コーチング1大阪校 授業の様子 | コーチング1グループ大阪 発達障害ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

コーチング1グループ大阪 発達障害ブログ

LD、ADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関するブログです。

こんにちは、今回からコーチング1大阪校で
実際に行った授業の様子をご紹介しますニコニコ
 

名前:Hさん

学年:小学4年生

特性:年齢の割に使う言葉が幼い。

表現が一方的で、思ったことをつい口に出してしまう。

基本的な法則性を理解する力や要点をつかむ力が弱い。

衝動性が強く、多動(手遊びやそわそわ)も目立つ。

気が散りやすく集中力が持続しない。



教科:国語

授業内容:今回は中学受験対策向けの国語の問題集を使用して、

物語文と説明文を1題ずつ解いていきました。

工夫点:Hさんは物語文では登場人物の1人に感情移入してしまうことが多く、

そのせいで他の人の考えや状況を見失ってしまうことがあります。
そこで、なるべく客観的に読むように指導しました。

また、見方が偏ってしまっている時には、他の登場人物の状況を尋ねるなどして、

気持ちが入りすぎないよう工夫しました。

説明文では、段落ごとに読むことと、問題文で質問されている内容が

文章のどの段落にあるのかを探す練習を行いました。

 

物語文については、まだ客観的に読むことに慣れていない様子でしたが、

説明文の方は少しずつ要領を掴んでくれたようで、

最後には一人でも解き進められるようになってくれました。



コーチング1ではこのように、お子様の特性に合わせた
指導方法を行っています。
お子様に最適な指導方法がわからない...とお悩みの方は、
是非一度体験学習にいらしてくださいほっこり

 

>>>お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで<<<