椿三十郎が見たいような | 今日の見切り発車

今日の見切り発車

みきりーはっしゃ【見切り発車】<名・自サ変>

①電車やバスが満員などの理由で乗客を駅などに残したまま出発すること。

②必要十分な条件が整わないうちに、物事を次の段階にすすめること。

~明鏡国語辞典~


テーマ:

見たくないような微妙な気持ちが続いている今日この頃、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

私は、織田欲二主演の椿三十郎が見たいような見たくないような微妙な気分で日々を送っていますってほど関心があるわけじゃないんですが、まあ、機会があったら見たいわけです。

そしたら母が、もう映画、見てきたらしいので感想を聞いてみることにしました。


私「面白かった?」


母沈黙


母沈黙


母沈黙


母「織田裕二が……、もうちょっと痩せとったらな……、よかたけどな……」



微妙すぎますよ、その感想。


なんでも、浪人もののくせに妙にふっくらしてて色つやも良かったらしく、それが映画に入り込むのを妨げちゃったらしいのです。

役作りに失敗ってわけですね、早い話が。


最後には面白かったという感想をくれたんですが、「面白か…(2秒沈黙)…った」という、これまた微妙な間をあけてくれたりするので、信用なりません。

母は「三丁目の夕日」とか見て普通に感動する、いわば善良な観客です。

そんな人に沈黙を強いるとは、織田裕二もなかなかあなどれない役者ですねえ。



なんか、見なくていいやって気持ちが強くなってきました。

しもくわさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス