カナダの旅もいよいよ最終日。

プリンスエドワード島に4泊したら、
飽きるかな、時間を持て余すかな、
と思っていましたが杞憂でした。

ベルテンポのお客様は、
旅の楽しみ方を良く知っていらっしゃる。

世界遺産を形式的に訪問したり、
有名観光地に行ったことを自慢するのが
旅の目的ではなく、

海岸を犬を連れて散歩している地元の人と、
たわいもない会話をして、
犬の頭を撫でてみたり、

絵はがきのような風景を、
ただ、眺めたり、

ピクニックランチを楽しんだり。

プリンスエドワード島最後の日は、
入場観光も下車観光もしない、

島に温かく包み込んでもらったような一日でした。

そうそう、
昨日のアンのミュージカルの終演後、
舞台は撮影禁止だったので写真は
撮れなかったのですが、
ホールにマシュー役の男優さんがいらして、
記念に写真をお願いしたら、
快く応じてくださいました。
目がハートマーク。


プリンスエドワード島最後の日。
お客様に何をしたいかお伺いしたら、


景色の良いところをドライブ!
灯台!

と、リクエストがありました。

それで、まずはドライブ。
この島の美しさは、
ただドライブしているだけで堪能できます。


そして、車を停めると、
秋の風景が360度、見渡せます。

この世のものとは思えない美しい風景。

漁港が美しい。
漁船も船小屋もカラフルで、
かつ、風景にマッチしています。

秋の空と灯台。

海と雲とお客様。

ベルテンポお約束の車イス不要論。

このワンちゃん、
この後何故か、私に向かって突進して来ました。
吠えられはしませんでしたが、
犬が苦手な私には、恐怖の瞬間でした。

アンが見たら、
雲は何に見えるのでしょうか。

私には小さなキツネが遊んでるように
見えましたよ。

プリンスエドワード島で灯台に来るのが夢でした、とお客様。


旅はあと少し、続きます。

2018.9.9.
プリンスエドワード島
ニューロンドンにて