茵(しとね)を使った飾り畳(生地画像追加) | おもしろ畳!?

おもしろ畳!?

一般的な畳ではなく、へーっ!と思えるちょっと変わった畳や、現在通っている職人大学の事、私が参加しているイベントやちょっとした情報や、畳材料で作った小物をアップしております。
また、変な駄作もアップできればと思います。


テーマ:
茵の朱という縁を使った飾り畳です。
本格的な作り方では有りませんので、
ご了承下さいね。

true-茵の飾り畳

茵とは、Wikipediaを見て下さいね。

表面の隅はこんな感じです。
サイズ的にどうしても大きい柄と小さい柄が隅になってしまいました。

おもしろ畳!?-茵の飾り畳隅1

おもしろ畳!?-茵の飾り畳の隅2

頑張って柄を合わせましたが(^^;)
難しかったです。

側面です。


おもしろ畳!?-茵の飾り畳の側面

そして、裏面の隅です。

おもしろ畳!?-茵の隅裏面

裏面も頑張って閉じました。

今回の茵という縁は、紋縁の綿とスフの混合ではなく、
スフだけとの事でした。
スフってそういえば何?
と調べてみるとレーヨンの事らしい
紋縁は霧を吹き乾かすと縮むけど、
スフはどれくらい縮むのかな?
切れ端にかければ良いのですが、
端切を何かに使えそうと思うと怖くて霧を吹けないと悩んだあげく、
畳の師匠である四代目さんに恥を忍んで電話してしまいました。(^^;)
あいにく不在でしたが、五代目さんとお話をして踏ん切りが付き、
霧を吹いてみました。
紋縁とは違いぬれた瞬間に縮み始めて乾くとピッチリでした。
四代目さんが帰宅後メールを下さって更に納得しました。
四代目さん、五代目さんありがとうございました。

茵の生地画像を付けるのを忘れてました。m(._.)m
おもしろ畳!?-茵朱

このように幅広状態で来ます。
注文は、1間(長さ)単位でした。

畳職人でございます。さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス