間違った光 | Arkadia Under Ground

間違った光

結果的には、何も救える光じゃないことはわかっているけど
今の私にはちょっぴり安心しました。

まだ、進級できるそうです。

学校を長期休暇することで、吐きそうなほど不安だった未来への道がたたれるという不登校が、まだ大丈夫なんだそうです。
「全然大丈夫!」といわれました。
その言葉を信じようと思います。
でないと親や友達への罪悪感で心が押しつぶされそうだったから、この言葉を信じるしか道は無い気がします。

狂ったようにブログを更新していますね。
今気がつきました。

今日一日、何も考えないで過ごしました。
朝の10時におきて(睡眠時間が4時間だった)ひとりで朝ごはんを食べて
1時にお昼をひとりで食べて(その間の記憶が無いです)パソコンを開くだけ開いて、本を読もうとしたけど、何も考えたくないから3回開いたけど読みませんでした。
テレビは年末からみてません。
ドラマは洗脳されるとか思っているから
クラスの女子の会話についていけません。会話のためだけにドラマを見ている女の子の気がしれない。ドラマの出演者を見てみるドラマを選ぶ人のことも理解できないので、誰かその心理を教えてください。と、思っています。
(ドラマは、学生のありえない豪華な一人暮らし生活を、現実でもできると錯覚してしまうし、就職した後の恋愛や楽観を夢みてしまう。ある程度の知識と現実を見る目や経験がないと、ドラマはみてはいけないものだと思っている。夢の無い女の子ですか?笑)
ニュースを少しみたぐらいですぐ画面から離れました。

無心に足のマッサージをして、
友達からきたメールの返事をして、
そして泣いて、部屋をうろうろして、親に何もするなといわれたけど、なんだかしないといけないと思って風呂の掃除をした。

しらない間に「元気だせ!!」って大声をだしていた。

そして友達のメールをみて
泣いて
バレンタインにもらったケーキを食べた。

今日はなんだかいい気分。
学校にいかなかったからかな?
自分を装うことをしなかった一日。

平気なふりして嘘笑いをしなかった一日。

耳鳴りが止まない。