大人になっても苦しい…「過去」と上手に付き合って、幸せを手に入れる方法 | イライラは抑えてはいけない!感情を味方につけて最高に輝く自分になる

イライラは抑えてはいけない!感情を味方につけて最高に輝く自分になる

イライラする自分を責めないで!
ネガティブな感情は抑えるのではなく、上手に付き合うことで、自分を責め苦しい毎日が、イキイキと輝きだします。
夫婦仲も自分の人生もうまくいく感情のコントロール方法お伝えしています。

こんにちは

若林かおりです。

 

 

毒親とか…家庭不和とか…

 

過去の自身の親子関係って、

今の自分…(夫婦関係、生きづらさ、今の親子関係…)に

影響がありますか?

 

 

と言われたら、やっぱりイエス。

 

でも、すべてではないけれどね。

 

 

私自身も、過去カウンセラーさんの元でふり返ってみたとき、大きな影響を受けていました。

 

 

今もコーチングセッションを受ける中で、

「あ、あの時のあのできごとが!」ってこともあります。

 

 

だってやっぱり、私たちの現在の考え方、生き方って、

過去の自分がつくり上げてきたもの。

 

 

周りの影響を受けやすい幼少期、思春期に共に過ごす家族の影響は大きいです。

 

 

でもね、

 

確かに「今の自分」をつくった原因は、過去にあるかもしれないけれど、

その『解決方法』は、今にしかないです。

 

ここはしっかり覚えていてくださいね。

 

 

今の問題の解決のために、過去をふり返るというのはとても有効なこと。

でも、ちゃんと今に戻ってきてくださいね。

 

もし、過去を恨み続けていたり、過去の事に囚われて無力感を感じていたら、ふり返り方、過去との距離感が間違っているのかも。

 

 

今日は、そんな方がちょっと過去から解放されたり、

これから過去と向き合おうとする方、

もしくは、過去をふり返ることに抵抗が強い方に、

迷走しない、上手な過去との付き合い方をお伝えします。

 

過去と上手に付き合って、幸せに手にする方法を4つのポイントにまとめて記事にしましたよ!

長いので、続きは、こちらを見てくださいね♪

 

■続きはこちら↓