最近よく聞かれるようになってきた

STEAM教育

 

STEAM教育って何なのでしょう?

 

目にすることが多い代表的なものには

プログラミングがあります。

 

なので

STEAM教育=プログラミングに取り組む

と思っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

STEAM教育が知られる前に

元々STEM教育なるものがありました。

STEM教育とは
科学(Science)
技術(Technology)
工学(Engineering)
数学(Mathematics)
この4つの領域を対象としたいわゆる”理数教育”

STEAM教育はそこに創造性教育
アート(Art)を加えたものです。

ただ、このアートのとらえ方も

文部科学省では

芸術だけではなく

文化、生活、経済、法律、政治、倫理などを含めた広い範囲でのAを定義しています。

共育オアシスあいぎふ自由学校では
この教育の重要性や有効性を感じ
特に低学年期から楽しく取り組めるよう
STEAMクラスを開設しました。

知る(探究)とつくる(創造)のサイクルを生み出す

分野横断的な学びです。

ただ、みなさんがイメージしやすい

”プログラミング”は

低学年では触れません。

まず土台作り。

心や脳を耕す。

なぜ?
なに?
そうしたらいい?

 

その心に従って様々な”体験”をする。

 

学習塾やスクールで子どもたちと接していて

その”体験”が豊富な子は

低学年期に学習が苦手であっても

後伸びしています。

 

むしろ

机に向かった学習で背伸びをした状態を続けていると

無理が生じ、興味が薄れ

体験したことがないものを頭だけで理解しようとし

結果、苦戦するというケースが見られます。

 

遊ぼう!!
とことん遊んで

小さな失敗と挑戦を沢山すること。

 

正解のある課題にばかり取り組むのではなく

正解がわからないものに対して

向かっていく力を養う。

 

いずれプログラミングを行うにしろ
創造する力
想像する力

それらがないとただの作業になってしまいます。

 

もしも、プログラミングを学ばせたい

STEAM教育に興味がある

そんな場合は

単なる技術ではなく

ブロック遊びなどを取り入れたり

アートも学べるところを探されると良いと思います。

 

岐阜市の”ながらSTEAM LAB”さんの教室では
どちらも学べるようですよ(^-^)

 

 

そして
オルタナティブスクール共育オアシスあいぎふ自由学校
既存の学校教育の形ではなく
伸び伸びと感性豊かに育てたい

理数も楽しんで欲しいという場合は

是非、STEAMクラスへ。

 


説明会、資料請求、個別相談、受け付けております。