人の役に立ちたいのなら、まずは自分自身の土台を強く築こう | イライラしても大丈夫!「伝える技術」で子育て・夫婦仲はもっと良くなる!

イライラしても大丈夫!「伝える技術」で子育て・夫婦仲はもっと良くなる!

家族内にだけ発生するイライラに振り回されているあなたへ
伝え方で話を聞かない夫・子供が自ら動いてくれるようになる一生モノのスキル


テーマ:

こんにちは
若林かおりです。

 

「楽しそう!」
「やってみよう!」という気持ちは、

利益とか、労力とか、そういうのどうでもよくなってしまうほど、熱中してしまう。

 

起業している身としては、「賢くない」のかもしれないけれど、

私は好きなんだよな、人が自分の強みを活かして前進していく姿を見るのが。

 

お金が入るのも、そりゃ、私を満たすけれど、

誰かの夢と熱い想いを聴くこと、その夢を叶えていく姿、そのエネルギーで、私の心は満たされるのです。

 

今は、活動している育児支援団体ママユメの企画で、ワクワクすることがあって、いろんなアイデアが沸き起こると共に、良い出会いがあり、私の得意なところで彼女たちのサポートをしています。

 

お近くの方で、ご興味あれば参加してみてくださいね♪

→ 英語deおしゃべり (育児支援団体ママユメのホームページに飛びます

 

ものすごくタイトな時間の中、もはや「やるやる詐欺」となっている、講座の開催もまだなのにね(苦笑)

しかし、こうやって、自分の「好き!」に忠実になってみると、

やっぱり私は、これが好きなんだな。と再認識する。

 

「これ」というのは、
その人が、その人に備わった能力を活かして、人に貢献するイキイキとした姿。

備わった能力、というのは、私は、生まれてきたときにそれぞれに与えられたギフトだと思っています。

 

野球が得意な人もいるでしょうし、
歴史が好きな人もいるでしょう。

音楽や絵を描くことかもしれません。

 

優しい気持ち、共感力、リーダーシップ力かもしれません。

誰でも何かを与えられています(断言)

 

その能力は小さいころから発揮されているかもしれないし、まだ眠っているかもしれません。

 

状態はどうあれ、なんとなくですが、

これまで経験をしたこともない、苦しみ、葛藤などが、その能力発揮についての何らかのターニングポイントになるのではないかな、と思う。

 

私は、それが結婚・子育てというライフイベントでした。

苦しかったけど、振り返ると、気付きと目覚めのチャンスだったということですね。

 

苦しみや葛藤を乗り越えるプロセスの中で、自分自身を知り、家族やパートナーなど関わる人たちとの親密な関係も安定させ、自分自身の土台をしっかり作り上げる。

そのうえで、自分に与えられたギフトを活かして、誰かを幸せにできたり、誰かの役に立てたりするのではないかな。

 

そして、私は、改めて「その人に与えられたギフトを活かして羽ばたいていく姿が好き」と思うのです。

だからこそ、私は、そのために、今、苦しみやもやもやの霧の中にいる人がそこから抜け出し、その人の心の基地となる自分自身との関係、親密な人たちとの関係という強固な土台作りをお手伝いしたい。

 

苦しみの中にいるときは、もがいてももがいても沈んでいく底なし沼の中にいるようで、ひとりではなかなか抜け出せないもの。

私がそうでしたから。

 

さて、こんな風に熱く語りながら・・・

「やるやる詐欺」になっている講座のお知らせ準備をしていない自分をまず何とかせねば(苦笑)

 

今日発行したメールマガジンで、明日には告知!と約束しましたからね。

待っててくださいね~♪
(お知らせ…明後日になるかも…睡眠重視型な私)

 

 

■オススメ無料メール講座

あなたのメールアドレスに届く全8回のメールセミナー形式。

読むだけでなく実践していただける「イライラパターン発見シート」「感情リスト」など各種資料、実践できるワークシートを無料で手に入れていただけます。

 

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村

 

自分も家族も笑顔になる イライラ体質改善コーチ 若林かおりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります