586話

 

 

 

天井クレーンの 

定期点検、修理、製作サービスを

” のどかな志和 ”からお届け。

 

 

作業に影響の出る突発修理ゼロを

目指す

 

 

クレーンメンテ広島   の

(↑クリックしてみてください)

 

 

 

なるたに です。

 

 

 

無理が祟ったのか分かりませんが、

2,3日前から

腰がかなり痛いです・・・・

 

 

土曜日に京都へ研修旅行に行きましたが、

 

 

翌日早朝移動で広島へトンボ帰り。

 

 

五時前の京都駅




広島戻って、

新規で点検させて頂くユーザー様の現場確認と

ジブクレーンの設置工事の現場へ。

 

 

 

 

 

 

 

何とか無事完了しましたが、

昨夜完全に腰がメゲてしまいました。

 

 

疲労からだと思いますが、

よちよち歩きしか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちは

若いつもりでも

 
 
歳を重ねれば、確実に
老化、劣化は始まります。
 
 
無理がきくのは、30前半までですね。
 
 
天井クレーンも同じですよ。
 
 
 
使い方にもよりますが、
年数が経てば、あちこち劣化が
はじまります。
 
 
電気関係であったり、
 
車輪であったり、
ワイヤーロープであったりと。
 
 
 
カタチあるものいつか壊れます。
摺動すればなおさらです。
 
 
クレーンは、人間では持てないものを
持ち上げて目的の場所まで移動できます。
 
 
 
↓こんなヤツはいない(笑)
 
 
 
ということは、人間の限界を超えた力を
持っています。
 
 
それが、人間のコントロール下を離れたら、
事故や怪我に繋がります。
 
 
しっかりとコントロールする為には、
定期的な点検と、その結果に対する処置が
重要になってきますよ。
 
 
修理が必要なのか、経過観察で様子をみるのか、
 
 
適切な判断のもと、適切な処置を行うこと
 
 
それを繰り返すサイクルを作ることが
大切です。
 
 
 
今日はこの辺で

また明日!

 

 

*************************************

株式会社 クレーンメンテ広島

〒739-0265
東広島市志和町冠字猪伏2691-3
tel:082-433-5153 fax:082-433-5154
e-mail: k.h.s@go.enjoy.ne.jp
hp : https://cmh.co.jp/

クレーンを安全に長く使って頂くのが

クレーンメンテ広島の願い です。

****************************************