小豆島というと何を思い浮かべますか?

 

私は、恥ずかしながら、オリーブと二十四の瞳のロケ地、

このくらいでした。

そのうえ、観光地としての魅力はさほどないかなとも

思っていました。

 

なので、お客様より「小豆島のプランをお願いします」と

頂いた時は、慌てました。

 

そして気がつきました。

小豆島の魅力に。

 

社長に「下見に行きたいです」と申し出てしまったくらい、

小豆島に行きたくなってしまいました。

 

下見は、時間がないとの理由で叶いませんでしたが、

プライベートで行ってみようと密かに計画中です。

 

GWに予定のない方、最近疲れて元気のない方には、

是非お勧めしたい小豆島。

 

 

私が、魅力を感じたスポットをご紹介して行きたいと思います。

 

まず始めは、小豆島オリーブ公園。

 

 

海を見下ろす小高い丘にある公園です。

ギリシャ風の建物やかわいい風車が撮影スポットとして人気があるスポット。

約2000本あるオリーブの木と真っ青な海。

ベンチに座り景色を眺めるだけでしあわせです。

 

ジブリの物語「魔女の宅急便」のキキちゃんのほうきを借りて

こんな写真を撮ることもできるそうです。

 

年齢は関係ありません!

 

赤いリボンを頭につけて、キキちゃんになりきましょう。

 

 

 

 

敷地内にはレストランもありますし、

マイオーリブが作れる体験もできますのでゆっくり過ごしたいと思います。

 

 

Check!!  → 小豆島オリーブ公園

 

次は、エンジェルロード。

今回は、エンジェルロードが客室から眺められる小豆島国際ホテルに

宿泊しますので、夕焼けの綺麗な時間にサンセットも楽しみたいと

思います。

 

 

1日2回だけ現れる天使の散歩道と呼ばれるこの道は、

潮が引くと砂州が現れて道ができます。

この道の真ん中で大切な人と手を繋ぎ歩きましょう。

願いが叶うと言われています。

 

お一人の方は、添乗員が手をお貸ししますので、

お気軽にお声がけください照れ

 

今回の旅で、2連泊する小豆島国際ホテルは、

とても贅沢なお宿。全室、エンジェルロードビューです。

朝焼けも夕景も、お部屋から楽しむことができます。

 

 

お部屋は、和洋室をご用意しています。

 

小豆島温泉の大浴場とオーシャンビューの露天風呂で

疲れを癒しましょう。

 

 

2日目に訪れる寒霞渓は、日本三大渓谷美の一つと称され、

季節問わず素晴らしい景観を眺めることができます。

ロープウェイに乗って、海と山のコラボを楽しみましょう。

 

 

「二十四の瞳」映画村は外せません。

まずは、ギャラリー松竹座で映画を予習、復習しましょう。

 

次に、岬の分教場まで行ってみます。教室には当時の机やオルガン、

子供達の作品がそのまま残っています。

 

 

タイムスリップしたかのようなレトロな町並みを散策して、

疲れたら食事処で一休み。

 

 

 

童心に帰って過ごしたいです。

 

中山の千枚田は、映画「八日目の蝉」のロケ地にもなりました。

 

 

最終日は、香川で過ごしたいと考えています。