日本酒の新しい楽しみ方を学ぶ!ワークショップ その1 | 自堕落日記

自堕落日記

別に酒ばかり飲んでる訳じゃないよ。


テーマ:
先週、「ブロぐるめ!」主催、
「日本酒の新しい楽しみ方を学ぶ!ワークショップ」に参加してきた。
このワークショップは、第一回“地サイダー”、第二回“地ビール”と続き、今回で三回目の開催になる。
$自堕落日記

まずは、日本酒を入れる容器である、“ガラスびん”のお勉強。
講師は、「日本ガラスびん協会」の八百幸さん。
デザイン性ばかりに目が行くけど、
ガラスびんは、機能性や環境性にも優れているとのこと。
$自堕落日記

左:ちゃんと一升入ることを示す“丸正マーク”。
右:リターナルびん仕様であることを示す“Rマーク”。
一升瓶はよく目にしているのに、こんなマークが付いているなんて知らなかった。
居酒屋のジョッキもこういうマークのある容量統一規格作って欲しい…
自堕落日記$自堕落日記

「日本ガラスびん協会」では、毎年「ガラスびんアワード」を開催。
これは、デザイン性に加え、優れた機能性や環境性を備えたガラスびん商品を表彰するというもの。
自堕落日記

2011年の最優秀賞は、宝酒造の「JAPAN」。
丸い小窓からは、尾形光琳の風神と雷神の姿が見える。
この窓は、フロスティボトルの一部を再び磨いて透明にしているとのこと。
純金箔入りなので、ひらひらと金箔が瓶の中を舞う。
外国人への土産にしたら喜ばれるかも。甲類だから、手頃な価格だし。
$自堕落日記

今ではコーラなどのソフトドリンクはペットボトルが主流だけど、
アルコールは今後もガラス瓶入りを続けて欲しいな。大容量のものはペットボトル入りで仕方ないか…
最近ではペットボトル入りのワインもあるが、どうも味気ない。

日本酒の新しい楽しみ方は、その2へ。

JAPAN・純金箔入り・25度・700ml

JAPAN・純金箔入り・25度・700ml
価格:977円(税込、送料別)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル


クラスラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス