昨日の東京は朝は寒かったのですが、

日中は車のエアコンを入れるほどの

暖かな陽気でした。

 

まだ2月だと言うのに。

 

新型コロナウィルスの報道は過熱するばかりです。

 

テレビを見ていると、

もう今年はオリンピックどころか

日本経済も相当に厳しい状況です。

 

医療の現場は既存の患者さんだけで

すでにいっぱいいっぱいなのに、

新型コロナ騒ぎで問い合わせが殺到し、

パンク寸前だと聞いています。

 

飲食も物販も

そして私たち旅行の仕事も、

2020年は売り上げ激減どころか

ゼロも視野に入れる覚悟が必要なようです。

 

 

そんな中、すでに旅行に行く準備を

されている皆さまは大変ご不安だと思います。

 

まずは直近で3月に予定している

フィンランドとエストニアの旅。

 

予定通り実施します。

 

「こんな状況で旅行?」と言うお声も

聞こえて来ますが、風評や世間体は

ちょっと横に置いて判断すると、

 

・日本よりは北欧の方がむしろ安全

・空港まで気をつけてご集合頂ければ人混みは日本より北欧の方がない

・乾燥する機内では喉の乾燥を防ぎ、水分補給をマメに行う

 

と言うレベルでリスク回避は可能だと考えます。

 

そもそも、国のリーダーがフグを食べて

同僚議員のお誕生会を楽しんでいるのに、

 

私たちが苦渋の決断で経済活動を中止する必要など

ないのでは?

 

との想いが、実は一番強かったりします。

 

とは言え、世間一般の自粛ムードと逆を向くことで

世間から厳しいご批判を頂くことも承知しています。

 

ご批判は私宛に直接頂けましたら幸いです。

 

旅にご一緒させていただくお仲間への連絡は

別途、個別に入れさせていただきます。

 

ヘルシンキでは数々の芸術的な建物を鑑賞し、

現地在住の方とフィンランドについてお話を伺い、

タリンでは旧市街の散策はもちろん、

エストニアのIT先進事情についても、

色々とお話を聞けることを楽しみにしています。

 

よろしくお願い致します。

 

文責 高萩徳宗

 

 

image