EPON  AF-155iに





アッタスクールで。

今回ご注文頂きましたAさんは先月、初めて当店をご利用頂き、全く同じスペックのAF-155iとロッディオ FW、ハイブリッドUTをご購入頂きましたHさんからのご紹介です。

若干スライサーのHさんには少し味付けを変えて渡したところいきなり70台が出て道具の大事さを痛感し、Aさんをご紹介頂きました。

Aさんは結構練習する方でゴルフは道具は二の次でまずはスイングが大事。

スイングが駄目ならいくら道具が良くても駄目だろうという考え方でした。

バッグの中を拝見すると重さも、シャフトの特性もバラバラ。

これではいくら練習してもそれぞれのグラブでスイングを変えていかないと当たらないセットでした。

本人には気づかないうちに道具の特性によってスイングを乱されていることがあります。

新しい古い、高い安いクラブ関係なくご自分のリズムで振れるセットを作る必要があります。

Aさんには時間をかけてスイングを作れるクラブを揃えて行きましょうとお話し致しました。


この度は有難うございました。

今後とも宜しくお願い致します。


さて、話は変わりますが昨年末からやたらと試打クラブを作っているような気がします。

毎年この時期こんなに新製品出てたでしょうか?


新しく加わった試打クラブをご紹介したいと思います。



まずは新しいところで




ロッディオコンパクトドライバーの2種。

昨年末はブラックメッキのFWと新しいシャフトが出たばかりですね。

実はこの新しいドライバーの試打クラブまだ全て組上がっておりません。

何とか週明け仕上げます。


次もまだ全て組めておりませんが



P-tuneの新しいウェッジとアイアンです。

今回のモデルは共にコンパクトになってます。




こちらも出来立てホヤホヤ。

三浦技研のニューアイアン。

ややMB5005よりもコンパクトですがソール幅が広くなってボールが上がりやすくなってます。

他にもまだありますが仕事の合間に作ってるのである程度揃う来週にご紹介したいと思います。


明日は定休日です。