古縁でロープを作ってみました。 | おもしろ畳!?

おもしろ畳!?

一般的な畳ではなく、へーっ!と思えるちょっと変わった畳や、現在通っている職人大学の事、私が参加しているイベントやちょっとした情報や、畳材料で作った小物をアップしております。
また、変な駄作もアップできればと思います。


テーマ:
家では、リアカーもまだ現役で、その時に畳を固定するのに、
古い縁を三つ編みにしたロープを使ってます。
前回のは、6年くらい前なか?
親父様がいつの間にか作った物を使用しておりましたが、
大分くたびれていた所、
丁度良い古縁が16畳分出ました。(^^*)
30年程前、流行っていた?タイプです。
ナイロン系の無地にラメが入った物です。

先ず、15センチ位を残して編んでいくのですが、
この時、縁を変調する時に継ぎ目が、同時にならない様に、
3本の長さを少しづらしておくのと、
三つ編みは、キツく編んでいきます。
そして、三つ編みしていき、輪っかが出来る程度編んで、
折り返して一緒に三つ編みを続けます。

この画像は、残りの2本を使って始めの折り返しをもう一度やったので、
継ぎ部分が同じ長さになってます。(^^;)

古縁で

延長の仕方は、ミシンでダーーット簡単に縫っていきます。
暇をみては一縁分編んでいきました。
キツく三つ編みをしていくので、指がつったりしたので、
何日もかけて、しまいました。(^^*) ホホホホ
そして、最後は、同じ様に15センチ程残して、
今迄編んだ所に、待ち針で無理矢理隙間を開けて通しながら戻っていきます。
やろうと思ったら、親父が仕上げをしてしまったので、
言葉だけの説明でした。w(:_;)w
一番やってみたかった所なのに(T_T) ウルウル
そして、完成です。
15畳分を使って作りました。
最初はゴムの様に伸びますが、
数回使うとなじんで、有る程度伸び切って、
良い感じになります。

古縁でロープ

ただ、15畳分は長過ぎました。(^^;)
リヤカーに畳20枚積んでも、このロープは間に合いそうです。
計画的に作りましょうね。(爆)

ちなみに近所なら、ボード床もワラ床も18枚はゆっくり何とか走ってしまってます。
ガスパイプで補強してありますが、危なすぎですね。

リヤカーの最大積載重量は、350キロですが、
道交法では、カブで引っ張った時等は、120キロだった様な気がします。(^^;)

畳職人でございます。さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス