトルを首からぶら下げて終了。

抗がん剤を受けるのはこれで最後にする、もう二度とここには戻ってこない!

そう思いながら通院治療センターをあとにする。


 帰りの電車の中

今日はめずらしく、音楽を聴きながら電車に乗った。

吉田拓郎『今日までそして明日から』が流れてきた♪


私は今日まで生きてみました

時には誰かの力を借りて

時には誰かにしがみついて

私は今日まで生きてみました

そして今私は思っています

明日からもこうして生きてゆくだろうと



たくさんの人の力を借りて、何かにしがみついて、これからも生きていこうと思う。


血液検査の結果です矢印

腫瘍マーカー 上限値 CEA=5.0、CA19/9=37.0
回数日付CEA  CA19/9
12014/12/252.121.4
22015/01/072.516.1
32015/01/222.715.8
42015/02/052.916.1
52015/02/192.616.0
62015/03/052.716.2
72015/03/263.216.9
82015/04/092.816.5
92015/04/232.816.1
102015/05/073.215.7
112015/05/213.715.4
122015/06/044.216.1

白血球(好中球)
下限値=12.0 ×100/μl
回数日付 #NEUTRO
12014/12/2522.5
22015/01/0733.5
32015/01/2223.8
42015/02/0521.9
52015/02/1912.3
62015/03/0519.5
72015/03/2615.8
82015/04/0925.1
92015/04/2322.3
102015/05/0726.5
112015/05/2121.6
122015/06/0428.8