昨年は、早割でひと月16,210円でしたが、今年は、早割で16,440円で230円のアップです。フリーターですがきっちり納付しています。ただ失業時に何か月か全額免除数か月ありますが、いただける金額を調べると微々たる差であるために、今はそのままにしております。それよりも個人型確定拠出年金に回した方が良く、増額させています。それは、60歳からの年金がないので支給されるまでの空白の期間が問題なのです。その期間の基礎となるのが個人型確定拠出年金なのです。それでも、やはり労働していないと生活はできないのですが、なるだけリスクを減らしていかないといけません。やれることはやるというスタンスをもって。とはいえ、息抜きも必要です。

AD
会社退職後 5年間放置し、2014年5月から本格的に
運用再開し、今に至る。
放置していたら、管理費等で元本割れしていましたが、
運用再開すると下記の通り。
しかし、2015年10月27日の評価損益を考えると、
目標設定 1000万円
目標到達可能性 1.3% 
設定日:2016.12.22
                              予想利回り     予想残高
非常によかった場合     12.3%           908万円
よかった場合                8.3%           708万円
中央値                        4.5%            559万円
悪かった場合               0.6%            437万円
非常に悪かった場合     -3.0%           352万円
掛金累計額                                   421万円

というシュミレーションがでているが、足踏み状況のなか
60歳までに中央値まで行くのか不安。
意外と運用ブログが少なくというよりはないに等しい。
運用前の導入記事は多いが、運用後に関しては、まだ資料が
乏しいのだろうか。とは言えもう60歳まで解約はできないので
前に進むしかない。

● 2017年2月19日
●時価評価額 3,120,697円
●掛金累計額 2,572,695円
●評価損益 +548,002円
●運用利回り 7.12%

(過去の状況)
● 2016年11月17日
●時価評価額 2,827,229円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +298,007円
●運用利回り 4.39%

● 2016年11月15日
●時価評価額 2,763,497円
●掛金累計額 2,514,731円
●評価損益 +248,746円
●運用利回り 3.68%

● 2016年6月28日
●時価評価額 2,499,083円
●掛金累計額 2,456,767円
●評価損益 +42,316円
●運用利回り 0.76%

● 2016年3月3日
●時価評価額 2,615,701円
●掛金累計額 2,398,803円
●評価損益 +216,898円
●運用利回り 4.33%

● 2015年10月27日
●時価評価額 2,850825円
●掛金累計額 2,340,829円
●評価損益 +509,896円
●運用利回り 12.55%
AD
昨年末、掛金アップの申請を提出し、ようやく今月
2月から引き落としとなります。
15,000円から25,000円へのアップです。
*掛金額の変更は、毎年4月から翌年の3月までの間に
1回のみ変更することができます。また、掛金の拠出を
停止することもできます。

総務省の平成27年家計調査年報によると、高齢夫婦
無職世帯の生活費は、1ヶ月あたり約27.6万円がかかる
となっています。
そう考えるとかなり厳しいものがあります。
積極的にとは言え堅実にチャレンジします。
今は、国民年金、確定拠出年金、株の三本立てです。
子育て中に、いろいろ解約し、穴埋めしたため
これしかないのが現実です。
しかも今は、フリーターです。

 ● 2017年2月15日

●時価評価額 3,098,613円
●掛金累計額 2,572,695円
●評価損益 +525,918円
●運用利回り 6.85%

 

(過去の状況)

● 2017年1月31日
●時価評価額 3,082,396円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +524,192円
●運用利回り 7.05%

 

● 2017年1月27日
●時価評価額 3,060,586円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +502,382円
●運用利回り 6.77%
AD

日々評価損益は、上下します。

メリット、デメリットはありますが、

60歳から唯一私の基礎となるものです。

(国民年金受給開始まで)

運用を開始したならメリットを最大限に活かすことです。

会社を退職して数年間放置して再開しましたが、

代表的な資産配分モデルが五種類あります。

①元本確保型

②安定重視型

③安定成長型

④成長型

➄積極型

私は、積極型で商品を選択しています。

数少ないサイトを見て判断しました。

リスクの高い商品ですが、

運用以来、評価損益は、数万のプラスまで落ち込んだ時も

ありましたが、マイナスはありません。

運用商品次第では、一年くらいの初期段階でも差があったことを

記憶しています。何かの機会で運用途中の実績を

見せ合ったことがあり、随分評価損益が高い人、逆に

安定重視型の人は、伸張していなかったり、

性格がでてしまいます。それは自由ですので。

何れも情報を収集して自己判断で行わなければなりません。

それが以外と難しく感じます。

特にサラリーマンの頃は、余裕がなかったので流されていました。

今は、まずは、気にすることを継続しています。

 

● 2017年1月31日
●時価評価額 3,082,396円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +524,192円
●運用利回り 7.05%

 

('過去の状況)
● 2017年1月27日
●時価評価額 3,060,586円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +502,382円
●運用利回り 6.77%

 

● 2017年1月20日
●時価評価額 3,063,405円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +505,201円
●運用利回り 6.81%

 

● 2017年1月9日
●時価評価額 3,081,304円
●掛金累計額 2,543,713円
●評価損益 +537,591円
●運用利回り 7.22%

今日は、年に1度の日本インベスター・ソリューション・アンド・

テクノロジー株式会社より確定拠出年金お取引状況のお知らせ

という分厚い封書がとうちゃこしておりました。

いつもは、全く気にも留めなかったのですが、優待株をしだしてから

少し数値に慣れてきた感じがします。

投資信託の運用実績データを活用するに至ってないので今回の

野村の確定拠出年金ニュースをもとに勉強していきたいと

思います。

 

● 2017年1月27日
●時価評価額 3,060,586円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +502,382円
●運用利回り 6.77%

 

('過去の状況)

● 2017年1月20日
●時価評価額 3,063,405円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +505,201円
●運用利回り 6.81%

 

● 2017年1月9日
●時価評価額 3,081,304円
●掛金累計額 2,543,713円
●評価損益 +537,591円
●運用利回り 7.22%

● 2017年1月20日
●時価評価額 3,063,405円
●掛金累計額 2,558,204円
●評価損益 +505,201円
●運用利回り 6.81%

 

外国株が今ひとつ。日本株でカバーしてくれている。

本来ならば、比率を日本株にシフトしておきたいところだが、

行動を起こせず。未だスィッチングをしていない。

 

('過去の状況)

● 2017年1月9日
●時価評価額 3,081,304円
●掛金累計額 2,543,713円
●評価損益 +537,591円
●運用利回り 7.22%

さて、今年は月額15,000円から25,000円へ掛金

を増額しますが、徐々に個人型確定拠出年金に関して

のブログが見られるようになってきました。

自分で運用しなければならないということもありますが、

将来を人任せにするというのも如何なものか。

かく言う私も勉強不足でとあるサイトで見た配分情報から

運用会社の商品を選択し、スイッチングしないで放置状態

ですが、今は、メリットである掛金に税金がかからないという

ことを最大限に活かしたいということ。

● 2017年1月9日
●時価評価額 3,081,304円
●掛金累計額 2,543,713円
●評価損益 +537,591円
●運用利回り 7.22%

運用利回りが下がっているのは、配分商品内の変動による

ものと見られる。

 

● 2016年12月20日
●時価評価額 3,069,217円
●掛金累計額 2,543,713円
●評価損益 +525,504円
●運用利回り 7.29%

 

● 2016年12月15日
●時価評価額 3,012,726円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +483,504円
●運用利回り 6.74%

 

 

● 2016年12月2日
●時価評価額 2,945,027円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +415,805円
●運用利回り 5.84%

 

● 2016年11月29日
●時価評価額 2,913,146円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +383,924円
●運用利回り 5.59%

 

 

● 2016年11月15日
●時価評価額 2,763,497円
●掛金累計額 2,514,731円
●評価損益 +248,746円
●運用利回り 3.68%

 

● 2016年6月28日
●時価評価額 2,499,083円
●掛金累計額 2,456,767円
●評価損益 +42,316円
●運用利回り 0.76%

,

● 2016年3月3日
●時価評価額 2,615,701円
●掛金累計額 2,398,803円
●評価損益 +216,898円
●運用利回り 4.33%

● 2015年10月27日
●時価評価額 2,850825円
●掛金累計額 2,340,829円
●評価損益 +509,896円
●運用利回り 12.55%

本当は、今年中に個人型確定拠出年金の増額を

予定していたが、優待目的での株の投資により

後回しになりました。それとなかなか運用実績が

上がらなかったことも一つの理由です。

60歳までなのであと数年です。

第一号被保険者は、5000円から68000円まで指定

可能ですが、私の国民年金の掛金が16210円ですので

68000から16210を引くと51790円まで掛金を上げる

ことができます。

今は、15000円ですので、25000円まで上げることに

します。毎月の掛金額は年度(4月から翌3月)に1回

のみ変更可能です。

あとがないので計画と実行、こまめにチェックをする

必要があります。

PLAN DO CHECK そしてACTIONですね。

さて来年は、この変更がどのようになるか報告します。

12月20日の資産状況です。

さらにさらに回復してきました。

 

● 2016年12月20日
●時価評価額 3,069,217円
●掛金累計額 2,543,713円
●評価損益 +525,504円
●運用利回り 7.29%

 

● 2016年12月15日
●時価評価額 3,012,726円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +483,504円
●運用利回り 6.74%

 

● 2016年12月2日
●時価評価額 2,945,027円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +415,805円
●運用利回り 5.84%

 

● 2016年11月29日
●時価評価額 2,913,146円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +383,924円
●運用利回り 5.59%

 

 

● 2016年11月15日
●時価評価額 2,763,497円
●掛金累計額 2,514,731円
●評価損益 +248,746円
●運用利回り 3.68%

 

● 2016年6月28日
●時価評価額 2,499,083円
●掛金累計額 2,456,767円
●評価損益 +42,316円
●運用利回り 0.76%

,

● 2016年3月3日
●時価評価額 2,615,701円
●掛金累計額 2,398,803円
●評価損益 +216,898円
●運用利回り 4.33%

● 2015年10月27日
●時価評価額 2,850825円
●掛金累計額 2,340,829円
●評価損益 +509,896円
●運用利回り 12.55%

12月15日の資産状況です。

さらに回復してきました。

株価が上昇し、あの値下がり時を考えると

優待株を狙うことよりも、、ここは、個人型確定拠出年金

を増額しようか考えています。

 

● 2016年12月15日
●時価評価額 3,012,726円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +483,504円
●運用利回り 6.74%

 

● 2016年12月2日
●時価評価額 2,945,027円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +415,805円
●運用利回り 5.84%

 

● 2016年11月29日
●時価評価額 2,913,146円
●掛金累計額 2,529,222円
●評価損益 +383,924円
●運用利回り 5.59%

 

 

● 2016年11月15日
●時価評価額 2,763,497円
●掛金累計額 2,514,731円
●評価損益 +248,746円
●運用利回り 3.68%

 

● 2016年6月28日
●時価評価額 2,499,083円
●掛金累計額 2,456,767円
●評価損益 +42,316円
●運用利回り 0.76%

,

● 2016年3月3日
●時価評価額 2,615,701円
●掛金累計額 2,398,803円
●評価損益 +216,898円
●運用利回り 4.33%

● 2015年10月27日
●時価評価額 2,850825円
●掛金累計額 2,340,829円
●評価損益 +509,896円
●運用利回り 12.55%