先日、EPON AF-155iをお渡しさせて頂きましたH様。

お渡しした翌日早速コースで使用頂き好結果だったとのこと。

今までスライス気味の掴まらないボールが多かったのが、しとかり掴まるようになって寒いこの時期に飛距離が伸びたそうです。


このままの勢いでFWとUTも飛距離を伸ばして頂こうと






ロッディオのバフィで。

ここは敢えてスプーンではなく小振りでボールの掴まり易いバフィをお勧め致しました。

Hさんはヘッドスピード的にはスプーンでもボールを上げれますがどうしても擦る確率が高くなるのでロフトが少し多めで断然ボールの掴まるバフィの方が平均飛距離上がるでしょう。


アイアンはダイナミックゴールドを使用されてますので少し短めにして重めのSTELLA7でしっかり振れるように。



UTは21度のU3で。


このヘッド意外と左に行かないヘッドなんです。

と、いうことで試打クラブでも少しフックにした方が掴まりがよく、構えた時にも安心感があるということで可変ホーゼルで掴まるポジションで組み上げました。



STELLA8で。



ドライバーのEPONに始まり初めてのカスタムクラブに興味津々のHさんは次はアイアンを物色中。


ドライバーに続いての好結果期待しております。

この度続いてのオーダー誠に有難うございました。