宮内庁は16日、11年度以降に着工する国宝・正倉院(奈良市)の大規模修理で、屋根の木組み部分の補強工事をすると発表した。軒先が最大約30センチ垂れ下がっており、補強が不可欠と判断した。これに伴い、2年程度としていた工期も3年以上に延長する方針。

【関連ニュース】
愛子さま:宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題
愛子さま:「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官
愛子さま:4時限目だけ登校 宮内庁、両陛下に事情説明へ
愛子さま:宮内庁の野村東宮大夫の会見での一問一答
愛子さま:宮内庁の野村一成・東宮大夫の会見要旨

愛知県警警部補を起訴猶予=被害女性へのわいせつ事件-名古屋地検(時事通信)
消費者保護求めトヨタ提訴=米加州オレンジ郡検察当局(時事通信)
学費滞納で卒業証書回収、支払い計画出させる(読売新聞)
宇高航路廃止を撤回 四国フェリー「経営めど立つ」(産経新聞)
大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)