北京オリンピックもたけなわですね~♪



私は体操競技を見るのが好きです。
というのは、子どもの頃、体操競技でオリンピックを目指していたからです。

女子体操は、男子と違って4種目です。
床、跳馬、段違い平行棒、平均台。

一番得意だったのは、段違い平行棒。
そして、一番苦手だったのは 平均台でした。

平均台は高さ1メートル20センチ、幅10センチの台の上で演技をします。
片足しか乗らない狭さです。

その上で、宙返りなどをするのですが、実際にその高さで技を練習する前に、床の上で、徹底的にやります。

同じぐらいの幅の上で、出来るようになるまで、徹底的に練習して、大丈夫!という自信がでるまで練習するのです。

それが出来たら、それほど高くない平均台の上でやります。
徐々に高さをあげていくのです。

最終的に、1.2メートルの高さのうえでやるのですが、下には安全のためにセーフティマットを敷いてあります。補助もつきます

身体で覚えるまで、徹底的に練習すれば、1.2メートルの高さでマットなし、補助なしでもできるようになります。
低い平均台で、ピタッと決まれば、理論的には高い平均台でもうまく行くはずなんですよね。

ところが… 実際にそうは行かないのです。

なぜか…

実際に平均台の上に乗ったことのある方なら、お分かりになると思いますが、高さ1.2メートル、幅10センチというのはどんなものか…

しかも、その上に立つと目線は3メートルほどの高さになります。



怖いです。気持ちを許すと止め処も無く不安と恐怖が襲ってきます

うまく行くのだろうか。
もしかしたら… と考えてしまう。
落ち方によっては大怪我につながります。

考えれば考えるほど、そういったことが次から次へと出てきます
今まで出来てたんだから大丈夫!といくら自分に言い聞かせても、恐怖や不安が湧いてきます。

しかも、以前にそういう経験をしたことがあるなら、なおのことです。

心と身体は一体である と、よく言われますね。
NLPでは、まず最初に学ぶことのひとつです。

恐怖心が出ると、無意識に体が緊張します。
余計な力が入ります。その結果、技がピタッと決まらない。
あるいは、本当に落下してしまうのです。

そういう時は 無になること。
余計なことは考えない。
恐怖から 意識の焦点をずらす。

そして、とにかくやる! 
そう、度胸です。
するとうまく行くのです。

人生でも同じようなことがいえるなぁと思います。
十分、やれる力があるにもかかわらず、自分を信じられないときは、怖くて前に進めない。余計なことを考えすぎてしまう
頑張ったとしても、本来の力が発揮できないことも多いですね。

体操も人生も、最後は自分との戦いですね。
恐怖に打ち勝ち、自分の力を信じることで、技は確実なものになります。
そうなると、自信がつきます。

出来て当たり前。という意識に変化してくるのです。
その繰り返しによって、最終的に、大きな技をやりこなすことが出来るようになる。

自分の力を信じる心と信じられない心。
いつも、この二つの戦いでした。

未知のことに挑戦するとき、不安や恐れの無い人なんていないと思います。

「勇気のある人」というのは不安や恐れが無い人のことではなく、そういう自分を認めつつ、それでも前に進める人なんだろうなぁと。
それが、さらなる自信、自己信頼、成長へとつながるんだろうなぁと、昔のことを思い出しながら、オリンピックを観戦しています



NLP体験講座(大阪)
NLP資格認定コース(10月開催)はこちら