自信がない人へ。まず、ネガティブを受け入れてみません? | イライラは抑えてはいけない!感情を味方につけて最高に輝く自分になる

イライラは抑えてはいけない!感情を味方につけて最高に輝く自分になる

イライラする自分を責めないで!
ネガティブな感情は抑えるのではなく、上手に付き合うことで、自分を責め苦しい毎日が、イキイキと輝きだします。
夫婦仲も自分の人生もうまくいく感情のコントロール方法お伝えしています。

私たちは、自分を騙すのが得意。


 


ホントはものすごく痛いのに、

「これくらい大丈夫」


 


ホントは嫌なのに、

「いいよ」


 


これを続けていると大変なことが起こります。



***

こんにちは

イライラは抑えるのではなく、表現する!



「心の自由を手に入れて、凛としなやかに生きる」をサポートする

プロフェッショナル・コアコーチ 若林かおりです。


*****


 


イライラ・もやもや…

自分の本音をキャッチせず、スルー。


 


「こんなことくらい大したことじゃない」

「みんな同じ」

「これくらい、我慢しないと」

「今与えれていることに感謝しなきゃ」

なんて、自分の気持ちにウソをつく。


こんな風に、嘘をついたり抑え込むと…大変なことが起こります。


その大変なこととは…



 



自分を見失うこと。


 


自分の感情を否定しスルーしていくと、

自分が何を感じているのかわからなくなります。


そうすると、自分の好きも嫌いもわからなくなり…

日々の事を自分で判断できなくなり…

誰かの基準、その他大勢に合わせる…


そして


他人に、情報に振り回され…

自分がどうしたいかもわからなくて…


これが自分を見失うってこと。


自分に自信がない人はココに陥っている。


何ができる、できない

ではなくて、「わからない」


自分へのコントロール感がなくなるって、これはものすごく怖いこと。

私も経験があるけれど、


もがけばもがくほど深みにはまっていく…


正しさに固執する以外なくなるから、外に外に自分の生き方を求め始めるのね。


 


だから、自分を騙すのはやめましょう。

「怒ってます私!」

「なんだかイライラしています私!」


でよし。


と、言いながら無意識にやってしまうのが、コレの厄介なところ。


 


自分が感じていることに、

正しいも、間違えもないのに。


なぜだか、他人に合わせようとする。


それは、これまで誰かに自分の気持ちを否定されてきたのかもしれないし、

責められてきたからかもしれません。


または、

「こうありたい自分」と違っていて嫌なのかもしれませんね。


感情を受けいれた方がいいのは、わかってはいるけれど、

認めたって感情が流れないんです!


という方は、ここが影響しているかもしれません。


 


こうありたい自分像。

いい人でありたい!

美しい心を持ちたい!


とかね。


 


その考えの底には、

《ネガティブな感情⇒嫌なもの》

という考えがある。


ネガティブな感情は、ダメなもので、嫌なもの

だから「どこかに行ってほしい!」


そのおもいが強ければ強いほど、

ネガティブな感情は、引っ付いて離れないのかも。


 


大変扱いづらくて厄介なものではあるけれど、

諦めて、共にいる。


そして、そのネガティブな感情の声を聞いてあげる


そうすると自然と消えていきます。


 


子どもたちも同じですもん。


私からしたらたいしたことない「傷」(虫刺され痕だったりして)を

「痛い痛い」っていうのを、

「たいしたことないよ」なんて適当に流していても、


その主張は止まらない。


「そうだね、痛いんだね」と、言うとすんなり納得してくれる。


 


だから、自分のどんな気持ちにもちゃんと耳を傾けてあげてくださいね。

「大丈夫! こんなことたいしたことない!」なんて言わないで^^


 


どうやってネガティブな気持ちと付き合っていったらいいの?

という方は、よろしければ、こちらに登録して、


無料で、ネガティブな気持ちとの付き合い方をゲットしてください。

■オススメ無料メール講座


あなたのメールアドレスに届く全8回のメールセミナー形式。


読むだけでなく実践していただける「イライラパターン発見シート」「感情リスト」など各種資料、実践できるワークシートを無料で手に入れていただけます。