★呂布カルマインタビュー vol.2 @BAR SHIVA | ●club buddha/shiva 

●club buddha/shiva 

名古屋の老舗クラブ「club buddha」&クラブ系モダンバー「SHIVA」のプログ。 


テーマ:

聞きて : 岸ソケット 撮影者:藤原連 @BAR SHIVA&club budha

 

カルマ人気はどこまでも続く!!

日々進化し続ける呂布カルマ!!

収録は半年前ですが皆様読んでね!!

 

- 発売された「悪い夢 (track by KOJA)」のジャケットをアニメクリエイターの谷口崇さんが書かれています。最近ではヒップホップ以外のジャンルの方とお仕事することも多いかと思われますが、何か感じることはありますか。

 

呂布 : 俺はヒップホップのところにずっといて、他のテリトリーにいる人がこっちに目を向けて面白がってくれている感じかな。

 

-結構ウェルカムな感じですか?

 

呂布 ; そうだね。でもそういう人たちも結構ヒップホップに対しては、チャラかったり黒人かぶれだったりのステレオタイプな偏見はやっぱり持っていて、その中でも呂布くんはちょっと違うねって感じもあって。「俺ヒップホップ全然好きじゃないけど呂布くんは好きだよ。」とか言ってくれるんだけど、俺としては結構それはジレンマがあってさ。

 

- ジレンマですか…。 

 

呂布 ; 「いや、そう言ってくれるのはありがたいけど俺はぶっちぎりでヒップホップが好きだよ。お前らが思っているよりヒップホップいいから。」みたいな。何も知らずに予備知識ない状態でヒップホップに触れちゃうとそういう風に取れちゃうかもしれないけど、もっといっぱい本当は、俺でもかなわねーなと思うカッコいいやつもいっぱいいるし。っていうのは思うかな。まあでも俺は分かりやすいんだろうね。ファッションもあるしさ。あとさっき言ったヒップホップ的な言葉の使い方・ロック的な言葉の使い方に関して、俺は思春期にロックを聴いていたから、ヒップホップをやっているけど言葉の選び方が多少違うんだろうなっていうのは自覚している。そこがロックの人に響きやすいんだろうなっていうなんとなくの感覚はあるかな。

 

【両A面限定7inchアナログ盤「ヤングたかじん (track by Mr.蓮)」「悪い夢 (track by KOJA)」】

 

- 2017年はライブなどで全国各地を回られたと思います。その地方ごとの色はありますか?

 

呂布 ; ど田舎か、地方都市か、ぐらいの差かな。

 

-土地による差というのはそこまで感じないですか?

 

呂布 : あんまりない。地方都市は全部似ているし、ど田舎は全部似ているし。あとは呼んでくれた人の人柄だね。その人が面白い人だったら面白いし。あとは食うものが若干違うかなぐらい。肉を食わしてくれるところや海が近いところだったら美味しい魚を食わしてくれるところ。ちょっと変わり種だと仙台だったら野菜がいっぱい出てきて逆に新鮮だった。肉や魚はうまいけどまあ分かるじゃん。「ここ野菜推してくるんだ、新しいな。」って思って、だから仙台は印象残ってるかな。

 

-先日テレビ東京系列番組「ゴッドタン 炎上上等!このツイッターが心配」にも出演されていましたが、SNSをどう捉えていますか?

 

呂布 : SNSは趣味だね。移動時間とかの暇な時とか朝起きたら最初にやっぱりSNSを見るし。SNSも学校と一緒でやればやるほど深まるからさ。例えばフォロワーが500人いない人と、10万人20万人いる人とでは何か言った時の反応もその広がり方もやっぱ全然違う。俺は現時点で9万人くらいのフォロワーがいるから、その人たちを相手に言ってるから多少違うかもね。宣伝にもなるし仕事につながる。(※カルマ氏フォロワー現在10万人超え!!)

 

- それは宣伝としてすごく大きいですよね?

 

呂布 : それこそ「ゴッドタン」なんかモロにそうだし、それ以外にもツイッター上で興味を示していることが次の仕事に直結したりすることとがあるから便利だね。無料でこんなことできるなら最高じゃん。

 

- SNSで仕事のオファーがあった時に受ける線引きみたいなものはありますか?

 

呂布 ; ヒップホップかヒップホップじゃないか、カッコよくなるか、面白くなるか、エロくなるか。あとはギャラ。それのどれからも外れていたらやらない。あと、ツイッターが心配だという点は俺がフォロワーに対して結構ムカつく時は怒ったりしてそれが炎上騒ぎになっていて。それも「大人げない、プロなんだからそんなの相手にしなきゃいいのに。」みたいに言ってきてくれる人もいるんだけどさ、そいつは俺がプロだから言われてもムカつかないだろうって思っているかもしれないけど、まあ一緒じゃん。

 

一緒ですね。

 

呂布 ; そいつは言われないかもしれないけど、いきなり全く見ず知らずのやつに「お前」みたいにタメ口でこられたら、ムカつかないほうが普通じゃない。大人かもしれないけど、それってもう普通じゃないじゃん。ヒップホップって、まともな俺の…俺がまともかどうかはともかくとして、普通に感じる喜怒哀楽だったりとかを書いているわけだから。浮世離れした生活を書いているわけじゃないから、そこで10、20下の子達に生意気言われて何とも思わない境地ってもうマトモじゃないじゃん。

 

-なるほど笑

 

呂布 ; そんなやつの書くラップって逆にもう伝わってこないよ。何の話してんの!?って。

まともな感覚を持っていようと思うんだったらそういうのいちいち怒るべきなんだよ、その方が普通だし。

 

-アップしているグラビア画像はどこらへんで探しているんですか?

 

呂布 : Twitterかな。Twitterで定期的に…定期的というか本当にすごい頻度で(笑)。気になるグラビアアイドルの名前で検索するからさ、そうすると新しい画像が拾えたりリンクが貼ってあったりして入ってみるとそこが意外な鉱脈だったり。暇な時間はだいたいグラビア掘ってるね(笑)。

 

-虫画像も同じですか。

 

呂布 : 虫も、虫好きを一人フォローすると 虫好きのやつが虫友達のやつをリツイートするからそれで飛んでそいつがなかなかディグっているやつだったり。全く知らないけど虫好きを何人かフォローしておくと常に出てくるね。あと外人の虫好き。これも日本でないレベルのやつがガンガン出てくる。

 

- 反応はどうですか?

 

呂布 ; 意外とグラビアも虫も地方に行くと女の人がそれきっかけで話しかけてくれる。「私も虫好きなんです。」「あおみん(青山ひかる)可愛いですよね」とか。女の子からめっちゃ言われるんだよね青山ひかるは。だから青山ひかる売れるんじゃないかな、女の子にウケるってことは売れるじゃん。

 

- 名古屋について、名古屋のヒップホップの印象は。

 

呂布 ; 全体はわからんけど、少なくとも俺の周りにいるやつらは割とみんなクール。客がいないじゃん名古屋は。本当に身内同士で、プレイヤーをいかにくらわしたるかっていうスタンスだからチャラチャラしていない、クールだよね。格好のつけかたがちょっと他の街と違う。

 

盛り上げてなんぼとか、客にウケている曲をやるとかじゃなく…結局客って後追いだから、後追いしているやつにウケる曲って後追いの後追いになるわけでもう最悪なんだよ。それが東京なんだ俺のイメージでは。今ウケているものにウケるからめっちゃ遅い、逆に。手法とか音が新しくなったとかじゃなくて、同業をやっているやつが「あ、ヤベー」ってくらわせられるものは新しい古いじゃないと思うから。名古屋はそれを結構感じるかな。

 

客煽りとかもあんまないしね。名古屋でもあるシーンにはあると思うけど、ただ俺の周りはない。だからこそ外に出して通用するというか。もし名古屋で客にウケるやつやろうと思ったら、東京でウケてるものの後追いの後追いみたいなもんで遅すぎるというか、どんだけフィルターかましてくるんだってなるから。そう考えると名古屋は名古屋で生まれたもの…生まれたものというと少し違うかもしれないけど。もうちょっとピュアというか。名古屋はわりと冗談通じない人多いじゃん、その感じとかもシリアスでピリッとした雰囲気を保っている。

 

- 名古屋という土地にこだわりはありますか?

 

呂布 ; 全然ないよ。元々生まれじゃないからさ。暮らしているし、じゃあどこならいいんだってなると他にここってのがないし、あんまり田舎だと嫌かもしれないけど名古屋は適度に都会だしいいかなって。前は音楽のための生活だったけど今は家族もいるし結構生活の方が大きくなってきてるから、子ども育てて生活してとなると名古屋はちょうどいい。

 

- お子さんが生まれて心境の変化や曲は変わりましたか?

 

呂布 : 曲は変わらないかな。逆にそこは意識して変えないようにしている。

 

- 生活では変わりましたか?

 

呂布 ; 全然変わったよ、全く変わった。変わったし、子供生まれてから仕事も辞めたし。働いていないっていう状況が初めてだから、子どもが生まれたからどうとか関係なく生活のスタイルがガラッと変わったね。いまだにこんなことでメシ食っているの不思議だけどね。ふと冷静になると「えっ俺何も作ってねぇ!!」って(笑)。

 

- いやいや。

 

呂布 : いや作ってるけど(笑)、でも形あるものじゃなくて友だちにもらったオケにリリック書いて歌っているだけだから。オファーがあってやっているわけじゃないし、勝手に自分で作った歌を呼ばれて歌ったり、もしくは口喧嘩してるだけだから。「いいのかこんなんで!?」て思うもん。

 

- でも純粋なアーティストですよね。

 

呂布 ; だね、不思議だよ。雲の上を歩いているみたいでフワフワしてる...。俺はある意味それができるようになったから、あとは続けていくことと、俺の友達たちがみんな…みんな同じようにできるとは思わないけどもうちょっと自由になったらいいかなって思うね。※続く....次号はMCバトルについて...。

 

★呂布カルマ出演!!@club buddha

10.16(火)日乃丸
呂布カルマ率いる邦楽HIPHOPの夜!! @club buddha

OPEN : 21:30  ADM : ¥1500(1D) <♪邦HIPHOP>

http://www.clubbuddha.com/b_schedule.php?day=20181017 

 

club buddhaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス