TourAD DJ

テーマ:

photo:01



未だに人気のDIシリーズの振り心地をそのままに掴まりをよくしたシャフト DJ。

それを確かめるべきヘッドに選ばれたのはjBEAM FXツアー425。

photo:02



DIがヒットしたということでお客様も興味津々。

多くの方に試打して頂けました。

試打したシャフトはDJ-6 フレックスSでしたが全体的な意見は少し柔らかく感じるという方が多かったです。

ほぼ同条件でDIとの振動数差は2cpm程度ですのでインパクト付近のシャフトの走りが柔らかく感じさせているのかも。

切り返し時はDIと変わらない程度ですので。

インパクト時のシャフトの走りはDIから握り変えて打つと歴然でDIを使用しているお客様は最初はインパクトのタイミングに戸惑ってましたが基本的にシャフトのタイミングの取り方は似ているのですぐに合わせることが出来てました。

やはり弾道を見ているとシャフトがボールを拾っているのがよく分かります。

普段シャフトの走りを利用し上手くボールを捉えているゴルファーには扱いやすいシャフトだと思います。

http://www.club-choice.net/
AD