WebマガジンCobalt更新。大人気!三浦しをん「小説を書くためのプチアドバイス」更新 | コバルト編集部ブログ

コバルト編集部ブログ

コバルト文庫の最新情報をお知らせします!!


テーマ:

みなさま、ご機嫌うるわしゅう。

先週発表になった、第195回短編小説新人賞の選考結果は、もうご覧いただけましたか?
三浦しをん先生+編集部一同が参加する選考会では、毎回熱い議論が飛び交い、僅差で入選作が決まることもしばしば。各作品の選評には、「書きたい」みなさまにはどなたにも参考にしていただきたいアドバイスがちりばめられています。

また、今週は、「短編小説新人賞」から派生した三浦しをん先生の小説講座連載「小説を書くためのプチアドバイスby三浦しをん」を更新しております。読んで楽しい、参考になるポイント目白押し、珠玉のアドバイスは今回も要チェックですよ!


WebマガジンCobalt、まずは今週の小説更新内容をご案内いたします。


    
>今週の更新小説

赤川次郎 『吸血鬼に鐘は鳴る』

 

瀬川貴次 『わたしのお人形』NEW

 

仲村つばき 『ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子』


コバルト文庫を代表するロングセラー・ミステリー、赤川次郎『吸血鬼はお年ごろ』シリーズ最新作、『吸血鬼に鐘は鳴る』 連載第2回を更新いたしました。
出張でドイツの田舎町へやってきたクロロックとエリカの吸血鬼父娘に、突然日本語で話しかけてきた修道女、アンヌ・マリー。彼女は、5年前に芸能界から姿を消した女優・光田麻里だった。元女優が、なぜこんなところで修道女に? どうやらそれには、人に話したくない事情があるようで――。エリカとクロロックは、光田麻里が姿を消した時、世間を騒がせたある「事件」を思い出して……?


コバルト作家の文庫未収録作品をご紹介する「コバルトクラシックス」に、瀬川貴次『わたしのお人形』が前後編で登場しました!
祖母から譲り受けたアンティークのビスクドールが「マリアンヌ」が大好きな大学生のゆかり。マリアンヌをメンテナンスに出し、寂しい毎日を送っていたところ、のっぴきならない事情で引っ越しをすることに。しかも、新居の天袋から、古びた不気味な市松人形を発見して…?


2017年発売のコバルト文庫、仲村つばきの『ひみつの小説家の偽装結婚 恋の始まりは遺言状!?』は、好評につき電子オリジナル8月刊でスピンオフ続刊決定! シリーズ第2弾『ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子』の先行試し読み連載 、第3回を更新しました!
賞レースに敗れて以来、作品づくりに迷走しているフレデリカ。純文学風の新作は担当編集者のカートにダメ出しをされ、これまで通りエンターテインメントに振った原稿を仕上げたが、カートからは「新聞連載の話をまとめるから、一年待ってください」と言われてしまう。フレデリカがついに編集部でかんしゃくを起こしたところに、なぜかティボンヌ社の御曹司・アルテがあらわれた。人気作家「グラ―ル」の正体が女性であることは、決して知られてはならないのだが!?




>プロの書き手を目指す人必読!
>「小説を書くためのプチアドバイス

>by三浦しをん」更新!

短編小説新人賞の選者を務めるベストセラー作家・三浦しをんの「小説づくりのお作法」を凝縮した人気連載「小説を書くためのプチアドバイス by三浦しをん」、最新第14回が本日公開されました!
今回のテーマは、「小説を書くための『取材』の方法」。実在する職業を題材にした小説を書く時に欠かせない取材。作品にリアリティを出すためには欠かせないものですが、ツテがまったくないゼロの状態から、いったいどうやって取材をすれば……? 三浦しをん先生の取材経験から導き出されたのは「3つのポイント」。プロの書き手を目指して作品の完成度を上げたい方、今回も必読ですよ!

 


→「小説を書くためのプチアドバイス by三浦しをん」はこちら

 

 

 

>桑原水菜書き下ろし

>「復活『炎の蜃気楼』紀行」ついに最終回!

 

28年にわたって読者を魅了し続けた『炎の蜃気楼』シリーズは、明日からスタートする舞台「炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース」公演をもって、いよいよ真のピリオドとなります。公演に先立って、桑原水菜先生がミラージュゆかりの地・上越を再訪し、書き下ろしたフォトエッセイ「復活『炎の蜃気楼』紀行 いま再びの上越編」も、ついに最終回を迎えます。桑原先生が今回の旅で最後に訪れたのは、やはりあの場所でした――。

シリーズが環結したいま、桑原先生の目に再び映る上越の地は

 

→「復活『炎の蜃気楼』紀行 いま再びの上越編」はこちら!

 

 

 

>コバルト文庫8月刊
>好評発売中です!


コバルト文庫8月刊は、好評発売中!

『ドM侍女と亡国の王子(笑) 
 不憫で自由な大団円!

秋杜フユ イラスト/サカノ景子

 

『招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 

 ガーランド王国秘話

久賀理世 イラスト/ねぎしきょうこ

 

『真珠姫の再婚』

高山ちあき イラスト/白谷ゆう


いずれのタイトルも、WMCで冒頭部分を試し読みできます。

そしてさらに、全国のコバルト応援団書店「ウルンジャー書店」で新刊おすすめタイトルを購入すると、特典ペーパーがもらえます。

配布書店一覧はこちらからご確認いただけます。
お近くの応援団書店を探してくださいね!
 
8月刊では
 
秋杜フユ 『ドM侍女と亡国の王子(笑) 不憫で自由な大団円!』

の特典ペーパーがもらえます!
ぜひチェックしてくださいませ。

→コバルト文庫最新刊情報はこちら

 

 

 

>第195回短編小説新人賞
>選考結果が発表中です!


2018年4月10日締め切りの第195回短編小説新人賞には、総数248通の応募作が寄せられました。その選考結果を、ただいまWMCで発表中。最終選考作を含めた合計4作品と、編集部によるくわしい選評を公開しています。

三浦しをん先生と編集部による選評には、「かきたい」方ならどなたでも参考にしてもらいたい「小説づくり」のヒントがちりばめられていますので、プロを目指す方は必見です! 
三浦しをん先生による人気小説講座「小説を書くためのプチアドバイス by三浦しをん」も、本日更新! こちらのチェックもお忘れなく!


→第195回短編小説新人賞 選考結果発表ページはこちら!



>ついにシリーズ完結!
>『ひきこもり』シリーズ特集を更新!


変わり種カップルたちの恋物語を描いて大人気の秋杜フユの「ひきこもり」シリーズは、最新刊『ドM侍女と亡国の王子(笑) 不憫で自由な大団円!』でついにシリーズ完結! 

WMCでは公開中のシリーズ特集に完結巻情報を追加して更新。

さらに、完結記念特別企画として「『ひきこもり』シリーズ名ゼリフ☆コレクション」も公開しています! 
特集では、シリーズ全体の人間関係をまるごと紹介しています。

最新刊が気になる方にも、シリーズが完結した今、一気読みしよう!と思っている方にもおすすめです。

→ついに完結! 大人気「ひきこもり」シリーズ特集はこちらから



>魅力溢れる上位作が勢揃い
>『コバルト・イラスト大賞ギャラリー』オープン!


2016年のWebマガジンCobalt開設以来、8回に渡り開催されたコバルト・イラスト大賞は、2018年7月末の第67回締め切りをもって、パワーアップのためのリニューアル期間に入りました

本日、これまで上位に入った作品を一堂に会し、その魅力を皆様にお伝えする『コバルト・イラスト大賞ギャラリー』を開設! 各回で入選・佳作あと一息に入った受賞作はもちろん、受賞後の各投稿者から寄せられた新作イラストもご紹介しています(一部)。各投稿者の個人サイトへのリンクも設置しています。気になる描き手さんがいる方は、ぜひチェックしてみては?

→『コバルト・イラスト大賞ギャラリー』はこちら
 

 

 

>公演初日、迫る!
>舞台『炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース』
>キャストスペシャルインタビュー公開中!!


舞台『炎の蜃気楼昭和編』、5作目となる『散華行ブルース』の公演が近づいています。『炎の蜃気楼』の歴史に真のピリオドを打つこの舞台、公演が刻一刻と近づく今、出演するキャストさんから届いた熱いコメントをご紹介する特設ページを公開中! 

桑原先生からの想いが籠もったコメントもお届けしています。

 


→舞台『炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース』キャストスペシャルインタビューはこちら

 

 

 

>eコバルト文庫電子オリジナル作品
>7月刊好評配信中!


コバルト文庫の電子書籍レーベル「eコバルト文庫」では、電子書籍版でのみ読める「電子オリジナル作品」の配信をスタートしました。
毎月最終金曜に最新刊を配信。
ただいま、7月刊2タイトルを好評配信中です。

7月の電子オリジナル作品は、こちらの2タイトルとなります。

 


『【電子オリジナル】薔薇の純情2 赤き疵痕は偽りの花嫁』
響野夏菜 イラスト/椋本夏夜


『【電子オリジナル】聖霊狩り 妖魅の書』
瀬川貴次 イラスト/星野和夏子


WMCの「コバルト文庫最新刊情報」のコーナーでは、次回8月刊の電子オリジナル作品のタイトル情報も公開しております。こちらもぜひご覧ください。

→eコバルト文庫【電子オリジナル作品】最新刊情報はこちら



>『IT社長イケガミコフの脚本賞』
>6週連続結果発表、第3回を更新!


デジタルマーケティング企業「サクラス」のIT社長、イケガミコフこと池上真之氏がこの春募集した『IT社長イケガミコフの脚本賞』の選考結果は、ただいま6週連続で発表中です。

「告白」をテーマにしたすべての応募脚本にイケガミコフと編集部が目を通した、選考した中から、イケガミコフの会社「サクラス」で働く大学生たちが良いと思った作品を6本選出しました。

選考結果は、毎週1本ずつ動画とともに発表中! 

本日、第3作目の受賞作を発表いたしました。今回も、脚本+動画をセットでお届けしております。投稿者のみなさまはぜひチェックを!

→『IT社長イケガミコフの脚本賞』選考結果はこちら

 

 

 

>ホラー好きよ集え!

>『ホラー好き編集Hが独断と偏見で決める
>ホラー小説短編賞リターンズ』応募受付中!

 

コバルト編集部きってのホラー好き編集Hが、2016年夏に主催し、大きな反響を読んだ投稿企画『ホラー好き編集Hが独断と偏見で決める ホラー小説短編賞』が、満を持して復活! 『ホラー好き編集Hが独断と偏見で決める ホラー小説短編賞リターンズ』として、応募受付中です。ホラー作品であれば、ジャンルは何でもOK! あなたも、2018年夏の最恐小説を書いてみませんか?

 

→『ホラー好き編集Hが独断と偏見で決める ホラー小説短編賞』
応募要項はこちら

 

 

 

>こちらも応募受付中!

>『編集(て)の「権力者の犬」小説賞』

『妄想バブル小説賞』の選考結果発表から1週間、編集(て)から「書きたい」みなさまへ愛の千本ノック!? 新たなお題をひっさげ、本日より『編集(て)の「権力者の犬」小説賞』応募受付中です。お題はタイトルそのまんま「権力者の犬」がテーマの小説です。ちなみに、テーマは字面通りに受け取らなくてOK。みなさまの自由な解釈で書かれた作品をお待ちしています!

 


→『編集(て)の「権力者の犬」小説賞』応募要項ページはこちら
 

 

 

 

編集部おすすめのコバルト文庫を大量試し読み!
>8月のピックアップ文庫

 

コバルト文庫の新作だけをチェックするのでは飽きたらないあなたに。編集部からのオススメ既刊作品をご紹介する「ピックアップ文庫」では、月替わりのテーマに合わせて編集部が選んだオススメタイトルを、100ページの大ボリュームで試し読みできます!

8月は、テーマ「がんばる男子!」で高山ちあき・響野夏菜・瀬川貴次の既刊3作品をご紹介しています。

いずれもeコバルト文庫から電子版配信中。試し読みで続きが気になった方は、ぜひ配信版もチェックしてください。


→「今月のピックアップ文庫」はこちら

 

 
>大好評、2018年度ひめくり企画は

>厨二心を刺激する『漢字ドリル』!

WebマガジンCobalt、2018年度のひめくり企画は、

太宰治とうどんをこよなく愛する漫画家・片陸遼介による

『厨二(ちゅうに)のための漢字ドリル』

 

あなたの中に眠る「厨二心」を刺激する珠玉の漢字書き取りドリル「読めても書けない!」「この漢字難しすぎ!」と、日々注目を集めています。毎日挑戦すれば、あなたの語彙力は飛躍的にアップすること間違いなし。忙しい毎日のちょっとした息抜きを兼ねて、ぜひ挑戦してみてください。

 


→『厨二のための漢字ドリル』はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


WebマガジンCobalt、リンクはこちらから!

 

 

 

 

 

【次回更新予告】

 

WebマガジンCobaltは、毎週金曜日更新。

次回は8月17日(金)の更新となります。

 

>次回の更新予定

 
赤川次郎 / 野梨原花南 / 瀬川貴次 / 仲村つばき

来週は、WMCの連載が大反響を呼んだ野梨原花南『ちょー東ゥ京』スピンオフが登場! 赤川次郎のロングセラーミステリー『吸血鬼はお年ごろ』シリーズ最新作『吸血鬼に鐘は鳴る』、電子オリジナル作品8月刊の試し読み連載、仲村つばき『ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子』、瀬川貴次『わたしのお人形』も更新されます!

次回も、どうぞお見逃しなく!

コバルト編集部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス