2月になると、

一気に春に向けての動きになります
 
(保育園入園準備していたのが、ついこの前のような。あっという間だなぁ。。シミジミ)
 
 
私も息子の新たな生活に向けて
また準備に取り掛かっています。
 
 
 
以前、
幼稚園の入園を控えたお子さんのママさんから
 
 
 
雑巾絞りができるようにならないと…
トイレが出来るようにならないと…
先生のお話が聞けるようにならないと…
 
 

出来るように、練習しなきゃ。 
幼稚園入園までにやれなきゃ。
子供が出来るようになるかが心配で。。と
ご相談をいただくことがありました。
 
 
 

お家でお母さんから見聞きしていたり
その物事に少し触れてみたりしていると



突然、雑巾に触れる
雑巾って何?
トイレ?何する所?見たことない。。
座って遊んで事ない。。何?


…と
幼稚園での出来事が
突然のことばかりで衝撃的にならずに
手に取り入れられるようになる



お子さんの戸惑いが減らせるように
先生からお話があった事を
お家で練習してみるのですが

 


お母さんの中で
心配が強くなったり
出来るようにならなきゃダメなんだと
思いが強くなっていると

 

“これをさせなきゃいけない”
“これをさせられないってダメ”と
なっていて
『練習』の意味が違ってきてしまう。。



その時って
お子さんへの声かけが

 

「○○になっちゃうよ」
「○○にならないように」
となっている事も多くなったりしませんか?



私は以前
息子への声かけで
「オバケの時間になっちゃうから早く寝ようね」
と話していた事がありました。
 
 
 
意識して
そう言っちゃおう。としていた訳ではないのですが…
 
 

この時間に寝かさなきゃ
この時間に間に合わせなきゃ
 
 
 
私の
「こうさせたい。」
「こうならなくては。」
の思いが強くなって
 
 
 
息子をコントロールするような
そんな雰囲気だったように思います。



子供の睡眠の理想に。
私の生活の理想に。
相手をコントロールしようとしているのです
ピリピリ感も出ていました。
 

 
一方
息子は、
起きれない事はなく
朝はいつものように目を覚ましていたので
必死に息子を寝かせるまでしなくて良かったのでした。



それよりも
外にオバケがいるのではないかと
不安なドキドキ感が増して
息子の様子と言うと
ダラダラ…ゴロゴロ…
なかなか寝れない。寝付けない。

 
 
 
私の心の中の
「こうあらねば」の思いを減らして
コントロールしようとする思いが減り、
「○○になっちゃうよ」と声をかける事がなくなってきた頃



息子の寝付きがとっても良くなって
お布団入るとすぐに寝てしまう程にひらめき電球




“こうあらねば”
“させなきゃ”を減らしていくと
子供もノビノビと成長していくなぁと思います。



ここまで出来るようにしなきゃ。。
こうしなきゃ。。
を少し緩めてみませんか?



私も自分の“こうあるべき”
もっと減らしていこうと思いますキラキラ



様々な場面でひょっこり顔を出す
“こうあるべき”
なぜ出てくるのか
どうやって減らしていくのか
私はEINEさんで学んでいます。



EINEさんはこちらです↓