真摯に向き合う

テーマ:

377話

 

 

 

天井クレーンの 

定期点検、修理、製作サービスを

” のどかな志和 ”からお届け。

 

 

作業に影響の出る突発修理ゼロを

目指す

 

 

クレーンメンテ広島   の

(↑クリックしてみてください)

 

 

なるたに です。

 

 

 

 

仕事では、ほぼ接点のない東京。

昨日からセミナーを受講する為、

来ております。

 

 

 

6回のシリーズで行われるこの

経営に関するセミナー。

今回が最後、

 

北は北海道、南は福岡

総勢9名で。

 

 

会社の為、自分の為、最終的には

ユーザー様の為と思い参加していますが、

 

 

毎回、非常に厳しいセミナーであります。

 

 

授業を受けるというタイプでは

なく、ワークショップ中心なので、

 

 

 

会社のこと、自分のことを

 

根底 から覆して

 

7時間ひたすら考える。

そして、ディスカッション。

 

 

 

ほぼ修行です。

 

 

40年も生きていると、

 

小手先のテクニックや、

上手な いなし方、取り繕い方も

身についてきますが、

 

 

何の役にも立ちません。

 

 

自分がいかに甘っちょろく、

また、嫌なことから目を背けて来たかを

実感しています。

 

残りあと、2日・・・・

 

 

 

人生舐めずに・・・

 

 

 

 

真摯に向き合って参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーザー様には

真摯に

向き合って

 

 

 

頂きました。

 

 

先日、

とあるユーザー様の

走行車輪の交換を実施しました。

 

 

 

 

 

あるきっかけで、

お付き合いが始まりましたが、

 

点検は、ほぼせず、

壊れた時だけ修理みたいな感じ。

 

 

そこそこのヘビーユーザー様で、

初めて点検した際には、

 

 

出るは、出るは、不具合のオンパレード。

 

 

 

コストも掛かることなので、

重要箇所から少しづつ

対応させて頂いています。

 

 

 

この車輪については点検後、

現状とこれからの

リスクを説明させて頂き、

 

 

 

 

 

 

真摯に、ご検討してもらった結果、

交換の運びとなりました。

 

 

 

「このクレーン

いつも積込みで

使うけぇ、

 

動かん

ようなったら

ウチはどうしようも

なくなるんよ」

 

 

 

クレーンは高いところにあるので、

そこで、起こっていることに

気付きにくいのです。

 

 

 

摩耗が進行していき、

車輪が割れたら・・・・

 

 

はっきり言って

お手上げです。

 

 

 

最悪は、何とかしますが、

 

 

普通に交換するよりも、

 

 高い修理費、

 作業のストップ、

 出荷の延期、

 後工程への影響、、、、

 

などのリスクが増してしまいます。

これら、リアルに深刻です。

 

 

 

 

便利なので、使えないと困る

天井クレーン、

 

 

定期的な点検とメンテナンスで、

安定して使える環境を!

 

 

 

それでは、今日はこの辺で

また明日!

 

 

 

*************************************

株式会社 クレーンメンテ広島

〒739-0265
東広島市志和町冠字猪伏2691-3
TEL:082-433-5153 FAX:082-433-5154
E-mail: k.h.s@go.enjoy.ne.jp
HP : https://cmh.co.jp/

クレーンを安全に長く使って頂くのが

クレーンメンテ広島の願い です。

****************************************