塾やスクールで子どもたちと接していて

最近特に感じることがある

 

遊びが足りていない!!

 

算数・数学が苦手な子達

特に図形や長さ・かさの問題が苦手な子

 

もしやと思って訊いてみたら

 

ブロック遊び

タイル遊び

パズル

ごっこ遊び

 

殆どしたことがないという・・・

 

仕方ないっ

塾で急きょ、小学生低学年組で

図形遊びの準備ww

 

 

中学生くらいになって

なかなか成績伸びあぐねている子達

 

ゲームも含めて

遊びを「親から制限されている」

 

お母さんたちは

「勉強しないでゲームばっかり」

「勉強よりも遊び優先」

のわが子に

「ゲーム禁止」

「遊んでいないで勉強しなさい」

というのだけど

 

実は

ゲームも遊びも思う存分

やっていても口出しされていない子の方が

成績伸びている

 

そういう子は

ゲームやっても

遊んでいても

元々できる子達なんでしょ?

言わなくても出来ちゃい子達なんでしょ?

と反論返ってきたりするんだけど

 

ちゃうちゃう

 

思う存分遊ぶ中で身に付いた能力もあるし

思う存分やらせてもらっているからこそ

「もうそろそろ勉強しなきゃマズいよなー」って自分で勉強したり

何でも能動的に考え動くから伸びるのだ

 

言われていやいややるその非効率さよショボーン

 

特に幼少期の遊びは大事ですぞ!!

 

因みに

企業人時代も

バイトくんたちで活躍する子達は

「親は自由に遊ばせてくれた」

「遊んでいることに対して叱られたことがない」

「思いっきり遊ぶ」

経験の持ち主たちでした。

 

無理に知育教材やらせる必要もないけれど

ブロック・タイル・積み木・砂遊び・お絵かき・粘土・プラレール・ごっこ遊び

散らか依し放題散らかして遊べると最高だよねっ

 

 

 

 

 

お家を綺麗に整理整頓することもいいのだけど

一部屋くらいは

思いっきり遊べるお部屋にしよう?

 

あ、因みに

おもちゃなんて買わなくても

遊びなんていくらでも転がってますからね。

生活の中で使っているものは

全部おもちゃ&教材になりますよ(*^^*)