バッテリーの突然死について | パサバリ天国

パサバリ天国

パサートヴァリアント、B8購入!
こうなったら、10年は乗っちゃうぜー
いや、乗り続けられるよう、頑張ります!
エンジョイ!あるのみ!

MY17とMY18の差がもう一つ。


これ、マニュアルモードでの表示。
おいらの1.4TSIにはMは出なかった。
単なる数字しか出ない。
まっどうでもいいですけど。
あっ、TSIとデジタルメーターのデザイン(色調)も違いますね。これは、VCDSでもしかして変更可能かもしれません。

そもそも、デザイン調を変えられるってこそデジタル表示のメリットの一つなんだから、それくらい自由に変えられるUIメニューを用意して欲しいです。
volvoだって確か変えられたはず。

さて、
バッテリー突然死について。
この件に触れずして、パサバリ1.4にけじめをつける事は出来ません。

まず、突然死を二つの要因に分ける必要があります。

一つは、バッテリー上がり
そしてもう一つが、バッテリー寿命

バッテリー上がりは、室内灯ずーとつけてたとか、ほとんど乗らずに放置してたとかで、単純に放電しきって電圧が下がってしまったもの。
なので、充電すれば復活します。
※ただし、放電仕切ると電池劣化につながるそうで、結果短命のなります。

問題は、後者。これ私のケース。
寿命は、蓄電能力の低下で要は電池容量が劣化してしまうんです。
良く知りませんが、今時のバッテリーは、カルシウムタイプのバッテリーで言ってみれば、最後まで使い切れる高性能タイプ。
※ソースはこちら

詳しく調べて無いですが、私たちのバッテリーもこれかと。
それで、このグラフが示している様に、ある時を境に急激に劣化するんだそうです。
この様に。
これが突然死です。

そんで、
予兆はあった!

後から考えると、予兆は3つありました。
1、エンジン始動時、エンジン音が強弱が目立ってた様に思う ※ 7月初旬頃

2、バッテリーテスターのSOHが70%を切った時があった。※写真参照

3、お盆後、バッテリー充電が40%のまま満充電にならなかった


この3つのうち、2と3の客観的事象で気づくべきでした。

過充電もあった?
これ、そうだとしたら私のミス。
お盆後、遠出後、マイパサの充電を夏の昼間にやったりして。
突然死の日、バッテリーから異臭がしてたのも過充電が原因かと。バッテリーは、熱さにも弱いので、良かれと思った事が裏目に出たか?とも思ってしまいます。
ただしこれは、今となっては、絶対そうだとも違うとも言えませんが。

もしかして、脱落もあったのか?
私の場合、本当に急激に劣化したので電極の一部脱落もあったのでは?とも思います。
※説明はこちらをどうぞ

という事で、今までサルフェーションばかり、気にしてましたが、過充電や温度という事に気を配りながら、パルス充電を定期的に行っていきたいと思います。

ちなみに、9/8に測定した、オルトラのバッテリー。



すっげー、
当面補充電要らん。

ジャンプスターターバッテリー
納車当日は、営業担当さんの私物を借りたんですが、これが無いと最後は動かんかった。

わざわざ、私物を貸してくださった営業担当のSさんには本当に感謝です!

で、お返しする時にそのジャンプスターターのスペックを写真で撮ったのですが、iPhoneが初期化してしまい、その時の写真残って無いので記憶を頼りに書き留めると、

・6000mAhだったと思う
これは容量です。これが高いと出来る回数が多くなります。

・300A(ピーク電流)だったと思う
これで一発始動でした!

なので、最低こんなのでええのでは?


1、劣化の予兆を見逃すな!
   SOH70%割れは超危険!と思う

2、バッテリーテスターは必需品
  ariで2〜4000円前後で売ってます。
  車の体温計だと思って購入しましょう!
  CCAとSOHは測れるものを!

3、ジャンプスターターは必需品!
  と言っておきながら、まだ買って無いのですが、私も買います!いずれ。

そうそう、皆さま、
決して荷室(ラゲッジルーム)に仕舞わない様に!
バッテリー上がったら、リアゲート開かないので!

4、寿命対策を!
でもこれだけじゃ寿命は長くならないので、サルフェーション対策は各自検討しましょう?

ちなみに、アイドリングストップのキャンセルも地味ですがかなり効果あるとの事

結局、ガソリン車も電気自動車って事です。

三連休は、お天気全滅みたいですねー
メンテ出来ないのかー
残念!

それではー

アディオス!