*パーソナルコーチのための、お悩み相談室*

「職業」「専門家」として、パーソナルコーチを目指す方を、応援する【パーソナルコーチのお悩み相談室】です。

仕事としてコーチを目指す方。
コーチングを使ってみるけど、今ひとつ上手くいかない方。
スキルから、集客まで、ちょっとしたコツを伝えていきます。


テーマ:
コーチング解体新書の実験室

 -あなたのコーチングの「可能性の枠を広げる」1日にしよう-



<<コーチング業界で最もネイティブコーチと言われるお一人 

  マスターコーチ 井原くみ子氏を、フカヨミスト 三井紀代子 が解説します!!>>



■ゲスト■ 井原 くみ子 コーチ

■講 師■ 三井 紀代子

■日 時■ 2014年6月28日(土曜日) 

       13:15~17:50(受付開始13:00~ )

■場 所■ JR 田町駅(山手線、京浜東北線)近郊(お申込後にお知らせ致します)

■定 員■ 先着20名

■参加費■ 7,500円(銀行振込)(Part2↓でのネタを提供してくれる方は参加費500円引き)



■内 容■ 

 ・電話やスカイプなど遠隔でコーチングを行うことが多いCTP系コーチにとって、

  電話で体感ワークをどうやって実施しているのか?

 ・日常の会話でのコーチングっぽいのにうまくいかない会話、なんとなくうまく行かない人、はどんなことをやっているのか?

 ・コーチの質問の言語はどれくらい必要なのか?

  プレゼンスでどこまでコーチングできて、どんな機能の仕方をしているのか?



 後にも先にも見ることはないと思う、貴重な実験の機会です。



      【お申込はこちらからもできます】



-------



コーチング解体新書、今回は「実験室」です。



ハッキリ言って、「ネイティブコーチとは、何を見て何をしているのか?に興味を持ち、

コーチングをとことん追求していきたい」あなた向けです。

コーチングの更なる可能性と、クライアントサポート力を高めたいあなたなら、ワクワクせずにいられないでしょう。



私の名前は、多賀恵子です。

私もコーチングを追求したい一人であり、コーチング解体新書の追っかけです。



あなたは、こんな話をきいたことがありませんか? 

“野球の天才には、野球を教えることができない” 

つまり、あまりにも自然にできてしまっているために、自分が何をどうやってうまくやっているのか、説明ができない。

だから、真似をしたり、学びとったりするが難しい。という話です。



コーチにも、同じことが言えます。

ネイティブコーチ(何も考えず自然に振る舞って、効果が出てしまうコーチングができる)だからこそ、自分がやっていることをうまく解説できない、何をやっているのかわからない。

だから、真似することや、学ぶことのハードルが高いのです。



でも、ご安心ください。

有能な解説者がいるだけで、ネイティブコーチがやっていること、言っていることを言語化し、翻訳してくれるので、あなたはそのスキルを盗みとり、身に付けることができるのです。



今回は、「戦略」「目標」などの構造、ロジック、マニュアル、ストラクチャーに押し込めず、自由にクライアントに合わせて軽やかにコーチングし、結果も出してしまうという、

あなたのセッションの「可能性の枠を広げる」実験をご用意いたしました。

(井原コーチご自身が、あまり目標志向ではないのです)



---



このセミナーは4つのパートからできています。



● Part.1 「体感ワークを電話でどうやるのか?」



正直言って、私は言語系なので体感ワークが苦手です。

「テーマは?」「目標は?」「今、何を感じているの?」と言葉を使っての話を聴く方がしっくりきます。

しかし、クライアントさんが、言語系ではなく、体感系が強い場合には、うまく機能しません。

それに、普段は言葉でしっかりと話せていても、クライアントさんのちょっとだけ無意識なところ、例えば、

 ・なんかブレーキがかかっている

 ・どんな可能性があるかわからない

 ・迷っている

 ・本質的な問い(人生って??)

の時には、言葉のやりとりだけでは、限界がでてくるのです。



そんな時に、井原コーチの体感ワークを実際に見て、これは使えると思い質問しました。

 「井原コーチは、Skypeや電話でも体感ワークをするんですか?」

 「はい、普通にしますよ。それに体感ワークを苦手だと思っていても、知っておいたほうがいいと思います

 マスターコーチらしく、はっきりと言い切りました。

 次の日から、私は気になって仕方ありませんでした。どうやって、体感ワークをやっているんだろう?見てみたい・・・。



 そんな願いがかなって、今回Skype/電話での体感ワークセッションを間近で見せてもらえることになったのです。



 クライアントさんがぶつかる可能性の高い「迷い」「ブレーキ」「恐れ」「わからない」状態を、どうやってコーチはセッションし、サポートしていくのか?を学び取ってください。





● Part.2 「これってコーチング?あなたのネタを検証します!」



コーチングを学んでいるあなたは、きっと職場や家庭でもコーチングをしていることでしょう。そこでよくあるのは、「やってみたけど、うまく使えなかった」「どうも部下を上手くコーチングしきれていない」「うちの旦那さんは、コーチっぽく質問するんだけど、なぜか頭にくる」



そんな場面を再現しどうすればいいのか?同じことが起こったらどうしたらいいのか? 徹底検証します。



***

【ネタ割!】ネタを提供して、500円引きしませんか?

 あなたが、体験した「コーチング??」を教えてください。ネタを提供してくださったお礼に参加費を500円引きします。

  ・部下にやったら、散々だった・・・

  ・上司にやられて、イライラしたり、嫌な気分になった・・・

  ・我が家でのコーチングっぽいけど、何か違う会話

  ・自分のセッションで、なぜだかうまくいかなかった経験   などなど



お申込時に、「ネタ割する!」を選択し、『誰と、どんな時に、どんな会話を交わしたのか?そして、何を感じたのか?どうなったのか』を、ご記入ください。会話の部分は、セリフのように「」を使って記入頂けると嬉しいです。

お一人様最大500円引きです。ネタの数が2つ以上でも500円までです。また、提供多数の場合には、実験室内で取り上げられないこともあります。ご了承くださいませ。

***



● Part.3 「もう、質問はいらない?! 沖縄の方言、たった2語でセッションしたら、どうなるの?」



コーチングを学ぶと、傾聴が90%といいながら、セッション中に次の質問を考えていて、聴くことに集中できないなんてことを、よく聴きます。

質問集に惑わされて、どの質問をいつしたら効果的なのか?のワナにはまり、「質問が浮かばない」「効果的な質問が出てこない」と、セッションが怖くなってしまっているコーチも多いでしょう。

果たして“質問”は本当にそんなに大事なのでしょうか??



このパートでは、大胆にも沖縄の方言たった2語でコーチングセッションはできるのか?をネイティブコーチの実際のセッションで実験します。これは、前代未聞の挑戦です。



ここから学べることは、あなたのセッションを気軽にし、肩の力を抜いてあなたらしいセッションに導いてくれるでしょう。しかもそのおかげで、今よりもクライアントさんに寄り添い、クライアントさんの変化に合わせて、柔軟に対応する力が持ったコーチにちかづけるのです。





● Part.4 「ネイティブコーチに今さら聞けない、こんなことを質問してしまおう」



最後のパートは、何でも質問コーナーです。「ずーっと悩んでいるけど、なかなか訊けない」「どんな風に質問していいのかさえわからない」「こんな質問するなんて、レベルが低いと思われたらどうしよう・・・」「戻ってきた答えが理解できなかったらどうしよう・・・」など、今まで躊躇してきたとしても、ご安心ください。解説者、翻訳者の三井によって、きっと納得の答えを得ることができるでしょう。

よりよいコーチを目指すあなたに、2人は熱意を持って接してくれます。今だから、この場所だから聴けることを、どんどんきいて、可能性の枠を広げましょう!







【井原くみ子コーチ プロフィール】

 三重県四日市生まれ、埼玉県在住。

 2001年よりプロコーチとして活動。 

 2002年コーチ21(現コーチA)のクラスコーチ(コーチ育成のボランティア)になり、継続中。

・国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ ・生涯学習開発財団認定マスターコーチ

・コーチエイ・認定メンタークラスコーチ ・CTIジャパン応用コース修了

学生から経営者まで、クライアントの望むテーマに寄り添うコーチングが高評



・これまでのコーチング実績: 2014年4月現在セッション時間数7,000時間超え、クライアント数400人を突破 以後、毎年約1,000時間のセッションを行っている

・公式サイト: http://kimochi-kumiko.com/profile.html



【三井紀代子 プロフィール】

コーチ・薬剤師。

医薬業界にて研修講師を務めるとともに、医薬の問合せ相談担当として、人の話・本意・ニーズ等を聞き取る3,000時間を超える経験を積み、現在のコーチとしてのスタンスの基を作る。

また、入社した会社の吸収合併、転職、病気療養と復帰など、多くの挫折と再チャレンジの経験から、ピンチをチャンスに変えることの価値を学ぶ。



現在は、「原因を作り出している現状を解明し説明する」「無意識にしていることや自分と相手(または自分の本心)との違いを観察し、見つけ、深読みして解説する」コーチとして『フカヨミスト』を標榜し、違いから価値を生み出すことを使命としている。



2013年からスタートした「コーチング解体新書」は、数々の大物コーチを解体し、すぐに人気講座となった。

(一財)生涯学習開発財団認定コーチ、日本コーチ協会認定メディカルコーチ





      【お申込はこちらからもできます】



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パーソナルコーチのための、お悩み相談室@多賀恵子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります