お世話になります、cocchi-koiの今村です。
中舘くんが「更新遅れてごめんなさい」を壮大に描いておりましたが、それよか更にごめんなさい。


前回の更新があってから、色々なことがありました。
ゲストを含めて決起会、顔合わせや、今一度聖地を巡ったり。
あとは各々の企画を詰める、と。


さて。
「けいおん! ファンブック」を作るにあたり、改めてけいおん! を見返したり、向き合ったりしています。


cocchi-koiは、けいおん! 好きが話し相手を求めて集まったことがきっかけで出来たサークルですので、今回の企画は我々のサークルの原点回帰と言えるものです。

思えば僕は、放課後ティータイムの関係性、彼女らが集まった時に醸し出すグルーヴというか、演奏している時ではなく、おしゃべりをしている時、日常にすごしている時の感じ、を、サークルで求めていたように思います。


サークルが始まってからの3年間、僕は
『常に日本×コートジボアール戦の日本状態』
でして、僕の中の香川はすっかり存在感を失うわ、僕の中のザックはようわからん弱気な戦略を出すわ、で、しょんぼりすることが多かったのだけど、
このcocchi-koiでの作品創作が、言うなればなんだかんだで本田となっていたのでした。


僕が高校生の頃に熱心に聴いていた『ナンバーガール』というバンドが今年で15周年という事で、当時を振り返るラジオだとか、解散後初めてメンバー同士が対談したりだとか、にわかに活気づいていて、
それらを聴いたり読んだりしているうちに、僕も、けいおん! みたいなもんでは全然なかったけれど、当時のことを思い出したりして、心がほぐれてくる感じがしています。
やったるぜ、という気持ちが蘇ってきています。


で、なんだ、ああ、そうか、と。
疲弊していく毎日の中で、青春を繋いでくれたのが、けいおん! だったのか、と。

いろんなタイミングが合わさって、僕自身も元気、やる気を取り戻しつつあります。
すごいぜ。やるぜ。素敵なファンブック作るぜ。


だけど、

夏コミ、落選しました。

どーん……
初めて落ちました。
ショックなものですね……


しかし、ここで計画がとん挫することはございません。
ファンブックは完成させます。
そして、委託、という形で、みなさまのお手元に届くように、色々と画策させて頂きます。


詳細は、追ってお知らせさせて頂きます。
なんだかんだで、今年も夏があついです。


やっとブログ一周、次からは、具体的な話に入っていけますかね。
今年もお付き合い、なにとぞよろしくお願い致します。