宝石白看護師が行う託児サービス
宝石白お母さんの心が軽くなり、ゆとりが出来る子育て相談カウンセリング
を行っている、自由が丘「こたまご」 羽賀紋子です

右矢印ホームページはこちらです。
右矢印お問合せ・お申込みはこちらからお願い致します

 

朝晩の冷え込みが強くなってきました。
夫が「外で厚着の人や寒そうな様子をみると、あぁ冬が来たなって思うね」と話しておりました。
もう12月。いよいよ冬本番となります。
子育て中、小児科にかかる機会も多々あります。
検診や体調不良など…
 
 
私は息子が赤ちゃんの頃、自宅近くの小児科でどこにかかろうかと悩んだ記憶があります。
どこに掛かろうかと小児科を探した経験はありませんか?
 
 
疑問に思う事は先生に聞けるのだろうか…
病院のスタッフの方に話しかけていいのだろうか…
子供は落ち着いて診察を受けられるだろうか…
 
 
「子供の事聞きたいけれど、聞けなかったや…」
「聞いてみたけれど、ピシャッと言われて終わっちゃって、私までドキドキが止まらなかったなぁ」
という経験ある方もいらっしゃると思います。
 
 
院長の真々田容子さんが、診察時に心と身体のつながり,お母さんと子供のつながりを丁寧にお話しして下さいます。
 
 
子育てにおいて欠かせない、お母さんは心身共に元気でおられるだろうか。という点からもお声をかけてくださるので、
看病に疲れていたり、心配でたまらなかったり、子育てを通して日常でシンドイ思いやイライラが続いていた思いがあればスッキリしていく方法なども、お母さんに寄り添いながらお話しをしてくださるから
元気になれるんですキラキラ
 
 
例えば、
子供が病気になった時
辛そうな症状をみていると、早く良くなるように…と思うのに、何をしてあげたらいいかが分からないから、看病も気持ちが落ち着かなくなりますが
 
 
この子の看病に今大事な事ってなんだろう
早く元気になる為に。また、風邪を引きにくくなる為に大事な事が何かが知れるから
お家に帰ってからの看病に対する気持ちも落ち着いてみられて、お母さんの看病疲れも減って元気になれる。
 
 
お話し頂いた事を行う事で、子供の回復も早くなる。
 
 
私も以前に、クローバーこどもクリニックさんで勤めておりましたが、クリニックに入るとホッとされるお母さんとっても多かったです。
 
 
スタッフさんもいつも暖かく患者様を見てお声をかけてくださり
それだけで、フッと肩の力が抜けて
温かな空気に包まれて安心します。
 
 
アトピーがお薬をあまり使わずに良くなる,病気にかかりにくい元気な身体になる、
子供の事も家族の事も大事にして下さる小児科。
 
image
(お写真 お借りしました 中央:院長の容子さん,お写真左 :スタッフの真吏さん)
 
スタッフの真吏さんが、
(あっ!残席1名様だそうです目)
 
 
真吏さんとのお話しは楽しくて面白くもあり、
何を話してもそのままを受け止めて下さる安心感がたまりません。
 
 
子供が小さいと、家で子供と2人きりで過ごす事も多くなりますが、子育て経験も豊富な真吏さんので、色々聞いてみたい事が聞けるのも嬉しいです。