気がついたら桜がちらほら咲いてました。 | おもしろ畳!?

おもしろ畳!?

一般的な畳ではなく、へーっ!と思えるちょっと変わった畳や、現在通っている職人大学の事、私が参加しているイベントやちょっとした情報や、畳材料で作った小物をアップしております。
また、変な駄作もアップできればと思います。


テーマ:

大変久しぶりになってしまいました。

前回の国際フォーラムにて行われていた、

にっぽん・和心・初詣
即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻

を見学してから

年末に年明けで構わないという仕事で忙しくさせていただいておりました。

 

そして、1月20日

職人大学にて2月の手床授業の為の、

9、10、12、1月と最後のコモ編み日になりました。

余裕で作っていたのですが、

どうしても肌コモの出来の納得がいかず、

ほぼ編みあがっていたコモをバラして作り直しをしてしまった為、

最後のコモを編む時、

ズレ落ちないように仲間にコモを押さえてもらったので、

思った以上に早く編みあがり無事終了できました。^^;

手床の材料となる手編みしたコモの山1畳分です。

 

22日には、畳の機会メーカーのセミナーに参加させていただきました。

ここでは、仲間のや講師の方の生の声を聞くことができ、

とっても勉強になるセミナーなので参加させていただいてます。

 

26、27日はTTM長崎研修でした。

行きは成田から出発が雪のため出遅れ、

ちょっと余裕のある長崎空港集合時間にギリギリ到着。

迎えに来てくれたくれた幹事の「ふくちゃん」にやきもきさせてしまいました。

すいません。m(_ _)m

到着して少し走ると長崎も雪!

降るイメージがなかったので凄くビックリしました。

今回の研修は

1級技能士の試験と同じ板入れ新畳を京都式と関東式を同時に行い

違いを見学や作業をする実技講習でした。

広島県で育てられ、広島で織られた畳表

備後表(びんごおもて)の機械織りですが中継ぎ表を使用しました。

中央のヒゲを毟ってから使います。

私はこの畳表を使うのは初めてなのでちょードキドキです。

だってめっちゃ高いんです。
畳縁も高級な麻縁です。

化繊ではないとっても良い風合いの畳縁になります。

通常の畳表とは違うので随所に勉強になる事がありました。

 

私は、関東の方の手助けで縫ってきました。

 

夜は、毎回畳の勉強になる話で深夜まで熱く語り合い勉強になります。

 

2月の職人大学は手床の完成になりました。

9、10、11日と3日間になります。

初日はコモを切ったりカイゴモなど作りぬいつけしたりして、

順番に重ねて縫えるように重ねていきます。

全部重ねるとこのような感じに。

2日めは、

終始縫い縫いです。

完成までの約1600針縫います。

当日は朝から9時から夜9時まで縫いましたが、

あと2列は次の日に。

まっすぐに針を上げ下ろししないと

縫った糸を締め込む時に、前の縫った糸を縫ってしまうと糸を締めこめないので

気を使います。

3日目は残りを縫ってから締め始めました。

先ずは畳床を裏返しにして幅側の口を締めます。

これを締めてから1300針以上を荒締めしていきます。

踵と指にテーピングを巻いて締めこんでいきます。

テーピングしておかないと足も指も血だらけになっちゃいます。

この作業をしてから表面にして、もう一度締め直す真締めをします。

この時先生に2列手伝ってもらっちゃいました。^^;

やっと終わったと思ったら最初に締めた口部分をもう一度締め直し。

もう終わったと思ったのでこれが一番辛かったです。

締め終わったら最後仕上げの縫いをするのですがもう疲れ果ててしまい。

針を持つ手も痛くやっとでした。^^;

畳床として使えるように大まかに切るのは3月にして終わりにしました。

 

3月の職大の授業は、里山の家の表替えでした。

使った材料は、備後中継ぎ表と麻縁を使用しました。

TTM長崎で中継ぎ表のヒゲのむしり方もその他の事も教わりましたので、

綺麗に毟れて

当然手縫いの授業なのですが皆んなすんなりと終わり、

前回残した畳床の切り回しをして終了して

夕飯を駅で済ませ余裕で新幹線に乗ろうとすると

17時ごろから車両事故のため運休中で

乗って帰る電車も運休!!

前回は最終便だったので早い時間にしたのに(T . T)

振替便は20時には動くであろう電車からになったのですが、

なんとか動き始める2便目の「はくたか」になんとか乗れて

予定時間通りに出発しましたが富山駅で故障車両が線路から避けられるところまで移動待ちで、

結局1時間位停車しておりました。

その後は通常運転になりましたので良かったですが、

当初の予定時間よりも2時間以上遅れましたが無事家に着きました。

新幹線の特急料金の払い戻しだそうです。

大変でしたが無事に帰ってこられたし次の日の仕事もできたので、

家族には迷惑かかってしまいましたが良い経験しました。(^o^)

 

来月は、里山の家の6畳間の回し敷きとか枕敷きとか

言われる通常の敷き方の部屋の

白中紋という紋縁仕様の表替えの勉強になります。

お寺さんとかに敷かれている一方向にに並んだ敷き方よりも

紋の合わせ方が高度になるので、

楽しみです。

もしよろしければフェイスブックの方も見ていただければと思います。

フェイスブック葉本裕紀

畳職人でございます。さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ