パサバリ・クロージング 最終章 | パサバリ天国

パサバリ天国

パサートヴァリアント、B8購入!
こうなったら、10年は乗っちゃうぜー
いや、乗り続けられるよう、頑張ります!
エンジョイ!あるのみ!

今回は、長編!

「私、パサート(VW)降ります!」
一連のブログで宣言した私ですが、
これ、結構マジです。

今のライフワークにはまさにVW車は私に最高にフィットする車です。
ところで、このオルトラ、7年は乗るつもりです。
最後の内燃機関をVWのディーゼル4motionの傑作車で終われる事は最高の幸せです。

という事で、正しく書くと、
「私、パサート(VW)降ります!(7年後)

逆に言うと7年は降りない(降りられない)とも言いますが。

さて、8月も最終週にやっと乗り換えが決まったわけですが、残債処理が前回までのストーリーの通りスッタモンダで手続きも遅れ、登録自体は8月中なんですが、納車日は9月にズレ込む状況でその時は納車日は未定でした。

でも、個人的には下取り予定車であるマイパサTSIを乗り回すリスクから早く解放されたいと思っていました。

◆時は8/30の夜◆
いつもより早く帰宅しました。
後で考えると胸騒ぎだったのか。

その翌日は、家族を羽生市までマイパサで送る予定がありまして、目的の場所は初めて行くところ。

「一応、ナビセットしてどれくらい時間がかかりそうか見てみるよ」

そう言い残し、いつもの様にマイパサに乗り込み、ナビを立ち上げるべく、エンジンをかけると、
デジタルメーターが点滅してエンジンがかかりません。

「んっ?」
(ちょっと胸のざわめき)

もう一度。

ありー?おんなじ。かかりません。
(2回目の失敗で血の気引く)

直ぐに、バッテリーか?と思いました。
よく見ると室内灯もつかない。

ラゲッジルームに置いてあるバッテリーテスターで確かめようと、リアゲートを開けようVWリアエンブレムを傾けると、
なんと、リアゲートも半分開かぬうちにストップ。
取り出せません。

「これはアカン!」

家に戻り、充電器を手に車に戻りボンネットを開け、バッテリーに繋ぐと、

えぇー!!10.4V!

「う、嘘、完全に死んでる」

急遽充電器を、死んだバッテリーを復活させるリフレッシュモードにして、家族に伝えます。

「明日は、車で送れない」

家族もようやく事の重要さをわかったみたい。
ワイフからは、
(定期的充電してんじゃなかったのー?)
声にこそ出してませんが、心の糾弾がビシバシ伝わって来ます。

30分後、リフレッシュ充電でようやくリアゲートも動き閉められる様になりましたが、室内灯はやはりつかない(だったと思う)

緊急ひとり作戦会議
なぜ、こんな事になったか皆目見当もつかない。
見当つかないが、なんとかせねば。

Dでの交換などもってのほか。約5万円!
もう少しでオルトラ納車だってのに。
ここで、マイパサに追加資金を投入するのは明らかに痛すぎる。
なんで今やねん!

アマゾンでバッテリー購入か?
いやいや、PRIMEでも2日後配送か。それまでに完全にバッテリーイカレるだろ。じゃネット購入&D持ち込みは無理か。
それじゃジャンプスターター買ってしのぐ?
それもリスク大きいし。

どーしても、今バッテリー買いたくない。
でも、DIY、Dでの作業にせよバッテリー交換は必至だぞこりゃ。

明日の家族の用事は電車とタクシーになりそう。

いや明日の送り迎えどころか、バッテリー交換しない限り車は当面使えないなぁ。

どーする?

出した結論

超冷静に考えた結論としては、
「明日、Dでバッテリー交換」
でした。
結局、何のリスクを最小限にしたかと言うと、
・下取予定車の価値を下げない
です。

DIY交換時に勝手な事をして余計なダメージを与える事の方がバッテリー交換費用より遥かに大事と踏んだのです。
そして何よりも、Dで頼めば交換中に代車を借りて家族を予定通り送迎も出来るし、その日のうちにマイパサも乗れる様になるでしょう。

※バッテリーの考察は、また別途したいと思います


◆迎えた8/31の朝◆
夜中3時間くらい充電続けましたが、満充電にならないばかりかバッテリー加熱もあり安全の為に中断。

朝一で、Dへ出発です。
なんとかエンジンはかかりました。
すぐにアイドリングストップキャンセル。

一度エンジンかかれば、5kmも無いところにDがあるのでそんなに心配無いですが、嫌なので、ライトオフ、エアコンもナビもオフ。
そして、いつもと違うルートで行きました。
それは、
踏切を一切通らない
です。

路上のエンストは超迷惑をかけるだけ?ですが、踏切内のエンストは命に関わるからです。

神対応
Dに着くなり、アポ無しですが営業担当のSさんに事情を話し、
「バッテリーは覚悟するから、代車おねがい!」
Sさん、代車確認し戻って来て開口一番、
「代車は生憎ありません!」
(マジかー)
「ぱさぼーさん、今日か明日に納車しましょうか?」
 「がんばって準備します。
エンジンかかるなら、そのままマイパサで行けますよ。私のジャンプスターターバッテリー貸しますよ」
えぇー、今日か明日納車か!
でもマイパサで行けるのか?
羽生市へは、往復80km弱。
うーむ、
「何かあったら電話下さい!エンジンかかればエアコンだって大丈夫!」
まぁ、選択肢は無さそう。

この営業さんの一言で、勇気を出してマイパサで家族を送り、なんとか無事、家に帰着。
バッテリーテスターで確認すると、
SOHが10%。即死状態です。
おそらくガスも発生してるのでしょう。
異臭が凄く、バッテリーも熱いぞ!
危険だなコリャ。
また夜、羽生市に迎えに行くのは無理!
という事で17時の納車に決定。

マイパサから、家の積んであるモノ全て降ろし、いざDに出発しようとすると、案の上エンジンかからん。
借りた、ジャンプスターターをセットし、再トライ!

一発でエンジン始動!
これが無かったらDに行けませんでしたー!

そんで、Dにて最終サインをして晴れてオールトラック を我が家に迎えたのでした。
もちろん、今度はオルトラで家族を迎えに行きました!



以上が、オルトラ納車までのストーリーです。

事実は小説よりも奇なり
今回は本当に神さまに、遊ばれたなぁって思ってます。マイパサ、拗ねたかな、なんて思ったり。

そして、
信じて願った事は実現する!
※結果幸せに繋がるかは別

そうして、この8/31のブログとなったわけです。
※8,434kmで納車!

やーっと、オルトラ天国の始まりです!

パサート仲間のみなさん、おそらく私がB8最長老になるのではと思いますが、これからもよろしくお願いします!

アディオス!